転職ノウハウ 転職体験談

社内SEの転職体験談

更新日:

ウサギくん
こんにちは!このページでは社内SEの転職体験談をご紹介します。

社内SEとは

社内SEとは、Slerやその他開発などを主とするIT系企業ではなく、商社やメーカーなどITとは無関係な職場に勤務しているシステムエンジニアのことを指します。

 

社内SEは自社のシステムの企画や開発、そのシステムの運用や保守などを行うのが主としての業務です。

会社が業務改善として使いやすいシステムが欲しいとなったときは、各部署と連携して要件をまとめて、それを外部の開発担当に依頼する、あるいはSE自身で開発をします。

 

 

また完成後のシステムを保守・運用するのも社内SEの仕事です。実際に利用する各部署にマニュアルを配布することや、なにか不具合があったときには対応するのも社内SEの仕事です。

 

それ以外にもITに疎い人材が多い職場の場合は、Excelの使い方をレクチャーしたり、その他電子機器の取り扱いを指導したりと、機械に関する何でも屋として頼られることもしばしばあります。

社内SEに必要なスキルは?

社内SEはもちろんITに関してのスキルは必要になるのですが、特定の言語に特化しているというよりは、包括的といいますが広い幅の知識が必要になります。

また働く先が特定のメーカーや商社だったりするので、その業界の専門知識や商流などの知識は必要になります。面接時にそこら辺の知識を勉強できたことをPRできればより良いものになるかと思います。

 

加えて一番必要なのは問題解決力や人の話を吸い上げる傾聴力が必要になります。

社内SEは社内でどのようなシステムが必要なのかを社内の人間から吸い上げて、それを外部のベンダーに伝えて支持を出す必要があります。ニーズの取りまとめ外部ベンダーへアウトプットするという仕事のため、ちゃんと相手の話を聞いて何が必要かを理解し、それをきちんと提案できるかというのが大切になってきます。

 

ゲーム会社からの社内SEの転職

転職をする前は、中小企業のネットワークとかサイトの開発などを請け負う仕事をしていました。

でも、ものすごく労働条件が悪く体を壊す寸前でした。残業は当たり前ですし、自宅に帰ると深夜2時を過ぎていることも多くありました。私はまだ体調が悪くなる寸前だったのですが、私の先輩などは体調を崩してやめていく人が多かったです。

長期の休職をとっている人もいました。こんなに働いているのに私の年収は400万円ありませんでした。仕事にやりがいを感じられないわけではなかったのですが、やはりここまで給料が低いと、正直なんのために働いているのかわからなくなっていました。

このままだと「頭もおかしくなりそう」と思って転職を考えはじめました。また、同時期に社内SEという存在も知りました。これが私の転職理由です。

そろそろ転職をしたい、と思っていたときにたまたま社内SEを知りました。社内SEの志望動機は、会社を中から支えたいと感じたことや、普通のサラリーマンのように普通の時間帯に働きたいと思ったことです。

 

実際に社内SEに転職をしてよかったと感じています。まず、転職をしたことで年収がなんと250万円もアップしました。周りには、SEも社内SEもそんなに変わりはないとい人がいますが、私の場合は決してそんなことはありません。

年収がアップしただけではなく、かなりのびのびと働くことができるようになりました。精神的にもかなり楽になったのはたしかです。

「クライアントが外部にいるか内部にいるかの違いだけだ」

という人もいますが、私は精神的にかなり違います。収入もかなりアップして、ますます仕事を頑張ろうという気持ちになれています。

 

以前の職場では、その他大勢の中の1人という感覚がすごく強かったのであまり頑張ろうという気持ちもわきませんでした。給料も低いですし、やる気が毎日なくて精神的にもきつかったです。

でも今は、ものすごく社内で活躍できている感じがしています。

現在の私の仕事は、トップページの構築とかレイアウトの提案などを行っています。正直いって前よりもすごく楽しいです。やりがいを一つ一つの仕事で感じることができています。

周りの先輩もいい人ばかりで、とても感謝しています。以前は、日にちを越えて帰るのが当たり前の生活だったので、かえってから自分のやりたいことをすることもできていませんでした。

以前は、趣味に没頭したい、という気持ちもあったのですが、そんな時間があったら眠りたいとか、体を回復させるために休まないといけない、という気持ちの方が強かったです。頑張っても頑張っても給料も上がりませんし、休みも全く増えません。彼女もいなくて、もちろん結婚なども考えることができない給料でした。

でも今は、社内SEに転職をしたことで、結婚生活もしていける年収になりました。休みも一週間に2日もらうことができています。

そのおかげで、仕事にも集中ができますし、彼女もできました。また、休みの日には趣味に没頭することもできます。こんなに生活が変わると思っていませんでした。

生活がすごくいい方向にかわったので、毎日楽しくて仕方がありません。

私は、転職サイトを使って転職をしました。その転職サイトのコンサルタントがとてもいい人で、いろいろと相談しながら転職先を考えることもできました。今思ったら、その方法で転職をしたのもよかったです。

 

社内SEに転職をして、すごく仕事が楽しいです。やりがいがあるので、今後も続けたいと思っています。社内SEは、今まで働いてきたで経験とか実績もいかすことができるのでやっぱりうれしいです。

全く別の業界に転職をしたら、今までのスキルを活かすことができていません。今は、今までのスキルを活かすことができているので、転職もうまくいって年収も大幅にアップできたと思っています。

いろいろな人にすでに頼りにされていて、職場にいるのが楽しくて仕方がありません。もちろん、大変な仕事も多くありますし、指導なども大変ですが、やりがいがものすごくあるのはたしかです。

最近は、社内のパソコンに関係しているすべての業務の管理とか運用もまかさせるようになりました。

正直、最初はどこまで自分がしないといけなんだ、と思ってしまったのですが、まかされるということはそれだけ信頼されているんだ、と思うようになりました。また、続けていくうちに会社の仕組みも自然とわかるようになったのもよかったと感じています。問題なく自然と業務をこなせるようになったので、とても楽しいです。

社内SEは小さな会社の場合は、すべて自分にシステムや自社サイト、パソコン関係などの管理とか運用をまかされてしまう可能性がありますが、やりがいはものすごくあります。

そのため転職を考えているのであれば会社の規模とか自分がどの程度パソコンスキルがあるのかを明確にしておくことは大事だと感じました。私は社内SEに転職をして人生がかなり明るくなりました。大成功だと思っています。

社内SE求人の探し方

社内SEの求人ですが、転職サイトに案件はあるものの、常に人気のため募集が始まると速攻応募者で溢れかえってしまいます。そのため転職エージェント経由で探すのが一番です。

転職エージェントでは、エージェント経由で申し込みをしなければならないところが多いためそういった競争を抑えれます。加えて世に出てない非公開求人も多数あるため転職サイトに比べて倍率は低いながらもより良い案件を選ぶことができます。

 

またIT業界の場合、募集要項と実際がマッチしていないことが多々あります。いざ入社してみたらとんでもないブラック企業だってことも少なくありません。

そのためIT業界に詳しく、専門的な情報やアドバイスをくれる転職エージェントを介して転職活動をすることで、よりあなたの希望に合う求人を見つけてもらえます。

IT業界、エンジニアが転職する場合、エンジニア専門の転職エージェントの無料転職サポートサービスを利用するのがオススメです。

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職ノウハウ, 転職体験談

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.