転職ノウハウ 転職活動の事前知識

仕事を辞めたいと考えるあなた!会社を辞めて転職するのはどうでしょうか?

投稿日:

ウサギくん
このページを読んでいるという事は相当溜まってますね・・・ストレスが・・・

中の人もかつて「辞めたい辞めたい」言いながら仕事をして転職しました。

このページでは「もう仕事を辞めたい」「転職を考えている」あなたに役立つお話をまとめました。

仕事辞めたいを理由

一般的に世の中の働く人が仕事を辞める理由にはどのようなものがあるのでしょう

よくある事例やアンケートなどの結果をまとめるとこんな感じになりました。

  • 結婚や家庭の事情
  • 体調を崩した
  • 仕事内容に不満がある
  • 社風が合わない
  • 業界や会社の将来性に不安がある
  • 給与が低い
  • 評価や人事制度
  • 残業や休日出勤が多い
  • 待遇が悪い

というのが一般的です。

ちなみに僕は「残業が多いこと」「不規則なシフトで体調を崩した」というのが理由でした。

仕事を辞めるべき人

辞めてしまった僕ですが、本心を言うと安易にやめるべきではないと思います。

何故なら在職期間によっては今後の経歴に響くからです。

ですがそれを理解した上でもやめるべきだと思う人がいることも確かです。

この場合は辞めた方がいいというものをまとめました。

適応障害になってしまった

仕事のストレスが原因で適応障害になってしまった人は速攻今の仕事を辞めるべきです。

適応障害とは、ある特定の状況や出来事がその人にとって辛く感じられるようになってしまい、その結果気分や行動に現れてしまうものです。

わかりやすい例で言えば

  • 憂うつ
  • 涙もろくなる

または

  • 無断欠席
  • 無茶な運転
  • 喧嘩
  • 物を壊す

などがあります。

検査を受けていないけど「もしかして?」と感じた人は今すぐ病院に行きましょう。

 

とくにうつを発症してしまうと治るまで数年かかることになり、社会復帰が困難になります。

手遅れになる前に退職すること、転職することを考える必要があります。

人間関係が修復不可能である

仕事を辞めた理由で最も多いとされるのが人間関係

  • 足を引っ張る同僚
  • パワハラ上司
  • セクハラ上司
  • 無茶ぶりを要求するクライアント(顧客)

  • 職場でのイジメ
  • 暴言や暴力

など様々な問題に悩むことかと思います。

結局他人を変えることはできません。

そういう環境で消耗するくらいであれば、思い切って辞めてしまい自分の力で環境を変えるべきです。

 

ただここで注意したいのはあなたにも問題があるかもしれないということです。

もしかしたら以前の職場(学校)などでも同じようなことになっていませんか?

 

もしそうなのであれば、次の職場でも同じことになる可能性は決して低くありません。

転職をするのと同時にあなた自身の振る舞いを見直すこともオススメします。

疲れたと感じる

日々の激務や長時間労働により疲れたと感じているあなた。

1日の労働時間を思い出してください。もし月の時間外労働が80時間を超えている(過労死ゾーンに入っている)のであればあなたの働き方を見直すべきです。

 

ただし、疲れているときは正常な判断が難しいので、有給を使うなり、休日を挟むなりして、ゆっくり考えてから転職するかを考えるのをオススメします。

仕事を辞めたいけど言い出せない

いざ仕事を辞めたいと思っても、なかなか人には言えません。

というか家族とかたいていの人は「辞めない方がいいよ」と返ってきます。

もちろん、その人たちのいう事が理に適っているのであれば受け入れた方がいいと思いますが、「経歴に傷がつく」などの受け売りのような理由であった場合はただのノイズでしかありません。

ではどういう人に話すべきなのか?

