転職ノウハウ 転職活動の事前知識

ネットワークエンジニアの志望動機のポイントと例

更新日:

転職活動では通常、志望動機を聞かれることがほとんどでしょう。

「なぜうちに応募してきたのか?」という質問に対して明確な答えを事前に用意する必要があります。

 

しかし、インフラエンジニアという仕事の特性上、その会社独自の技術やサービスを行っているということはまずないです。

そのため「なぜうちに応募してきたのか?」と言う質問に対する回答を用意するのが難しいです。

 

そこでこのページでは志望動機の参考になるようなコンテンツを掲載しました。

志望動機を書く前に下準備をしっかりする必要がある

これは私が新卒で就職活動をするときにも散々いろんな人から言われていたので、IT業界だから、ネットワークエンジニアだから、ということではなく一般論としてお話します。

いきなり履歴書(職務経歴書)に志望動機を書き殴る前にチェックして欲しい項目が2つあります。それは「これから受ける会社のリサーチ」「IT業界の動向」です。

企業研究

受ける会社のリサーチを就職活動などで使われる別の言葉に置き換えると企業研究という言葉がふさわしいでしょう。

これから受けようとする会社の経営状況や事業内容をちゃんと確認をすることで、これから受ける会社が何をしているのか自分とって合っているのかを見ることができます。

かつての私も含め「そんなの当たり前だろ」と思う方が結構いますが、中々できていない人が多いのが実情なので、今一度見直して欲しい項目の1つです。

  • 会社のWebサイトや紙で求人情報を貰っている場合はそれらをチェック
  • 転職エージェントにどんな会社か聞いてみる
  • 説明会に参加する
  • インターンシップに参加できるなら受けてみる
  • 実際に運営しているサービスを利用してみる

など無数の方法があるので、試せるものは全部試してみましょう。

おすすめなのは、1社1社調べるのではなく、興味のある企業を複数社調べて、その中でそれぞれを比較をしてみることです。

いっぺんに複数の会社を比較することで、1社1社の特徴や強み(弱み)や事業内容、自分が興味あることなどが見えてきます。

よく就職活動で志望動機を述べたところ「それならば別の会社で良くないですか?」という面接官の返答が聞こえることがありますが、それは決して意地悪で言っているのではなく今受けている会社の明確な特徴が見えていないからです。

そうならないためにも事前の企業研究というのはしっかりしましょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容

少し触れたので話が脱線しますが、少しネットワークエンジニアの仕事内容についても触れておきたいと思います。既に理解のある方は読み飛ばしていただいても問題ありません。

ネットワークエンジニアとは、様々なウェブサービスやシステムなどを動かしている電子機器やそのネットワークを「設計」「構築」「保守・運用」するエンジニアのことを指します。

上流のエンジニアはどのようなサーバーやネットワークを構築するかなどの「設計」や「設計」フェーズを行います。ゆくゆくのキャリアパスとしてはこれができるようになると年収や待遇もアップするので目指して欲しいところ。

ただ最初のうちは、機器やネットワークに障害が発生した時の対応やそもそも障害が起きないように通常監視を行う「保守・運用」を行うことがほとんどです。「保守・運用」を足掛かりに技術のことやベテランエンジニアのノウハウを学んで欲しいと思います。

業界研究を行う

IT業界の動向をチェックするという言葉を別の就活用語にすると業界研究を行うこと、という意味になります。

ネットワークエンジニアの場合は一例として、「現在展開されているクラウドサービス」「クラウドサービスに伴うセキュリティ面でのも問題」「今市場でホットなクラウドサービス事業」など、システムやネットインフラを動かしているサービス開発環境について調べる必要があります。

この辺は新卒で就職活動をする人や未経験でネットワークエンジニアを目指す方には難しいので、最低限のネットワークエンジニアの働き方について調べるレベルor周りの詳しい人に聞く、などして対応していただきたいと思います。

企業研究をしたのちに業界研究をすると、これから受ける会社の独自性や面白いポイントが見えてきます。逆にそれをしても何も見えてこない面白みのない会社は「よほど待遇が良い場合でない限り受けなくてもいいや」、という線引きにもなります。

志望動機の例文を使いまわすのは危険

志望動機は、あなたのことを知ってもらうためのものです。
人の言葉をコピー&ペーストで使ったらそれは他人の志望動機であってあなたのものではなくなってしまいます。

採用担当者も志望動機にテンプレートにウンザリしています。就職活動で言えば、グループ面接のときに5人中5人がサークルの幹事・バイトリーダーで構成されているようなもの。

さすがにそこまで露骨ではないですが、同じテンプレートの使いまわしはそれと近いような「ウンザリ感」を面接官に与えます。

 

下のほうにテンプレートを記載してありますが、そのまま利用するのではなく、あくまで1つの例として考え、それにプラスαで

  • 自分の言葉に置き換える
  • 自身の経験をリアルに描写する

などをしてキチンと差別化してください。

志望動機に必要なこと

企業研究や業界研究は下調べとして必要なことなのですが、それらを踏まえた上で志望動機には何を書くべきなのでしょうか?

