転職エージェント 転職体験談

IT系の転職成功体験談

投稿日:

ウサギくん
こんにちはウサギくんです。 今回はお二人の方から転職の成功体験をお話頂きました。

野心家のAさん

中学生の頃からパソコンを扱うことが好きで得意だったので、高校は情報科に進学し、大学は電気工学科に進みました。その後、ITとして比較的名の知られている会社にシステムエンジニアとして就職しました。

給料にはある程度の満足をしていましたし、福利厚生や人間関係も良いと感じていました。ただ自分で開発したシステムが採用された場合でも、特別な報酬が出るわけでもなく、他のよりも野心家なところがある自分には会社の姿勢に物足りなさを感じるようになりました。

そんなとき大学の同期で同じくシステムエンジニアとして働いている友人が、自分よりも給料は良くないものの仕事の幅を広げているところに羨ましさを感じました。

自分が働いている会社では決められた範囲でしか仕事ができずもう少し延長して仕事をしたと思っても次は別の部署で引き受けるというように分業化されていました。

自分が最初に出したアイデアが製品化されるときには全く元の形をとどめていないと言うことも何度かあったのでむなしさを感じるようになりました。

また、大手企業だということもあって給料は安定しているものの、残業が多いことが嫌になりました。急に飛び入りの仕事が入ったときも、納期が決められているのでそれにまにあわせるために残業をしなければならないことが月に何度もありました。残業代は出ませんし、少し遅れると仕事をとってきた営業からも嫌味を言われることがあり、嫌でしょうがありませんでした。

大きい会社なので効率よく仕事をするために分業されていることは理解できますが、営業はあまりよく理解せずに仕事をとってきても、システムを開発する現場とは意思疎通がうまくいかなくてやり直しが何度も出ることもありました。

そこで仕事の依頼主と直に話すことができ、システムの設計から開発、そしてテストをして納品するまで全てを自分で行う仕事をしたいと考えたことが転職理由になりました。

もちろん転職するにあたっては、今いるわりと大きい会社から移るのに抵抗がなかったわけではありません。

しかしこれからはさらにインターネットを使って仕事をすることが欠かせない時代になっているので、システムエンジニアとしての需要はこれから高まるだろうという予想もあり、転職をすることを決断したときにもある程度、楽観した気持ちがありました。

ハローワークに登録したり、求人情報誌を読んで職探しを始めることにしました。求人情報にのっている内容は給料や待遇面でも良いものが多かったのですが、面接に行くと以前と同じ閉鎖的な職場が多いことを実感し、思ったよりうまくいきませんでした。

 

そこで転職するきっかけになったシステムエンジニアをしている大学の同期に奨められて転職エージェントを利用しました。そこで転職サイトなどでは求人を出さない非公開求人を紹介してもらうことにしました。

それでも自分が働いてみたいと思えるような会社は中々現れませんでした。内定は貰えましたが、馴染めず何回も転職をするのは嫌だと思ったので気長に就職活動をすることにしました。

就職活動をしている間は仕事が激務かしたことや、転職活動に専念したいということで勤め先を辞めて、アルバイトをしたり、派遣で働くことになり収入が不安定になりましたが、我慢の時期だと前向きに考えるようになりました。

就職活動を始めてから1年近くたったときに、中規模の会社ではありますが、私が望むようなワンストップでの開発を行っていて待遇もよい会社が見つかり、無事正社員で採用されることになりました。

 

将来のことを考えると、時間が掛かってしまっても自分が本当に良いと思う会社を選ぶことがオススメします。

転職した会社は残業がない会社だということを確認しましたし、分業ではなく依頼主との打ち合わせの段階から参加できることになりました。

仕事の環境も良くなりやりがいを感じるようになりました。さらに残業が一切ない会社なので、以前よりもプライベートを充実できるようになりました。

今までは残業が多いので、結婚しようという気持ちにもなれず食事もお惣菜やお弁当ばかりを食べていましたが、定時で帰宅できるようになってからは習い事をしたり婚活、料理も行うようになりました。

人間らしい生活ができるようになると心にも余裕が生まれて以前よりもシステム構築のためのアイデアを考えやすくなりました。

 

大手の会社に就職したときは会社名だけが誇りになっていましたが、今では会社名はあまり知られていなくても仕事にプライドを持って向き合うことができるようになりました。

特にシステムエンジニアの仕事は、アイデア勝負なところがあるので、仕事の環境や携われる仕事などを考えることが大事だと感じています。

システムエンジニアはこれからさらに需要が高まる仕事だと感じたので、「今務めている会社を辞めるというのは一概には悪いことではないと思います。むしろプラスになることも少なくありません。」

くま吉
しばらくアルバイトをしながら転職活動しているのはすごい決断だなと思ったゾ
ウサギくん
でも結果的には良い判断になったみたいでよかったです。

1度転職に失敗したBさん

私は大学を卒業し、新卒でシステム開発会社に入社してシステムエンジニアとして働いてきました。現在も職種としてはシステムエンジニアですが、2回の転職を経て新卒で入社した会社とは大きく異なる環境で働いています。

