エンジニアについて エンジニアの働き方

IT業界とは?システムエンジニアの仕事内容ってどんな感じ?

更新日:

IT企業で働いているとIT業界じゃない人から、IT企業ってどんな仕事しているの?みたいな質問がちょくちょく飛んできます。

「ITのお仕事はどんなものなのか」について未経験でシステムエンジニアをしたのちセールスエンジニアをしている僕が少しばかりお話してみたいと思います。

IT業界は多種多様

いきなりですがIT業界は多種多様です。正直言ってITほど細分化されている業界は無いような気がします。

そもそもITってInformation Technologyの略なんですけど、意味をコトバンクさんで調べると

「情報技術」のことで、コンピューターやデータ通信に関する技術の総称。その言葉の意味は広く、情報通信分野の基礎技術から応用技術の範囲にまで及ぶ。具体的には、コンピューターやインターネットを中心とするネットワークを活用し、会社の業務や生活に役立てるための技術を指すことが多い。

コンピューターやデータ通信に関する技術の総称という表現を用いると、パソコンやインターネットを使って情報の処理をしていたりデータの通信をしていることを主としている企業は大体「IT企業」ということになってしまいます。

ソフトウェア業界

システムエンジニア(通称SE)と聞くとこの辺をイメージする人が多いのではないのでしょうか?

実際僕も新卒で入社してエンジニアをしていた会社も転職してセールスエンジニア(技術営業)をしていた会社も基本的もソフトウェア業界でした。

 

そのソフトウェア業界のシステムエンジニアでも内容は様々で、

  • JAVAとかC言語とかを用いてコードを書くプログラマー
  • コンピュータのネットワークを構築したり保守をするネットワークエンジニア
  • 製品の操作方法や故障などの顧客から問い合わせがあった問題に対応するサポートエンジニア
  • ほかにも家電製品や自動車などの電子機器を作動させるコンピュータシステムを開発する組込みエンジニア

他にも私がかつ行っていたセールスエンジニアは営業+技術的な提案が必要な仕事です。これ以外にもセキュリティの専門であるセキュリティエンジニア、データベースの設計や運用を行うデータベースエンジニアなどソフトウェアに位置する仕事だけでも実にさまざまです。

システムエンジニアになる人は、元々専門学校あるいは理系で勉強していた人はもちろんのこと、学生時代は別のことをしてた人や文系の人など(僕も文系)、こちらも多種多様です。

 

クリエイティブ業界

ゲーム制作会社、WEBデザインやサイト制作などを行っている会社が位置します。

このサイトも僕が空いている時間で作っているのでひとりクリエイティブ事業だねって言おうと思ったけどプロの人に怒られそうなので止めておきます。聞かなかったことにしてください笑

美麗なデザインだけでなく人を引き寄せるコンテンツや文章力など非常に多岐にわたるアイディアが必要になります。

クリエイティブ系に就く人は学生時代はデザイナー養成専門学校、美術系の専門学校、美大に居た人、もしくはアルバイトやインターン・派遣社員などで実績を積んでから就職するケースがほとんどです。

ITコンサルタント

近年よく聞く、コンサルティングやコンサルタント(通称コンサル)。簡単に言ってしまえば「会社(あるいは個人)の様々な経営上の課題を明らかにして、その課題について助言を行う」というのが一般的なイメージではないでしょうか。

ITコンサルの場合は、企業が持つ経営の課題に対して、IT技術を用いて「具体的な解決をするにはどうしたらいい」ということについて助言をし、実際に解決へ導くことが仕事になります。

システムの設計や開発に入る前の顧客企業が掛かる問題の洗い出しや実際の開発のマネジメントを取ることを行います。

 

企業によっては顧客の経営問題の洗い出し(コンサルティング)から実際にその問題を開発するシステムの開発(エンジニアの担当部分)を一社でやる会社もあれば、コンサルティングだけを行い実際の開発は別の会社に委託する会社もあります。

システムエンジニアの仕事内容

IT業界と言っても多様な仕事がある中、具体的なシステムエンジニアの仕事について説明をしたいと思います。ここでは一般的なシステムエンジニアの仕事内容についてご説明しましょう。

 

システムエンジニアと言えば、「顧客の要望をIT・システムを用いて解決する人たち」のことを指します。

顧客が「ユーザーが買い物できるECサイドが欲しい」と言えば楽天のようなECサイトを作りますし、「業務管理を楽にしたい」と言えば退勤管理や上司へのコミュニケーションツール、「出退勤を記録して自動で残業代を反映されるシステムが欲しい」となれば給与管理システムを作ります。

