エンジニアについて エンジニアの働き方

変人が多い?ITエンジニアの人間関係!

更新日:

僕は今、セールスエンジニアというIT企業での営業寄りの仕事をしています。お客さんだけでなく、社内のエンジニアさんだけでなく案件で人手が足りない時は外部の人とフリーランスエンジニアに参画して頂くためのやりとりなどをしています。そうやって様々なエンジニアさんと絡むと、

変人が多いな!!

 

他の専門職でも変わった人はいるかもしれませんが、システムエンジニアも結構変人揃いです。でも安心してください。対処方法もきちんとありますし、変な人だけど中身は良い人みたいなのが大半です。

そんなわけで僕の周りの変な人をまとめてみました。

※変人という言葉を使っていますが僕の中では尊敬の意味も込めて使っております。不快な思いをさせてしまった方は申し訳ありません。

僕の周りにのエンジニアさん

嫌われているのかと思ったら人見知りなだけのPM

入社時から割と塩対応だなーと思った先輩のプロジェクトマネージャー。嫌われているのかと思ったので取りあえず当たり障りのないように接していたのですが、ある時に技術的に分からないことがあって質問しに行ったらものすごく熱心にいろいろ教えてくれました。

 

どうやら先輩は人見知りでかつ口下手なだけだったみたいです。ですのでその先輩が好きな技術的な話題を振ったら饒舌と言わんばかりに会話してくださりました。

 

このようにエンジニアさんの中には、「俺(私)のこと嫌いなのかなー」っていうくらいドライに感じる人がいるのですが、その大半はただ単に人見知りが激しいだけなのであまり気にしないでほしいです。根気強く接しましょう!!

 

酒を飲みながらプログラムを組む

最初に言っておきますが仕事中の話じゃないですよ。同期のプログラマーの話なのですが彼は休日の日でもプログラムを組むのが大好きみたいです。(その時点で人によってはドン引きなのかもしれませんが)

 

そして極めつけはお酒を飲みながらプログラミングをするのにハマってしまいました。なんでもプログラムを書いているときに合うお酒と合わないお酒があるとか・・・・

 

もうわけが分からないよ

 

1つのことに対して異常に打ち込む

僕は普段、割と早く退社してしまう方なのであまり見たことないのですがやたら長時間残業するエンジニアさんがいます。

 

本人いわく、「集中してたらこんな時間までなっていた」とのことなのですが、事務所の電源が落ちる時間まで居続けるのはさすがにヤバイなと感じました。

 

この人もプログラムを組んだり、機械に触れるのが大好きなタイプで、作業に没頭しているうちに良く遅い時間になっているようです。

 

ただこの手のタイプのワーカーホリック的な人は知らないうちにぶっ倒れてしまいかねないので、周りの人が心配してケアしてあげる必要があるような気がします。

 

我が道を突き進む人妻

先輩の中にホント人の話を聞かないといいますか、天然と言っても良いくらい自由な方がいます。ミーティングをしていたら議論とは全く関係のない方向の意見を5分くらい熱弁してきたり、仕様の話し合いの時も気づいたらどうやったら美味しいカレーが作れるかの話になっていたり、とにかくものすごいお方です。

 

ご結婚されているのですが旦那さん大変そう・・・

※ご飯ご馳走してくれたり、職場の作物に率先して水やりをしたりいい人なんですよホントですよ

 

食習慣がおかしい

高度な処理をするシステム、それを組む人間には論理的思考力が必要です。エンジニアの人はその論理的思考力を駆使して効率的に物事を運びます。ですが何も食習慣まで効率化することはないと思うんですよね。

 

その人は、普通にご飯食べたら栄養素に偏りがあるからと複数のビタミン剤を飲み、お昼ご飯は無駄な脂肪分を摂取したくないのとさっさと食事を終えたいという理由からカロリーメイトやソイジョイなどばかり食べています。

 

またおやつも普通のものを食べると脂肪分の摂取をしてしまうことや、血糖値の上昇により眠くなってしまうとのことでクルミなどのオメガ3を含むものをよく食べています。

 

このように業務を効率化するシステムをつくっているうちに気付いたら自分の食生活までもが効率化されてしまっているようです。

 

異業種からの転職組が多い

システムエンジニアさんの経歴は実にさまざまです。学部で言えば文系理系両方いますし、学歴は上は大学院下は中卒、銀行マンから家電量販店の販売員までいろんな人がいます。

 

僕の周りの人も様々です。引きこもってニートをしていたらプログラミングスキルが上達した人、元ホストをしていた人、美容師の人、医療従事者だった人、元社長(個人事業主)だった人、建築現場で土木作業をしていた人などがいます。

 

そんな人たちが一堂に集まって飲み会をする場面はまさにカオスです。端っこで物静かに飲んでいる人もいれば、ひたすらノートパソコンを開きながら技術の話をする人、自発的にコールをしながら一気飲みをしている人(※コール強要はパワハラです)、などもう収集がつかないこともあります。

 

好かれるエンジニアの特徴

ここまで僕の周りにいるいろんな人のお話をしました。就職・転職したてのころは少し困惑するかもしれません。馬が合わないこともあるかもしれません。

 

それでも好かれるために大切な要素があります。それは仕事内容を覚えたり、業務知識をつけたり、技術力の向上に努めたり、とにかく一生懸命なことです。

 

最初から仕事ができる人なんてのいません。大事なのは業務に熱心なことです。仮に分からないことがあっても「これ分からないでんすよねー」とか「○○さんってどうやって知識を深めました」とか質問をしてみましょう。

 

その中で「この書籍がオススメ」とか「このサイトが参考になるよ」みたいな具体的なアドバイスがあったらすぐさま行動しましょう。アドバイスがあった翌日に「本買いました」とか言われたら教えた側は確実に嬉しいはずです。

 

一生懸命の定義は人それぞれですがまずは、職場に技術にキャッチアップする姿勢が大切かと思います。

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアについて, エンジニアの働き方

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.