社内であなたの味方の人

辞めたいなんて間違っても社内の人には言えません。

僕も辞めるときは最後まで会社に言い出せませんでした。

 

ただ可能であれば辞めようか迷っていることは伝えた方がいいです。

何故なら同じ社内の人間だからこそ境遇を理解した回答を得られやすいからです。

 

また話すことで自分がどうしたいのか明確になります。

なので社内に味方がいるのであれば相談をしてみましょう。

家族への相談

家族の「辞めない方がいい」という反論は思った以上にメンタルブロックになります。

とくに一家の大黒柱として稼いでいる人ならなおさら。

 

ですが、勝手に転職はまだしも、「仕事辞めてきたー」なんて言ったら確実にトラブルになります。

なので相談ベースでもいいので話すべきです。

 

また反論に心が揺らがなくするために、自分の気持ちやどうしたいというのはしっかり固めてから話しましょう。

より好待遇のところに転職し終えてからすべてを話す

あんまりオススメできませんが転職を終えてからすべてを話す方法です。

家族に対しても、「今の給料より低くないし、待遇も良いよ」と言えば反論もし辛いところです。

結果を出せば文句は言われないという理論です。

 

仕事辞めたいを辞めたいのであれば在職しながら転職活動をしよう

ここまで「世の中の人が仕事を辞める理由」「今すぐ辞めた方が良いと思うケース」「辞めることを誰にどう伝えるか」の話をしました。

転職活動をするにしても、今の仕事を続けながらすることをオススメします。

僕は休職→退職というルートで仕事を辞めたため、無職期間があります。

 

幸い早く内定を取ったからいいようなものの長引けば空白期間というのはマイナス要素になります。

ぶらぶらしている期間が長引けば就業意欲もなくなります。

 

また金銭的な問題も発生してしまいます。

たんまりと貯金がある独身貴族ならいざ知れず、貯金がない人や、毎月の固定支払いがある人、家族を養っている人などはきつくなってきます。

ですので在職しながら転職活動をするというのがリスクをとことん減らした転職活動になります。

 

転職活動をするなら転職エージェントを利用しない手はない

仕事をしながら転職活動をするのはしんどい

「今すぐこの会社を辞めたい」そう思っていても、普段働いていそのあとで転職活動をするとなると時間的にも体力的にも難しいでしょう。

ですがそれはあなたに限ったことではなく、転職活動をする人皆が関わている問題です。

 

時間的・体力的な悩みを解決し、効率よく転職活動をできるようにするために転職エージェントと呼ばれる存在がいます。

 

転職エージェントは忙しいあなたに代わって、採用担当と日程の調整を行ってくれます。

なので今、仕事が忙しくても問題ないですし、ある程度任せてもOKです。

 

忙しい・細かいところまで手が回らないという人ほど転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職活動をするとやらなければならないことが沢山あります。

  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • エントリーシート(WEBも含む)の記入
  • 面接の日程調整

転職サイトを介すとやらないといけないことが沢山あります。

 

ですが転職エージェント経由の場合、上でも書いた通り日程の調整は代わりにやってくれますし、推薦状を作成してくれるためエントリーシートの記入は基本的になくなります。

 

また履歴書・職務経歴書の作成にも一役買ってくれます。

書類を作成するのに必要なテンプレートを用意してくれたり、作成したものの添削・手直しもしてくれます。

 

さらに面接の対策(面接の練習)も行ってくれるので、通過率は圧倒的に上がります。

 

れらを完全に無料で行ってくれます。

転職エージェントの利用が会社にバレるんじゃないの?

転職エージェントの利用って自分が勤めている会社にバレるのでは?と不安に思っているかもしれませんが、そんなことは決してありません。

 

エージェント側も馬鹿ではないので、あなたの登録情報が勤務先企業にバレるようなことは決してしません。

なので安心して転職活動を行ってください。

おわりに

以上、仕事を辞めたい人が取るべき行動をまとめました。

あなたがこのまま働くべきなのか、それとも転職をしてみるべきなのか、を決めるのに役立てば幸いです。

 

身も心もキツイのであれば転職エージェントにまずは相談した上で判断することをオススメします。

下にオススメ転職エージェントをまとめましたのでこちらも参考にしてみてください

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職ノウハウ, 転職活動の事前知識

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.