フリーランス

レバテックフリーランスって実際どうなの?評判・口コミをまとめました

更新日:

フリーランスエンジニアとしてやっていこうと考えるときに、どのように案件を取ってくれば良いのか迷いませんか?

元々面識があるところから仕事を頂くという選択肢もありますが、必ずしもみんながコネがあるとは思いません。

 

そんな中、オススメなのがフリーランス案件を紹介してくれる「レバテックフリーランス」という人材紹介会社です。

このページではレバテックフリーランスの詳細や評判・口コミなどをまとめました。

レバテックフリーランスの運営会社について

レバテックフリーランスの運営会社は、IT特化最大級の転職エージェントを運営している「レバレジーズ株式会社」です。2005年に設立された会社ですが、その資本金は5000万円ほどあると言われる急成長企業です。

オフィスも東京はじめ、札幌や京都、福岡、加えてベトナムにも拠点を持っています。主な事業は、自社メディア事業 、人材関連事業 、システムエンジニアリング事業を行っています。

レバテックフリーランスの概要

レバテックフリーランスは関東を中⼼に、常駐で業務を⾏うフリーランスエンジニア・デザイナーのための案件参画⽀援サービスです。

Web系に特化した案件を多数掲載しており、案件情報から顔合わせ対策、また案件参画後のフォロー等、フリーランスエンジニア・デザイナーの皆様の満⾜のいく参画を徹底サポートしています。

 

レバテックフリーランスは関東(特に渋谷近郊)のITベンチャー企業に非常に強いです。

また3万6700人のエンジアがあ選んだフリーランス専門のエージェントということもあって、単価は非常に高いです。平均年収801万円で、月間新規案件は400件以上を誇っています。

渋谷ヒカリエのオフィスで勉強会を定期開催していおり、他のエンジニアやフリーランスの人と交流できる環境も用意されています。

レバテックフリーランスの印象

短期的にエンジニアを補強したいと考えている企業様にとっては、質の⾼いエンジニアをスピーディーに補強することが可能になります。

また、フリーランスエンジニアの⽅にとっては、⾼単価の案件を簡単に探すことができます。

登録からの事前ヒアリング、顔合わせ前の⾯談対策、参画後は定期ヒアリングなど徹底したフォローを提供し、何度も使って頂けるようなサービスを実現してます。

レバテックフリーランスは関東のみ?関西にはないの?

3万6700人に選ばれたフリーエンジニア専門エージェント「レバテックフリーランス」ですが、最近では関東のみならず、大阪での求人・案件の取り扱いも始めました。首都圏で10年以上にわたり積み上げてきたノウハウで大阪の案件探しをサポートします。

レバテックフリーランスの主なサービス提供エリア

具体的なサービス提供エリアは

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 福岡県

がメインになっています。

レバテックフリーランスの特徴

随時800件以上の案件を保有

有名企業からベンチャー企業、めじゃーどころの案件からニッチな案件まで様々な案件を保有しています。

その数はキ業界でもトップクラスであるため、あなたのキャリアや経験したい環境が必ず見つかるはずです。

IT知識豊富なコーディネーターが在籍

エンジニアと企業の両面のニーズを考えた「WIN-WIN」な提案を心がけて行うことができるのがレバテックキャリアの強みです。

年間3000回以上、様々な取引先のプロジェクトマネージャーやエンジニアとの、ミーティングやプロジェクトに対してヒアリング行っているからこそ可能であります。

質の高いマッチング精度

数万名のエンジニア・デザイナーにご登録いただいた実績を活かし、詳細な技術カウセリングを行っています。

エンジニアの⽅の参画後にも定期訪問、マッチング精度の確認と現場状況の把握を徹底しています。資料だけでは確認できない内部の詳細な情報が蓄積されています。

直請け案件が豊富

企業からの絶対的な信頼を得ており、他社よりも⾼単価の案件を頂いているケースが多くあります。

⼀ヶ⽉間で数百件の新規求⼈・案件が追加されています。そのため中間搾取を徹底的に減らすことが出来ます。

サポート(フォロー体制)がしっかりしている

専⾨のフォロワーチームがフリー案件参画後のエンジニアを徹底サポートいたします。希望条件や金額、参画にっていなどあなたの要望を徹底的に交渉してくれます。発注金額が上がる可能性もかなりあります。

またそれだけでなく、案件の面談には同行してくれますし、事前の説明や、面接対策などについてアドバイスもしてくれます。契約書類の作成もサポートを行ってくれます。さらに⼀ヶ⽉に⼀度は⾯談を⾏い現場の不満や要望を汲み取り解消のために努⼒します。

参画チームや先方企業への提案や交渉、税金関係や請求書などのフォローなど、裏でサポートしてくれる人が優秀かどうかで満足度やモチベーションが大きく変わります。そういった意味でもレバテックフリーランスのサポートはレベルが高いのでおすすめです。

案件の単価が高い

フリーランスエンジニアの大きなメリットは、個人契約なので雇われている時のような無茶な要望がきづらいことともう1つ、案件の単価が高いことです。

その中でもレバテックフリーランスは他のフリーランス案件に比べて案件単価が高いという特徴があります。2017年の例では平均の年収が800万円というデータが出ていました。

年収800万円と言えば、サラリーマンで言えば部長や支店長でも到達できず役員でやっとというレベルです。

フリーランスエンジニアになられるエンジニアの多くは、そういった年収が倍上にあげながらも勤めていた時のような激務をしないで済む、というところに魅力を感じて転身します。

 

レバテックフリーランスについての疑問(Q&A)

レバテックフリーランスは未経験でも利用できるのか?