このようにシステムエンジニアは顧客の要望に合わせて、初期のヒアリングから開発したりその後の保守を行うなどをすることで、顧客が売り上げをアップされたり業務効率を改善できるようにするのが主な仕事になります。

初期のヒアリングや欲しい機能の洗い出しから、完成したシステムの不具合チェックなどの工程を、仕事として大きく分けると以下のようになります。

  • 要求定義
  • 要件定義
  • 設計(外部設計・内部設計・基本設計・詳細設計など)
  • 開発
  • テスト
  • 導入
  • 保守・運用

それぞれをもう少しかみ砕いて説明したいと思います。

要求定義

要求定義とは読んで字の如しで、顧客(クライアント)がどういうシステムを作りたいかをヒアリングするフェイズです。最初から依頼がある顧客もいれば開発会社の営業が商談して「こういうところを改善したいと思っていませんか?」と持ち掛ける場合もあります。

経営上の課題、売り上げアップに関する課題、業務効率UP&労働時間短縮の課題、など様々な企業の悩みに対してITを駆使したらどのように解決できるかを提案します。

プログラミングや開発スキルはこのフェーズでは必要ありませんが、提案を行う営業やコンサルタントは「自社(他社)は過去にこういうシステムを作って同じような悩みを解決したよなぁ」とか「さすがにそれはシステムでも難しくないか」など、IT用いて顧客の課題をクリアできるかどうかをある程度見極めることが要求されます。

もちろんそこまで見聞のないIT営業もたくさんいるので、その場合は自社に持ち帰って検討したり、打ち合わせにエンジニアを同行させるなどして、ヒアリングを行うことも多々あります。

要件定義

要求定義のフェーズにて顧客が望むのがハッキリした場合、それを実現できるためにはどのようなシステムが必要なのかを考え、具体的な攻勢を練るのがこの要件定義のフェーズです。

このフェーズでは時には、予算や日程が合わないから「最低限ここまでは実現しよう」など、コスト面や人的(日時的)リソース不足の観点で実現できないことを切り捨てることも少なくありません。

担当営業やエンジニア時にはお金の話や、完成するまでの時期の延長など、言いづらいことを顧客に説明することもひつようになります。

設計

要件定義にて顧客がどのようなシステムを開発をするかまで洗い出し本格的に開発に移るとなると、開発を実行する前に設計を行うことになります。

上記の黄色枠では設計を4つに分けましたが、基本設計・詳細設計の2工程に分けて設計を考えることがほとんどです。

基本設計

「顧客が望むシステムを開発するにはどのプログラミング言語が適切であるか」
「画面のインターフェースはどうするか(表示方法や操作方法)」
「セキュリティ面(ログイン機能など)は何をすればよいのか・社外からアクセスできるようにするかどうか」

など、システムの骨組みを考えます。

詳細設計

詳細設計では、開発のフェーズの人たちに渡す仕様書を基本設計までで決めたことを元に作成します。

「AのボタンをクリックしたらBのページに飛ぶようにする」
「Cのページではこの機能を使えるようにする」

など各システムの機能やフローを明確に詳細化し、実際にどのような処理を行うことで求められているシステムが動作するようになるか決定します。

プログラマはその詳細設計書を基にして、コーディングなどを行い開発をします。そのため一般的には世界のどのエンジニアにも分かるような共通して分かりやすい表記で、設計書を作成します。

ここまでのフェーズでプログラミングをしない・またはなんとなかく分かるけどできないというSEも沢山いますが、最低限設計書を書けるだけのIT知識やルールをは必要になります。

開発

ここまで顧客のニーズに合わせて要件定義→基本設計→詳細設計を経て具体化された、設計書を元に開発を行うのがこのフェーズです。ITに詳しくない人もエンジニアがプログラミングを行っている様子を想像すればイメージは湧くのではないでしょうか?

