エンジニアの不安・悩み

IT企業はブラックなのか?ブラックIT企業に入社しないためのポイントは?

更新日:

このサイトでは僕がIT系に勤務していることもあり、IT系の企業で働くことをオススメしています。具体的にどんなメリットがあるかというと「スキルが付けば潰しが利くということ」を強くプッシュしています。

 

例えば僕の場合、かつてエンジニアで今はITの営業(ウェブでの広報を含む)という経歴があるため、自身でもいくつかサイトを運営していて広告収入があったり、個人で知り合った人のホームページを作成する副業を不定期で行っています。

 

また転職においても他の業種は中小から大手というキャリアアップするのは難しいですが、エンジニアの場合は中小で経験を積んでから大手に移る人が多いです。エンジニアとしての技術力やキャリアはよそでも重宝します。

 

さらにはIT知識を駆使してフリーランスとして会社員より高収入なのに労働時間が短い働き方を実現したり、その固定費の少なさを活かしIT系の会社を起業したりと様々なルートがあります。

 

もしあなたに例えば学歴であったり、優れた家柄、取得難易度がものすごい資格、誰にもまねできない特殊技能、などは一切ないけど、「お金が沢山ほしい」「数年後により良い働き方にありつきたい」と思うのならIT企業で働いて経験と技術を培うべきであると思います。

 

その際に「ITならどの会社でもいいか?」と言うわけではありません。というのが今回のメインテーマ。結論から言うとIT系はブラックというわけではありません。ただその中にあるブラック企業が尋常ないくらいやばいってことです。(まあそれは他の業種にも言えることかと思います。)

そこでとんでもないブラック企業に入社しないために気を付けることをお伝えしたいと思います。

ブラックIT企業に入社しないための注意点

ハローワークを利用しない

ハローワークの職業訓練を通じて、デザインやプログラミングを学習するのは大いにありですが、ITの求人を探すのはあまりオススメしません。

 

ハローワークの求人票を見たことある人は分かると思うのですが、ものすごく情報が少ないです。そのため給与であったり、残業時間であったり、下手すると勤務地(事業所)までもが書いてあることと入社後で違うという事が多々あります。

 

他にも「から求人」と呼ばれる雇う気がないのに求人を出しているなんてのもあります。僕の知り合いも面接に行ったら「元々採用する気がないんだよね」と言って帰らされたことがあります。国から助成金が出るため、助成金目当てでそのようなことを行っています。

またハローワークの職員の人は良い人もいますが、IT企業や働き方に関して理解が足りない方も多く適切なアドバイスを得られないこともあります。そのためIT企業で就職・転職活動をする場合、よっぽどの大手企業でもない限りハローワーク経由で求人を探すのは控えた方がいいです。

 

業界に詳しい人に聞く

先ほどハローワークの職員の方の中にはIT企業についての理解が足りない方も多いと発言しました。今度はその逆で、IT企業に入社することを考えているのであれば、IT企業に詳しい転職エージェントや実際に働いている身近の人に話を聞くべきです。

 

とくに転職エージェントに話を聞く場合、

  • あなたのスキルや働き方にマッチした就職案件を紹介してもらいやすい
  • 面接先の会社の不安な点についてエージェントを通じて質問することができる(また契約の交渉もできる)
  • 企業とのやりとりの仲介をしてくれる
  • 一般的に公開されていない非公開求人の斡旋がある
  • 入社後に「問題はないか?」などアフターフォローをしてくれる
  • 転職先に内定後、の退職までのフォローをしてくれる

これらを無料で行ってくれます。そのため就職・転職エージェントは複数社まとめて登録して、バンバン利用しましょう。紹介会社によっては独自が特別に保有している非公開求人、またエージェントが複数いればセカンドオピニオンを聞くこともできます。

 

面接で待遇について聞く

就職・転職活動を行う上で、面接時にしっかりと残業時間、休日出勤の有無は確認をしましょう。面接で直接「月どれくらい残業していますか?」と聞いてもいいですが、聞きづらい場合は「御社で忙しい時期の残業時間はどれくらいですか?、また反対に忙しくない時は何時くらいに退社することが多いですか?」と聞いてみましょう。

嘘をついていたら変な間が空いたりとなんとなく判断が付くと思います。

 

どうしても内定が欲しいからと「残業とか気にしません」「何時間でも働けます」なんて言うのはやめましょう。そういう奴隷が欲しいブラックIT企業の思うつぼです。とくに労働時間や給与の質問に対して、キレ気味になったり高圧的な態度を取る人はNGです。

 

僕も転職の時は、「みなさん月にどれくらいの時間残業してますか?」と普通に聞きました。「早い人は定時に帰るし、うちは遅くても10時には会社の電源を落としている」と答えが返ってきて、入社後本当にその通りでした。

 

何次受けかを聞く

よその業界と違って、IT企業は多重下請け構造になりがちです(あとゼネコンとかも)。

 

何が言いたいのかと言うと、システムを開発して欲しいA社が、大手IT企業のB社に開発の依頼をしたとしましょう。B社は案件を引き受けるのですが、実際の開発は下請け企業のC社にやらせます。このときA社が支払う費用の大部分はB社が受け取ります。そうなると実際に開発するC社は少ない予算で本来完成させないといけないものを作らなければなりません。ザックリ下請け構造について説明しました。

 

さらに問題なのはこれがC社で終わらず、さらにD社E社とどんどん下に行くことがあります。そうなると本当に雀の涙ほどのお金で本来A社が作らなければならいないシステムを開発することになります。さらに下に発注している間に時間が経過しているので納期が短くなることがあります。

 

そのため下請けの案件ばかり受け持っている企業には入社しないように注意する必要があります。E社に入社したらもれなく給与15万円で会社で衣食住をする生活が待っています。

 

面接では必ず「御社は何次受けの案件を主に行っていますか?」と質問しましょう。自社パッケージ商品のみの企業が本当は理想ですがこのご時世自社パッケージだけでやりくりできている会社はそうはいないので、1次受けあるいは2次受けの案件がメインの会社を探しましょう。

 

それよりより下の案件が多い会社の場合は避けることをオススメします。(まあどうしても過酷な環境に身を置いて圧倒的成長をしたいんだというマゾッ気がある人は止めませんが)

 

おわりに

ものすごいブラックなIT企業に引っ掛からないためのポイントについて紹介しました。まとめると

  • ハローワークを利用しない
  • 業界に詳しい人に聞く
  • 面接で待遇について聞く
  • 何次受けかを聞く

これらに注意をしましょう。

 

僕は就職や転職サイトではなく、エージェントを経由することを強くオススメします。エージェントの場合、自身の会社の評判もあるためあまりにも問題がある会社とは取引しないことが多いです。

 

またエージェントの場合、1人入社するたびに、紹介会社に支払う金額がうん百万円くらいの金額になるため、金銭的にカツカツの企業はエージェントには参入し辛いです。(サイトの場合は掲載費、ハローワークの場合は無料なのでコストを掛けず人材を探せます。)

さらに非公開求人もたくさんあるため登録しておいて損はないと思います。むしろはやく登録しないと優良企業の内定をよそ者に取られてしまうかも・・・・

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.