レバテックフリーランスでは随時多数の案件を保有しています。

そのため、「エンジニアをしていたけどRubyはやったことないでもRuby案件をやってみたい」みたいな人でも他言語での経験や実績、学習意欲さえあれば、コーディネーターが案件を紹介してくれることもあります。

ただしIT業界自体未経験という場合は難しいかもしれません。未経験からプログラミングスクールで基本的なプログラミングを学習しつつ就職(転職)支援を受けるというのが一番王道な方法です。

プログラミングスクールについての比較をしたので合わせてご覧ください。

レバテックフリーランスのマージン(手数料)

レバテックフリーランスに限らず、フリーランス専門のエージェントは手数料で収益を上げている代理店的なビジネスをしています。そのため、案件の報酬から手数料を引いた額があなたの手取りとなります。

もちろん、手数料引かれるのに納得がいかないというのであれば企業と直に契約すればいいですが、自分で案件を継続的に取ってくるのは難しいですし、書類の整理など一人で行うと途方もない労力になります。

そこをレバテックフリーランスはその辺の一切を代行してくれます。ですのでお金や案件の心配をせず仕事だけに打ち込むことが可能です。

 

で、その手数料ですが、明確な細かい数字は申し上げられませんが、業界に居た経験を申し上げると5%から15%居ないが相場と言われており、特にレバテックフリーランスやギークスジョブなどの大手では10%未満とされています。

レバテックフリーランスの在宅の有無

一度レバテックフリーランスの方にお会いした時にお話を聞いてきましたが、セキュリティの関係上在宅案件というのは用意していないとのことです。そのため案件は契約先の会社で仕事をすることがほとんどになります。

レバテックフリーランスのメリット・デメリット

レバテックフリーランスのメリット

レバテックフリーランスの明確なメリットは一部上記でもご説明しましたが

  • 新規の案件数が400以上と非常に多いこと
  • IT転職に強いレバシーズが運営しているためエンジニアに寄り添った充実なサポート受けれること
  • 案件の紹介から実際の現場参画までの流れが速い

があります。

上記でも少し触れましたがレバテックフリーランスを運営しているのが、IT転職専門のレバテックキャリアを運営しているレバレジーズです。そのため案件に対してのパイプが非常に強いのと、担当するコンサルタントは圧倒的なノウハウを持っています。

案件も企業からの直請けなので、IT業界にありがちな多重下請け構造とは無縁で理不尽な指示や仲介料の搾取などはありません。

レバテックフリーランスのデメリット

一方でレバテックフリーランスもすべてにおいて万能ではありません。明確なデメリットもあります。案件の総数が少ないことです。

毎月400と鮮度が高い案件がまいこんできているため決して少なわけではないのですが、元々20005年に設立された比較的若い会社ということもあって、案件の総数で言えばギークスジョブなど古くからやっているエージェントよりは負けてしまいます。

また案件の総数の少なさは地域差を生み出してしまいます。レバテックフリーランスは東京や大阪でフリーランス案件を探すのには向いていますが、地方や遠方の人に対しての案件紹介は対応していません。

ただし、案件の総数が少ない分、紹介してくれる案件1個1個の内容は非常に濃い上に、まだまだ余力があるので1人1人に対するサポート力は非常に高いです。別で案件の豊富なフリーランス向けエージェントに登録しつつ、レバテックフリーランスで質の濃いサポートを受けることで、質と量の両方を確保することができます。

量に関して言えばギークスジョブが強いのでこちらもチェックをしてみてください。

 

レバテックフリーランスの評判や口コミ

評価サイトなどの口コミや評判をまとめました。

専任のエージェントが細かくサポートをしてくれえるので、契約書や税金対策など正直エンジニアがあまり得意でない部分についてはやらなくて良いのが強いです。今自分がやってみたいプログラミングや技術にマッチしている案件も探してくれるので報酬面ではなく働く楽しさという観点でも良い案件が見つかるのが良かったです。(30代男性)
フリーランス案件って「よほどスキルがないと採用されないのかなぁ」と思ってて不安だったのですが、技術やサービスに興味があることを伝えたら1回の面談で即参画が決まりました。参画後にプロジェクトリーダーと話していたところ、自分の細かいスキルまで知っていたので、裏でエージェントがフォローを入れてくれたんだろうなぁとその時感じました。(20代男性)
滅多のに起きないのですが、1度客先とトラブルがあったときにあたふたして担当エージェントに連絡を入れたところ、すぐに間に入り対応してくれてかつ穏便に対応してくださりました。おかげさまでとくに揉め事もなく同じ職場で働けています。(20代男性)
スキルにはまだ⾃信がありませんが、より⾼度なプログラミングを学べる環境で挑戦したくて登録しました。きちんとした案件を紹介してもらいました。(20代前半男性)
参画中はきちっと仕事して、案件が終わったらおもいっきり遊びたいというメリハリのある生活を送れるようになりました。(30代前半男性)
参画までのスピードものすごくはやかったので安心できました。(32歳男性)
はじめてのフリーランスだったのですが、専属のエージェントが契約書や税金のことまで教えてくれたので助かりました。(28歳男性)

 

おわりに

これからフリーランスになろうという方は、豊富な案件数、業務知識、専門コンサルタントのきめ細かいフォローがあるので、かなりオススメです。

レバテックキャリアでフリーランスのキャリアをスタートしてもいいですし、まだ分からないという方も登録して専門のコンサルタントに相談してみるところから始めてみてもよいかもしません。




-フリーランス

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.