一般的には以下の3つの要素が必要であると言われています。

  • なぜあなたはネットワークエンジニアになりたいのか?
  • なぜあなたはその企業で仕事をしたいのか?
  • あなたが入社することでどんなメリットがあるの?

なぜあなたはネットワークエンジニアになりたいのか?

前職でネットワークエンジニアであった人はとくに悩む必要はないかと思います。

そのまま経歴を伝えればいいです。

 

ネットワークエンジニアの経験がない人であれば、過去にネットワークエンジニアの仕事を間近で見て憧れたことや、今後は●●の技術が必要だと思ったのでこころざした、などと伝えるのが良いです。

例えば、「障害対応に現れたネットワークエンジニアの人たちの活躍を見て憧れた」や「今の仕事では10年後のキャリアを考えたときに不安を抱きました。そこで通信技術などへの技術的を身に付けたいと考えています」

などと答えることができます。

なぜあなたはその企業で仕事をしたいのか?

就職活動の面接でよくある、「御社の企業理念に感銘を受けて」の部分にあたります。

もちろんそのままでは確実に面接に落ちてしまいますので工夫が必要です。

 

例えば、クラウドの案件に注力している企業であるならば、「御社の強みである高度なセキュリティを要するクラウドサービスを経験してみたい」などと伝えることができます。

その会社で仕事をしたい理由については、別にその会社が強みとしている技術でなくてもいいと思います。技術以外でも会社のホームページや求人情報から、その会社が売りにしている部分に魅力を感じたことをアピールすれば良いかと思います。

あなたが入社することでどんなメリットがあるの?

当然ながら、企業は営利目的に運営を行っております。そのため、あなたを採用することでどのようなメリットがあるかを見ています。

よく面接の受け答えである「御社で学ばせてください」という言い回しは、タイミングによっては武器に成り得ますが、あまり使わない方が良いでしょう。

 

それよりもあなたを採用した際のメリットをちゃんとアピールした方が遥かに面接官の心証はプラスになります。

自己PRのポイントと言えば、一般的には

  • 自分の長所
  • 経験したこと
  • 習得した技術

があります。

ネットワークエンジニアの経験がある人、ネットワークエンジニアでなくてもIT企業に所属していた人であれば、職務経歴書や習得した資格を見せれば容易に伝わるでしょう。

IT未経験で入社の人は当然ながらITスキルでPRすることはできません。ですが、その代わりに前職や学生時代に取り組んだ経験をアピールするということができます。

 

IT企業の顧客というのは基本的に非IT企業になります。顧客に合わせてシステム開発や営業の提案をする必要があるので、面接先の企業が得意とする顧客がいる業界の業務知識などを持っている人材は重宝されます。

例えば、金融系の案件を多く引き受ける企業に元金融業界で働いている人が入社する、といった形です。

またそれ以外にも、基本的にチームを組んで作業することがほとんであるためコミュニケーション力の高い応募者は歓迎されます。前職で営業や接客などを行っていた人はそのポイントをプッシュすることができます。

 

未経験でもPR出来る事柄は多いので未経験だからと卑屈にならないで堂々とPRしてほしいです。

まとめ

志望動機を伝える際に

  • なぜあなたはネットワークエンジニアになりたいのか?
  • なぜあなたはその企業で仕事をしたいのか?
  • あなたが入社することでどんなメリット(過去の実績)があるの?

を意識すると良いという話をしました。

 

メリット(過去の業務実績)、なぜネットワークエンジニアになりたいのか(これから取り組んでいきたいこと)、この二つの理由づけとして「御社で働きたいです」を考えれるのが理想的です。

ネットワークエンジニアの志望動機例文

ネットワークエンジニアを目指す場合の志望動機の例文を実際に考えてみました。

未経験からのネットワークエンジニアを目指す場合

他業種からITに来る人は非常に多いので特別気兼ねする必要はありません。あまたあるIT業種の中からネットワークエンジニアなったキッカケと、あなたの長所を伝えられれば良いでしょう。

前職では事務の仕事をしていました。

セキュリティの問題が社会的ニュースになったときにいろいろ調べたりしていくうちITの興味が高まりもっと勉強をしたいと思うようになり、いろいろ調べました。

職場が年配の人が多かったことともあり、勉強の成果を認められ、私がIT周り対応を任されることも増えていました。

 

社内の共有LANやサーバーなどの設備を利用しているうちに、、ネットワークエンジニアという職種を知り、興味を持つようになりました。

今後のキャリアについて不安がある中で、通信の専門的な技術について興味が沸いたちょうどのタイミングで御社の求人広告を目にしました。

御社の強みは顧客のニーズに応じて柔軟に対応できるところであると聞いています。

 

