転職ノウハウ 転職活動の事前知識

年齢別!企業が求める人材は?

投稿日:

就職活動も転職活動も企業がどんな人材を求めているかを理解することは大切です。

「御社で学ばせてください」「戦力になります」という意気込みだけでは決して通りません。

何故ならこれらには採用企業側のメリットを感じないからです。

転職を成功させたいのであれば、あなたが採用企業にマッチングする人材であることを採用担当に伝える必要があります。

 

ただその基準は会社によってマチマチなためすべてを語り切れません。

そこでこのページでは年齢別に採用企業がどんな人材を欲しているのかをまとめました。

20代の転職希望者に対して企業が期待していること

あなたが20代であれば、採用企業もそこまで実務経験の長さを期待していません。

キャリアが少なくても容認してくれます。

 

では企業は何を期待しているのか?

  • 社会人としての基本的なビジネスマナーを心得ているのか
  • 新しいことへの適応力があり、短い期間(1年~2年)の間に戦力になれそうかどうか
  • 採用企業の社風や制度に馴染みやすいかどうか
  • 勢いや行動力があるか

というところを見ています。

要するに社会人としては未熟だけど若さとガッツにあふれているかが大事になります。

新卒面接同様、明るくハキハキと受け答えをしつつ、多少なりとも社会人を経験したという振る舞いがひつようになります。

20代の売りである若さと積極性をアピールしつつ、会社に合う人材で短期間で戦力になれる人材であることをアピールしましょう。

30代の転職希望者に対して企業が期待していること

30代に差し掛かると即戦力候補であることはもちろん、リーダーシップを担っていける人材かどうかを求めることが多くなります。

IT系の場合ですとプロジェクトマネージャー候補が欲しいという会社が多くなるかと思います。

  • 職務経験を活かして即戦力として会社を引っ張れるか
  • リーダーシップ、マネジメント能力を発揮できるか、今後行うことができそうか
  • 在籍社員とやっていけるだけのコミュニケーション力や人間性があるか

などが重要になります。

30代の場合は実績とリーダーシップをアピールし、即戦力として貢献できる人材であることを示しましょう。

40代の転職希望者に対して企業が期待していること

40代の場合は待遇も保証されますが、それなりの能力を求められる傾向がより強くなります。

  • 前職で得た豊富な職務経験を活かせるかどうか
  • 社員を育成・教育できるだけの力があるか
  • 新規部門やプロジェクトを任せられるか
  • リーダーシップやマネジメント能力の発揮
  • 会社の業績を上げることができるか

と言った要素が絡んできます。

40代の場合は豊富な経験をアピールしつつも、心機一転新しい会社にどのように貢献するかを訴求することが大切になります。

おわりに

年齢別に採用企業が応募者に期待することを書き出してみました。

面接の参考になれば幸いです。

 

働きたいという気持ちを持つことは大切ですが、その熱心さだけでは動かされないのが一般的です。

何故なら採用活動もビジネスだからです。

そのためそれぞれの年齢に求められるものを意識した上でアピールすることが重要になります。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職ノウハウ, 転職活動の事前知識

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.