エンジニアの働き方 ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア就職の穴場?仕事内容は?必要な資格は?

更新日:

IT系のお仕事だと、プログラムを書く「プログラマー」、綺麗なWEBサイトを作る「WEBデザイナー」、システムの導入を提案する「ITコンサルタント」などをイメージすることが多いと思います。

 

それらと比べてこれから紹介するネットワークエンジニアというお仕事は地味です。(現職の方、大変申し訳ございません)

 

ですがネットワークエンジニアは、ネットワークのインフラが必要不可欠な現在欠かせない存在です。そして先ほどお伝えした通り地味(2度目の失礼)なため需要に対して供給が少ない傾向があります。

 

僕も仕事でネットワーク(に強い)エンジニア不足はよく耳にします。何が言いたいかをまとめると、ネットワークエンジニアはIT系の仕事の中で穴場だという事です。

ネットワークエンジニアとは?

コンピューター同士やコンピュータとサーバーをスイッチやルーターと呼ばれるネットワーク機器でつないで、通信のやりとりをできるようにするのが仕事です。主にコンピュータネットワークの「設計」「構築」「運用・保守」に従事します。別名でインフラエンジニアと呼ばれたりします。

ルータ、スイッチなどネットワーク機器に対する専門知識・スキル、プロトコルなどの通信技術や、情報漏洩や不正侵入防止のセキュリティ技術、サーバーへの負荷分散、トラフィック制御など、幅広い知識を持っています。

 

もう少し仕事を細分化すると以下のようになります。(あくまで一例です)

提案

顧客への導入の提案活動は、当然ながら営業の仕事ですが、「この内容は実現できるのか?」「費用はいくらか?」など細かい内容についてはネットワークエンジニアも同席して動きます。

マネジメント

「設計」「構築」「運用・保守」などの各種工程の進捗管理や予算管理、人員調達を行います。いわゆるプロジェクトマネージャーってやつですね。実際の設計や構築を兼任する場合もあります。

 

設計

設計では、導入する予定のネットワークインフラに対して、「セキュリティはどうする」「サーバーへの負荷分散は?」「どのOSを使う」などセキュリティやサーバーなどに関して様々な知識が必要になります。

構築

設計段階で上がってきた設計書をもとに回線の設置等のネットワーク構築を行い情報を相互に伝送できるようにします。無駄なコストが発生しないような工夫、事前にトラブルが発生しないようにしたり、また導入後予期しないトラブルが起きても被害を最小限にする取り組み、最新の技術や動向など幅広い知識が必要になります。

運用・保守

構築されたネットワークシステムを維持管理するために運用・保守を行います。基本的には1度ネットワークを構築すれば、よっぽどな障害がない限りは特別忙しくなることはなくなります。トラブル対応を行うため、コールセンター的な業務を行ったりきちんとした対応マニュアルを整備することも仕事になります。

 

ネットワークエンジニアの最初のキャリアとしてはこの運用・保守に就くことが多いのではないでしょうか。日々のサポートを通じて、知識や経験を培っていきます。ただし、障害が起きた際には迅速で的確な対応が必要となるため幅広い知識と観察能力が必要になってきます。決して難易度が低い仕事ではありません。

未経験からネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアに限らずIT企業が全体的に実務経験者を求める傾向があります。そのためいきなり好条件の優良企業に勤務することは難しいです。

まずは下積みとして中小企業規模の会社やIT派遣会社などで技術と実務経験を積んでから、次のステップアップをするのが一般的なキャリアになります。また資格を取得することもネットワークエンジニアとして活躍しやすくなるためオススメします。

 

ネットワークエンジニアとして有効な資格として、世界最大のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社の認定する資格であるCCNAという資格があります。まずはこちらの習得を目指しましょう。後にCCNPという上位の資格にチャレンジしてみましょう。

 

またLinuxが運営されている技術者の認定試験であるLPICと呼ばれる資格も取得すると良いでしょう。さらに技術は英語を通してやりとりされることが多いので英語系の資格を取ることもオススメします。

 

やることは多いですが、資格の習得や実務経験を培うことで高単価で好待遇のネットワークエンジニアにステップアップすることが可能になります。

おわりに

ネットワークエンジニアの構築案件が年々少なくなっているという理由から「仕事がなくなるのでは?」と危惧する声がありますが、前述した通りネットワークは企業だけでなく個人でも社会生活を送るために必要不可欠な要素の1つとなりつつあるためそれがなくなるということはなく、むしろ今後さらに仕事は増えるはずです。

 

最近でもいたるところでセキュリティによるトラブルがニュースになっています。そうした問題を解決するためにもますますネットワークエンジニアの活躍の幅は広がります。

 

今後ますます需要があるネットワークエンジニアで力を発揮する選択肢はどうでしょうか?

 

ネットワークエンジニアに興味が出てきたのであれば下のボタンからあなたに合う転職エージェントを探してい見ましょう。

未経験の人でも活躍できるよう専門のスタッフが親身に相談に乗ってくれます。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの働き方, ネットワークエンジニア

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.