エンジニアについて エンジニアの働き方

システムエンジニアとは?仕事内容はどんなもの?

更新日:

「システムエンジニア」ってどんな仕事なの?

実際にSEとして働いてた(現:ITの営業職)の僕がなるべく分かりやすく解説してみました。

システムエンジニアとプログラマの違い

システムエンジニアとプログラマとの違いってなに?あまりかわらなくない?と考える人は多いと思います。

 

システムエンジニアは、要件定義からは始まり、システムの設計や開発、テストと開発の始まりから終わりまで幅広く扱います。一方プログラマはシステム開発における開発とテストの部分を扱います。(例外として他の部分も行うプログラマもいます)

 

システムエンジニアは建築士、プログラマーは大工として例えられることもあります。

 

具体的な仕事内容

ザックリとしたシステム開発の1連の流れです。

要件定義

具体的には、お客さんと「システムを用いて何をしたいか」というヒアリングや打ち合わせによって決めるフェーズです。僕のやっている仕事はこの辺りです。(実際には技術的な話や見積もりが絡む段階にまで話が進むとプロジェクトマネージャーと同行することになりますが)

 

例えば、お客さんの「ITを用いて社内の残業を減らしたい」という要望に対してITを用いてどう解決するかについて話し合いを進めます。

 

外部設計

外部設計(基本設計または概要設計)というのは、要件定義でヒアリングした内容を元に外部とのやり取りをを設計・定義していきます。

ある程度規模が大きいシステムでは、以下のやり取りがあることが一般的です。

例えば会計システムの場合

  • ユーザーがログインして画面を操作する
  • ユーザーが帳票を印刷する
  • 入力した帳票をデータベースに保存する
  • データベースに保存してある過去の帳票データを読み込む

などお客さんが興味ある部分(実現したいこと)の全体像を考えます。

 

内部設計

詳細設計とも呼ばれています。

外部設計で洗い出した実現したいことを、どのようにプログラミングすればよいのかなど実際のプログラムが作れるまで細かく落とし込むようにします。

 

お客さんが興味のなさそうなプログラムの細かい部分などを設計していきます。

開発実施

言うまでもなく実際にプログラムを作っていく工程です。この段階はプログラマと呼ばれる人たちが実施することもあればシステムエンジニアが実施することもあります。

 

テスト

設計してプログラミングすればおわりというわけではありません。料理で言えばレシピ通りに作って、出す前に味見をする感じです。それもガッツリ味見をします。

実際に僕が関わった案件だと開発の6割近くはテストに労力を割いていました。よく開発の半分はテストだと言われています。そしてテストして不具合があったものを修正していきます。

 

稼働

テストも無事完了して、お客さんに納品をし稼働すれば終わりです。というわけでもないんですよ・・・・

 

瑕疵(かし)期間と呼ばれる法務上の用語がありまして、ざっくり言うと「システムにバグが見つかった時に無償で改修することを保証する期間」というのがあります。

日常で言えば家電の無償保証期間でしょうか・・・・

 

運用・保守

また開発以外にも、開発したシステムを運用したり保守したりするフェーズもあります。

 

「運用」とは、日常的にシステムを稼働させることです。現場のスタッフが実際に行うこともあれば、システムエンジニアなどにログなどのチェックを行わせていたりと様々なものがあります。

 

一方は「保守」、不具合が生じた場合など「予測できない突然のトラブル」に対応したりする業務です。

例えば

  • システムのアップデート
  • テストでも見つからなかったバグの対応
  • 急な障害の対応や復旧作業
  • インフラのメンテナンス

などに対応したりします。

 

IT企業によっては開発から運用・保守まですべて1社で行っている企業もあれば、運用・保守だけを開発とは別会社が受け持つこともあります。

 

このようにシステムエンジニアの仕事は非常に豊富です。そのためIT以外の業種の人にはイマイチなにしているのか見えにくいかもしれません。

 

システムエンジニアに向いている人・向いていない人

経験則に基づく考え方なので絶対ではないですし、本気にしないで読み流していただければと思います。

 

その際に経験あるないはあまり気にする必要はないかと思います。企業によっては未経験の人でも活躍できるように研修制度が充実していることが多いです。仮に個人で勉強したい場合でも、ハローワークの職業訓練や手ごろな値段で習うことができるスクール、youtube動画講座などさまざまコンテンツが揃っています。

 

さて本題ですがまず向ている人としては

ITに興味がある

プログラミングに限らず、パソコンの本体や電子機器などに興味があると、モチベーションがあがりますし、新たに知識を吸収する際に学習スピードもあがります。

頑張ってる自分大好き人間

IT業界のトレンドは移り変わりが激しいですし、環境によって使う言語によっては常に勉強がいります。そのためインプットが必要になります。

頑張っている自分が大好きなちょっとマゾヒストが入っている人なんかがオススメな業種だと思います。

 

反対に向いていないと感じる人は

ぶら下がり社員

逆にITが好きでもなくて頑張るのも好きでなく、とりあえずぶら下がってお給料もらえてダラダラ生活していたいという人はあまりオススメできないかもしれません。

その代り、学歴や経歴など関係なく誰にでもチャンスがあるのもIT業界・システムエンジニアの魅力であります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?なるべく伝わるように大まかな視点で書かせていただきました。

 

システムエンジニアはブラックとか激務と言われることもありますが、案件やチーム、上司や顧客によっては比較的楽な仕事も多々ありますし、なにより非常にやりがいがある仕事もたくさんあります。

今後のキャリアのひとつとして参考になればと思います。




-エンジニアについて, エンジニアの働き方

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.