エンジニアについて エンジニアの働き方

文系でもシステムエンジニアになれるの?実際に聞いてみた

更新日:

文系の大学生や営業職の人から時々、就職・転職として「システムエンジニア」に興味があるというお話を頂きます。ただ同時に「ITって難しそう」、「文系からエンジニアってなるにはどうしたらいい?なにをすればいい?」という意見を同時に聞きます。

 

では文系からエンジニアになった人はどうだったのか実際に聞いてみました。

そもそもシステムエンジニアとは

システムエンジニア(通称SE)は、システムウェアの開発の要件決め(どういうシステムにしようかとか決めること)や、システムの設計、実際プログラミングなどを用いた開発、完成したシステムのテストや改良を主として行います。

 

開発するものも様々で企業の業務向けシステムやお店のPOSレジシステム、銀行のお金を管理するシステムなど各種ビジネスで使うものから、ゲームのソフトやアプリなどの開発まであります。ほかにも企業のネットワーク設計・構築などもあります。

 

プログラマーとシステムエンジニアの違いは

よく、システム開発は上流工程と下流工程と呼ばれる2つのパートに分けられます。上流工程は主に導入するシステムをどのようにするか要件を決めること、要件を満たすためにはどのようにしたらいいかの設計を主に行います。下流工程では設計にまで落とし込んだシステムを実際にプログラミングし、不具合がないかテストを行います。

 

プログラマーは例外もありますが基本的に下流工程のみを担当し、エンジニアは上流工程をやることが大半ですがプログラミングやテストも行います。イメージ的にはエンジニアはプログラマーを含むことが多いです。

このように書くとプログラマーの方が仕事を少ないように感じるかもしれませんが、プログラマーの方がより高度なプログラミングを行っている傾向があるので一概にどちらが上か下かということはありません。

 

文系からシステムエンジニアなる人はどんな感じ?

元看護師

職場の先輩だったので元々看護師をしていたのですが、病院で使っているシステムが使いづらくてこれらな「自分でもっといいもの作ってやる」と思ったのがITやエンジニアリングに興味を持つきっかけだそうです。

 

採用面接に結構落ちていたこともあって「未経験じゃ採用されないのかな」と不安そうにしていました。それでも転職活動を続けていると今の会社に採用されることに。

 

そこから規模が小さいこともあって、とにかく働きその中で今の技術を身に付けたそうです。今ではプログラミングだけでなく、WEBサイトのデザインやPhotoshopの編集までも担当することに。

 

輸入雑貨の店長

元々輸入雑貨の店長をしていたそうなのですが、結婚をしたのがキッカケで「手に職をつけたい」と思うようにIT業界を目指したそうです。店長をしていたこともありコミュニケーション力や営業力はあり転職活動自体はまったく困らなかったそうですが、プログラミングや機械などはからっきしで入ってから苦労したそうです。

 

そのためとにかくガムシャラに本を読んで勉強したり、居残りで仕事をこなすことでスキルを高めたそうです。

 

美容師

前職は美容師をしていた先輩。30歳を前にして「今のままでいいのかな?」と給料の少なさを嘆いたそうです。でそのときちょうど企業ブームでIT系の若社長が沢山世に出てくるのを見て、漠然と「あっこれだ」と思ったそうです。

 

そこから仕事の合間に動画を受講するするスタイルのプログラミングスクールに入学、日々勉強をしながらシステムエンジニアを目指して無事に内定を得ました。その後スキルや経験を得のため職場をいくつか変えて僕の今いる会社に転職しました。

 

ただ今の会社ももうそろそろ辞めるようで、辞めた後はIT関係で社長(個人事業主)として生計を立てていく予定のようです。(野心が半端ないと思いました)

 

 

 

文系からシステムエンジニアになるためには

現在進行形でIT業界に身を置いてる感覚としては、システムエンジニアは慢性的に人手が足りないように感じます。技術は日々進歩するから際限がないことと、他の国に比べて学校でプログラミングを習う機会が極端に少ないことがあるのではないかなと思います。

 

慢性的に人手が足りないため、求人はかなりあります。文系の人でもしっかり勉強し実務をこなせば、やがて理系出身者との差はなくなるでしょう。

 

そのため未経験で全くなにも分からなくても内定が出ますす、入社してから研修等で勉強することも可能です。ただし、常に人を募集していてすぐ内定を貰えるような企業はブラックなことが多いので注意。

 

なるべく良い企業で働きたい場合、当然ながら面接時にある程度の知識や技術があること、学習に対する意欲がある方が良いです。そのため事前にプログラミングなどに触れてみることをオススメします。(どのみち入社後に嫌と言うほど技術に触れるので入社前の時間があるうちに耐性をつけないと置いてかれます)

 

また資格がなくても仕事はできますがある程度あった方が面接も優遇されますし入ってからも得をすることが多いのでいずれは取得することを目標にするのも良いかと思います。

 

おわりに

長々と書きましたが結論を述べると、文系からシステムエンジニアになるのは十分可能ということです。

ITがどんどん増えていく現代において、確かな技術力があれば不況に関係なく仕事を得ることができるため、就職・転職のキャリア選択として文系からシステムエンジニアになるのは大いにありかと思います。

文系からエンジニアに転職を考えるならProEngineerがオススメ

ProEngineerは未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料プログラミングスクールです。

30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問いません。

※ただし1都3県が対象になります。

 

要望にあわせて1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を経たのち、就職活動までサポートします。

ITエンジニアの就職一筋で10年以上の実績があり、現在保有求人数は3500件、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、マンツーマンで就活をサポート。

結果として、『就職率は96.2%』を誇っています。有名企業、上場企業にも入った方も多数。

  • モノ作りやインターネットが好きな人
  • 正社員就職をしたいけど上手くいかなかった人
  • 手に職をつけて安定的に働きたい人
  • 将来的にフリーランスとして働きたい人
  • 話すのが苦手なので、営業や接客以外の仕事をしたい人

などに向けたカリキュラムです。

 

プログラミングを無料で学びつつ、優良企業に就業することが可能です。

備考

その他地域別・シチュエーション別プログラミングスクール特集はこちら




-エンジニアについて, エンジニアの働き方

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.