SEがプログラミングを行うこともあれば、プログラミングはプログラマーのに任せて行わないこともあります。

設計までを上流工程、開発からを下流工程とIT業界では呼んでいます。(上下ありますが別にどちらが偉いとか言う話しではないです)新卒者や未経験転職者はまずは下流工程からエンジニアのキャリアをスタートさせることがほとんどになります。

テスト

実際に作ったシステムが動くかどうかをテストを行います。

テストでは全体を動かすテスト(結合テスト)もあれば、一部分のプログラムだけを動かしてテストする(単体テスト)パターンもありますし、1つの画面にてA・B・C・Dの結果が出るものがあればその全部(場合によってはA・B・C・Dすべての掛け合わせを試す)なんてものもあります。

とにかく膨大な量をこなして、不具合が見つかればそれが解決するまで徹底的に修正を行います。さらにそのテストで出たエラーは「テスト仕様書」と呼ばれる膨大な束に記載して顧客に納品します。一説には責任逃れのための誰も得しない神とも呼ばれていますがそれが開発の常識の1つになっているの仕方ありません。

ただ最近は簡単な部分のテストにおいては自動でやってくれるアプリケーションも登場しているので、テストにかかる人件費や時間をだいぶカットできるようになってきています。

導入

実際にテストまで行って問題も全部解決できればいよいよ納品になります。ソフトウェアをCDなどで渡して完了というパターンもあれば、顧客が利用するサーバーにインストールして社内で使えるようにしたりするところまで行うなど、顧客の要望によってマチマチです。

ここを終えれば一区切りです。

保守・運用

システムというのは開発が終われば完了というわけではありません。当然ながらそのあとに使う顧客がちゃんと活用されなければ意味がありません。

社内の業務システムならまだしも、銀行の決済システムや小売店の商品管理システムなどは長期間システムが止まってしまったら売り上げが下がったりクレームに繋がってしまいます。そうならないためにも又はそうなってしまったときの対応として保守・運用を行います。

システムエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアはどのようなキャリアを形成していくのでしょう。もちろんずっと現場で開発を行うというのもアリなのでえすが、一般的にはプロジェクトマネージャーなどの管理職として昇進することがほとんどです。

SE→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)→課長や部長などの職種、のようなルートになります。

SE

散々説明してきたシステムエンジニアですが、上記の仕事内容のフローで言えば最初は下流工程である開発~運用保守を担当することがほとんどです。

プロジェクトマネージャーやリーダーがきめえたスケジュールや設計を元に、開発を行ったり、トラブルがおきた際の対応などを担います。

プロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャーと同一視されることも多いです。プロジェクトの進捗を確認して遅れていたら調整したり、状況によっては顧客との意識合わせや調整を行います。参画メンバーの体調管理やメンタルケアをするのも仕事の一環です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーでは、プロジェクトのメンバー選定や予算・コスト調整、スケジュールの進捗確認など、名前の通り管理がメインになってきます。

上述の通りプロジェクトリーダーとの違いが分かりづらいですが、プロジェクトマネージャーがプロジェクトの工程を管理するものに対して、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの結果を管理又はプロジェクトを遂行するための大枠を司る仕事になります。

課長・部長

ここから急に一般企業の役職名になりましたが、課長や部長のすることは複数のプロジェクトを並行して管理することになります。

開発現場の指示出しや開発こそしないもののプロジェクトマネージャーやリーダーの意見を吸い上げ、それに必要な対策を講じたり、時には顧客と予算や納期についての調整を行ったり、参画するメンバー(とくに他社や外注フリーランスエンジニア)の調整なども行います。

SEの働き方

上記のプロジェクトマネージャーなどはあくまで一般的な顧客向けにシステムを導入するシステムエンジニアの働き方です。ですがエンジニアのキャリアは実はもっと多様で様々な働き方があります。

フリーランスエンジニア

システムエンジニアに限らず大体の人は会社に勤めてお仕事をすることがほとんどだと思います。ところがシステムエンジニアのキャリアの1つとして個人事業主として働くフリーランスという形態があります。

個人事業主というとものすごい優秀な人が独立するというイメージがありますが、パソコン一台あれば働けれるIT業界では割と珍しいことではありません。

フリーランスエンジニアでは外部のIT企業や開発チームに所属してプログラミングやテストなどを担います。デメリットとしては勤め人と比べて福利厚生がないという点ですが、その代わり勤め人時代とは比べ物にならないくらいの報酬を得られます。

業務委託を受けてクライアント企業にて開発を行うエンジニアもいれれば、作業を遠隔地からリモートで行うエンジニアもいます。

WEBエンジニア

SEの転職やキャリアチェンジとして、WEBエンジニアという選択肢があります。

WEBエンジニアとはWEBサイトをはじめとしたWEBアプリケーションを開発するエンジニアです。上記で少し触れましたが楽天市場などのECサイト、FacebookやTwitterなどのSNSもWEBエンジニアと呼ばれる人が作っています。

