転職エージェント 転職体験談

ITコンサルタントの転職体験談

投稿日:

ウサギくん
こんにちは!このページではITコンサルタントの転職体験談をまとめました。

itコンサルタントとは

ITコンサルタントとは、「企業の経営課題」についてITを駆使して解決策を提案する職業です。

ITコンサルタントの仕事とは、顧客の望む経営課題に対して、経営課題解決に向けた現状分析~改善案、顧客ニーズに合ったシステムや技術を提案すること。 そしてその提案した改善案をシステムに落とし込む為の設計や要件定義を行うのがSE、プログラミングやテストを実施するのがプログラマーです。

 

会社によって経営課題はことなります。そのためITコンサルタントを含めた各分野のスペシャリストでチームを編成し、協力して共に顧客のニーズを叶えるように努めます。

さまざまな分野のクライアントやスペシャリストに囲まれながら仕事を行うため、幅広い知識と経験を得られることがが魅力の1つです。

ITコンサルタントに必要なスキルとは

ITコンサルタントになるにはITの知識をもちろんですが、他にも必要な要素があります。

  • 問題解決力
  • コミュニケーション力

です。

 

クライアント(顧客)の経営上の問題を見つけ出し、解決策を提示するのがコンサルタントのしごとですがそのために、ロジカルシンキングや仮説立てて物事を考えなければなりません。最終的にクライアントにGOサインを頂くためにも論理的な物事に基づいて説得しなければなりません。

またその問題解決力を上手に顧客やSE、その他スペシャリストに伝える必要があります。そのためにもコミュニケーション力を磨かなければなりません。

加えて時には顧客の業務が非効率だと感じたらダメ出しをしなければなりません。喧嘩をしてしまっては元も子もありませんので、きちんと言い分は伝えつつ顧客との関係性は良くしなければならないという点でもコミュニケーション力は必要です。

 

体験談

ITコンサルタントは、ITを使った業務改善や改革を提案することが主な仕事です。そのため高い専門性や知識、コミュニケーション能力を要するため、ITに関する職種の中でも収入は高くやりがいはある方かと存じます。

私もITコンサルティングに携わっていますが、過去に1度だけ転職をした経験があります。ここではその志望動機および転職理由について説明します。

 

転職前、私はシステム販売・開発の会社にいて、プログラミングや開発、テクニカルなど様々な職種を経験しました。それにあたり、顧客とその業務内容について話をすることが多かったのですが、それを深く知り、自分がもつスキルや知識を使って、より満足いただける提案をすることに大きいやりがいを感じるようになりました。

そこで、自社システムを使ったコンサルティングの業務を行える部署に移動することが実現し、よりシステムを活用いただくことにつながりました。また、上流工程に携わることで、顧客の事業や経営の戦略の策定に貢献することができました。

しかしながら、いくつもの経験を積んだにもかかわらず、ある時を期に転職を考えるようになります。自社のパッケージシステムを使ったコンサルティングだけでは、そのシステムができる範囲でしかコンサルティングができないため、時折行き詰まることがあったためです。

また、ITの世界は進化が著しく、自社のシステムの進化のスピードを、大きく上回っていました。この世界で生き残って行くには、より新しい蓄積し、コアの専門分野を磨きつつ、経験を積み上げていく必要があると、常々感じていました。つまり、不足している経験を埋める必要性があると思っていました。そこで、ITコンサルタントの職種をターゲットに、転職活動を行うことにしました。

 

ITコンサルタントといえば、通常はコンサル・ファームを狙う人が多いと思います。しかし私の場合は30際半ばを過ぎていたため、即戦力を求められる傾向が強く、これまでの経験を活かせない分野への転職は難しい部分がありました。また、コンサル・ファームでは机上での戦略立案をしているイメージが否めず、できれば戦略実行フェーズに関わりたい私としては、事業会社を志望するようになりました。

しかし、コンサル・ファームの方が一般的には年収が高く(特に外資系)、年収重視の方は一度受けて見られることをお勧めします。

そして、応募企業を探すにあたり転職エージェントを活用しました。ITコンサルタントという仕事に需要はありますが、相対的にはSEやプロジェクトマネージャよりも少ないので、エージェントを利用しました。

エージェントに関してはサービスがいいところを頼るのがよいかと思います。私の場合はレバテックキャリアを使いましたが、その時には、ITコンサルは首都圏や地方の大都市にしか求人がない状態でした。

レバテックキャリアのよいところは、求人数が多いところと、アドバイスなどのサポートが強いところかと思います。志望度が大きくないにも関わらず、せっかくの機会なので10社以上受けてみてはどうかと助言いただいたため、これまで担当した事業分野から離れたシステム会社や、コンサル・ファームまで受けてみました。ご縁につながらない会社ばかりでしたが、業界知識の収集や面接の練習には多いに役立ちました。

それを承知で多数の求人を紹介してくださったレバテックキャリアのアドバイザー様には感謝の念が尽きません。でも、「ITコンサルティングをしている会社」の定義は曖昧な部分があるため、自分の理想に近い会社を探すにはそれだけの活動量があるのではないかと、つくづく思います。

せっかくの機会なので、仕事内容やコンサルタントの1日、事業内容や事業方針を聞いておいたほうがいいです。悔いの残らないように、自分にあった会社を探したいことがあり、転職活動には1年近くの期間を費やしました。

その結果15社受けて、最終的には、前職とは異なる業界向けのシステムの構築やコンサルティングを行っている現職で内定をいただくことができました。規模は決して大きくなく、前職と較べて収入は変わりませんが、前職の経験を活かせる部分は少なくありません。

視野と活動範囲が広がった感じがして、個人的には満足しています。それでも毎日、業務知識からIT技術の動向など、いろいろな情報を追い続けなければいけないため、より忙しくなった状況ではあります。でも後悔はありません。

そして今、転職して1年半が経とうとしています。まだ管理職を目指せる状況ではありませんが、コンサルティング事業を行う会社同士の競争も多いため、安定して仕事を受注できるように、顧客の立場を考慮した提案に力を入れています。ゆくゆくはマネージャークラスを目指し、部下の育成に携わってみたいです。

以上ですが、私からアドバイスすることとしては、自分がそこで充実して働いているイメージがもてるところに転職することが一番大事と思います。それは目先の待遇ではなく、コンサルタントとしての成長を重視することかと思っています。

おわりに

ITコンサルタントはどんな仕事かをざっくりまとめ、ITコンサルタントに転職した方の体験談を寄稿していただきましたがいかがでしょう。参考になれば幸いです。

ITのコンサルティング業務に就業したいのであればITに強い転職エージェントから登録するのがベストです。

またすぐに転職を考えていない、自分が本当にコンサルタントをしたいのかわからないという人も、無料でキャリア相談に乗ってくれるのでまずはエージェントに登録してみるべきと言えるでしょう。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職エージェント, 転職体験談

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.