新卒で入社した会社は独立系システムインテグレーターで、受注を受けて他社が使用するシステムを開発する会社でした。私はこの会社で末端のシステムエンジニアとして働いていましたが、多くのシステムインテグレーターと同様に激務で、終業時刻を過ぎても仕事を続け、終電がなくなるからという理由でやっと帰ることが出来るほどでした。

その分出社時間は遅くなっていますが、日付が変わる前に寝ることが出来ないという生活を続けていたのです。また、仕事の内容も良いとは言えず、営業は現場の都合を考えずに相手の要望だけを聞いた受注を受けてくるため開発現場は混乱します。

受注した案件に実現出来ない仕様が含まれていることを営業に伝えると、現場の都合も知らずに文句を言ってくるのです。私も年次を重ねるにつれて営業と現場の板挟みになってしまい、純粋な作業以外でのストレスが溜まるようになってしまいました。

そこで転職をすることにきめました。会社の姿勢が私に合わなかっただけでシステムエンジニアは続けたいと思っていたので、独立系のシステムインテグレーターではなくメーカー系のシステムインテグレーターに転職したいという希望を持っていました。

当時は転職サイトを利用するということは考えていなかったため、自分で求人情報を探して履歴書を送り面接をしてもらうという転職活動を行っていた記憶があります。

運良くメーカー系のシステムインテグレーターに中途採用してもらうことが出来たためこれでしっかりと仕事が出来ると有頂天になっていました。しかし結果的にはこの会社も私には合いませんでした。

 

メーカー系のシステムインテグレーターは他社から案件を受注するのではなく、親会社のメーカーが必要とするシステムを開発して納入することが一般的です。社内で使うシステムであるためある程度の規格は統一されていて、ユーザーインターフェイスもその都度考えるのではなく既存のシステムと適合できるように作るため開発作業は比較的スムーズに進みます。

最初のうちは開発作業のしやすさやそれに伴う就業時間の短さなどが嬉しく良い会社で働けていると感じていましたが、月日が経つにつれてメーカー系であるが故のデメリットが気になるようになりました。

親会社にシステムを納入するため利益を出すという点に疎く、一企業として採算を重視するという姿勢が見られないことや、開発プロジェクト数が少ないため経験を積めず新たなスキルを身に付けられないことが不満だったのです。

そして転職理由になったのは過去の開発して親会社に納入したシステムの保守運用を任せられたことでした。保守運用がだめということではなく、あくまで私個人としては開発がしたかったということがありました。

 

そういった経緯があり、二回目の転職活動を始めました。二回目の転職活動では転職エージェントのお世話になることにしました。転職エージェントは自分の担当になるエージェントの面談を重ねて、希望する仕事内容や会社規模などを互いに把握しながら転職先の会社を見つけることが出来ます。

話をしていてうならされたのは、エージェントの方がシステムエンジニアの仕事に関して豊富な知識を持っていることでした。伺ったところシステムエンジニアとして働いた経験は無いものの多くの人から話を聞くなど勉強しているとのことで、現場での業務内容や専門用語まで理解してくれるため非常に話をしやすかったです。

ほかにも将来の希望などを含めて様々な話をして、私にオススメの会社をピックアップしてくれました。ユーザー系のシステムインテグレーターのほか、仕事に余裕がある独立系システムインテグレーターや一般企業の社内エンジニア、さらには監査法人などの幅広い会社を紹介されました。

特に監査法人はどんな仕事をするのか想像ができませんでしたが、現在使用しているシステムが妥当であるかを検証し、正解までのプロセスを探るという業務内容でした。紹介していただいた会社のなかから私が選んだのは外資系のコンサルティング会社です。

コンサルティング会社とはいっても、経営のアドバイスを行うのではなく業務システムの精査とアドバイスを行う仕事で、設計や要件定義も行うためこれまでの経験が活かせる内容だったので応募を決めました。

面接は仕事が終わっている夜8時からで、転職エージェントと想定される質問やアピールするべき点を検討していたのでスムーズに進みました。無事に採用通知を頂いて、現在はその会社で働いています。

現在のところ、二回目の転職は大成功だったと考えています。成功理由はやはり転職エージェントに相談したことで、自分がやりたい仕事を明確化できその仕事が出来る会社を紹介してもらえたことが大きな要因でした。

ウサギくん
先ほどのAさんとは対照的にBさんはパパっと決めたために転職先に納得できなかったように感じました。
くま吉
勤め先が合うかとうかって中々難しく感じるゾ
ウサギくん
そういう判断をする材料として転職エージェントに相談に行くのもよいかもね

まとめ

  • 分業化された仕事ではなく、自身で設計から開発までをしたいAさん
  • 激務のため1度は転職をしたが会社に合わなかったBさん

の二人を紹介しました。

 

二人のお話を聞いていると、安易に転職先を決めてしまうのはあまり良いことではなく、時間が掛かっても自分に合いそうな会社を探すことが重要なことに感じました。

また転職エージェントなど、転職市場に詳しい人、あなたの潜在能力やキャリアビジョンを見抜き的確にアドバイスをする人に話を聞くとが重要だと思いました。

プロのキャリアアドバイザーを活用しながら、素晴らしい転職を実現してくだされば幸いです。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職エージェント, 転職体験談

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.