今後はますます買い物や生活の基盤をネットで上で行う未来が予想されることもあって、従来のパソコン上で動くアプリケーションよりも、ネット上で動くアプリケーションにシフトする傾向があります。

そのためシステムエンジニアがWEBエンジニアにシフトチェンジしている人も少なくありません。

同じIT系ではありますが、業務内容や開発工程、チーム体制なども結構違ったりします。

社内SE

システムエンジニアのキャリアチェンジの1つには、IT企業からメーカーや小売店などの一般企業に移る方法もあります。その際に今まで培ったITスキルを駆使して非IT企業のIT部門に所属する社内SEというキャリアがあります。

社内SEでの仕事は、

  • 自社のシステムの開発
  • 外部のIT企業に開発自体は任せるけど打ち合わせや要件定義を共に行う
  • 社内でのパソコンやネットワークのトラブル対応(ヘルプデスク)

などがあります。

社内SEではガツガツ開発すること自体はないのですが、一般企業の場合ITスキルが高い人材がいないことが多いのでちょっとしたパソコンの不具合でも困ってしまっている人を助けてあげるなど、ITを駆使した便利屋さんみたいなイメージが多いです。

外部のクライアントが相手だと、少ない予算や無茶なスケジュールでの開発を強いられるエコとがありますが、社内SEの場合はお客さんが身内なので無理な要求は基本的にありません。ゆったり働きたいエンジニアにとってはおすすめです。

まとめ

この記事を書くために様々な資料を見ましたが、分類の仕方も様々でした。

例えばハードウェアとソフトウェアを中心に分類している方、ソフトウェア・情報処理サービス(企業の情報システムの導入に時に必要となる企画・設計・構築・導入・保守などのサービスをすべて提供)・WEB系と分類している方などなど

「こういう系の会社でこういうポジションで働いています」と説明するのは簡単なのですが、業界全体を考えてかつ分かりやすくひとつの記事にしようとすると中々難しいものです。それくらい多種多様に仕事内容があるのがIT業界です。(中にはそれをITと呼んでいいのかというものもあります。)

そして今後のIT技術はますます進歩すると言われているので今後も更なる分類が予想されます。

未経験からSEになるには

「就職でIT業界に興味がある」「未経験転職なのでプログラミングやITスキルを多少なりとも勉強したい」という人はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

プログラミングスクールでは、現在進行形でエンジニアをしている方が講師として、1からプログラミングを教えてくれます。

私も入社前に独学でプログラミングをやって挫折した過去がありスクールに通ったのですが、講師が励ましてくれる又は分からない時に質問をすることができるので挫折をしなくなりました。
また業務上使えないコード(いわるゆる糞コード)を書いたときに注意をされることで正しい業務スキルを見つけれられたので、今でも役に立っています。

プログラミングスクールにはネット上で学べるオンライン形式のものもあるので、仕事や学業と両立することもしやすいです。

また新卒や未経験者の募集でもちょっとでもITについて触れている人の方が採用では有利になりますし、話のネタにも繋がります。「やる気がある」と評価されるというメリットもあります。

WebCamp

WebCampではたった三ヶ月で現場に貢献できるプログラミングスキルが身に付きます。

SEとして貢献するためのプログラミングスクールでおすすめしたいスクールの1つとしてWebCampを挙げました。朝11時から23時までやっているの時間を見つけてやることができますし、転職成功率は98%圧倒的にたかいのが特徴です。(場所は渋谷)

さらに就職・転職ができなかった場合は受講料を全額返金してくれます。まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみましょう。

プロエンジニア

ProEngineerは未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料プログラミングスクールです。

30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問いません。

※ただし1都3県が対象になります。(東京・千葉・さいたま・神奈川)

 

要望にあわせて1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を経たのち、就職活動までサポートします。

ITエンジニアの就職一筋で10年以上の実績があり、現在保有求人数は3500件、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、マンツーマンで就活をサポート。結果として、『就職率は96.2%』を誇っています。有名企業、上場企業にも入った方も多数

 

上記の条件に該当しない方は以下のプログラミングスクールをチェックしてみてください。転職や就職の支援を行っているスクールがたくさんあります。あなたに合うものを是非見つけてほしいと思っています。




-エンジニアについて, エンジニアの働き方

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.