前職でIT周りのサポート経験から「真にユーザーが望むものを考える力」を養いました。

御社で専門的なスキルを身に着け、傾聴力と技術力の両方を持ったエンジニアとして貢献したいと考えています。

さらにもう一歩踏み出すのであれば「基本情報技術者」「CCNA」などIT関係・ネットワークエンジニアに必要な資格を勉強していることをアピールできると良いでしょう。

新卒からのネットワークエンジニアを目指す場合

新卒で応募する場合は素直に、過去に自分がしていたことを述べると良いと思います。経験や長所よりもガッツをアピールするべきです。

私は学生時代サッカー部に所属しておりました。毎日の厳しい練習にも耐えた経験から、体はもちろんのこと精神面でも鍛えられました。

その時の経験から最初はできないことでも日々努力していく精神が養われて、この経験はネットワークエンジニアになってからも活きてくる心構えだと自負しています。

と言った感じで、それまで頑張ったことやその経験がネットワークエンジニアになっても活用できるものであることをアピールするのが一般的です。+αでネットワークエンジニアに興味をもったキッカケと志望するに至った経緯が話せれば完璧です。

以前学部内で大規模なシステム障害がありました。その際に提携しているシステムエンジニアの人たちが障害対応にあたっている際に、サーバーなど電子機器をいじっている人を見てネットワークエンジニアという職業を知りました。

後日詳しくネットワークエンジニアについて調べていたら、昨今のITが主流になった現代においては非常に重要なポジションを担うエンジニアだと知り、自分もネットワークエンジニアを志望したいと思いました。

さらに資格習得をしていることや独学やスクールでプログラミングを学んでいるという志の高さなんかが言えればGoodです。

システムエンジニア(ネットワークエンジニア)からネットワークエンジニアに転職する場合

同じ業界内で働いていたのであれば特別悩むことはないかと思います。

例えばプログラマーからネットワークに移りたい場合は「プロジェクトで一緒になったネットワークエンジニアと一緒に働いているうちに興味を持った」とか言えばキッカケは完璧です。

ネットワークエンジニアからネットワークエンジニアであれば、「御社の方がエンジニアを大事にしている」「御社の独自技術に興味を持った」など素直に面接に受けに行く楷書の良いところを比較して述べればよいです。

また同じ業界内であれば、エンジニアとして自分の強みを加えられればさらに面接は有利に進みます。「俺、そんなに長所ないよ」と感じている方でも同年代のエンジニアに比べて秀でているものは必ずあるはずなので、是非自己分析をして今一度自身の強みを考えてみてください。

それでも自己PRが分からない・不安な人へ

ネットワークエンジニアの志望動機について書きました。参考になれば幸いです。

それでも

  • どんなことをPRしていいのか分からない・自身がない
  • 各会社の強みや志望理由をひねり出せない
  • 応募書類を送る前、面接をする前に、誰かにチェックして欲しい

ということは発生すると思います。

何故なら今回話したことはあくまで大枠であり、実際のあなたのことやあなたが受けようとしている会社のことを考慮していません。そのためイメージがつかみにくくなってしまったかもしれません。

 

転職での書類選考や面接での通過率を上げたいのであれば、志望動機や自己PRを自分以外の第三者にチェックしてもらう必要があります。

もちろん身近な人に見てもらうのでもいいですが、できればプロのキャリアカウンセラーの正確なチェックを挟むのが一番でしょう。

すでにエンジニアを経験している人又は社会人の人は転職エージェント、学生や就業未経験さらには一度技術を勉強したい人はプログラミングスクールを利用することを強くオススメします。

転職エージェント

転職エージェントは言うまでもなくその道のプロです。企業研究に必要な会社の特徴などは法人営業担当を介して教えてくれますし、IT業界の動向についても詳しいです。

さらにはカウンセリングを通じてあなたの長所やどのような会社があなたに合っているかのマッチング、職務経歴書の添削や面接対策も行ってくれます。

私も転職するとき、最初はエージェントなしで転職サイト経由で面接をしていたのですが全然結果が出ませんでした。
ところが転職エージェントを利用してカウンセリングから面接対策までしてもらったところ4社中2社内定を頂きました。その経験もあって転職エージェントには非常に感謝しています。

 

もしあなたがネットワークエンジニアも含めたIT業界での転職を行うのであれば、ITに特化した転職エージェントを利用することをオススメします。

いろいろ幅広くやっているエージェントだと、リクルートくらい優秀な人材が揃っている場所でもない限り紹介やカウンセリング(適正チェック)が雑になってしまうのと、担当者が全くITに無知で役に立たないということも発生してしまうからです。

レバテックキャリア

IT特化の転職エージェントではレバテックキャリアは規模が多きこともあって取引先が多いことから案件が非常に豊富です。

またあなたに付いてくれる専任のコンサルタントは元IT関係の仕事に従事していた人が多く、レベルの高いサポートをしてくれます。

さらにかなりの頻度で各企業の現場にヒアリングを行っているのもレバテックキャリアの特徴で、転職者とのミスマッチを極力減らしたり、細かいニーズまで吸い取ってくれます。

リクルートエージェント

もし、社内SEなどを含めてIT業界以外の一般企業を見てみたいのであれば、リクルートエージェントに登録するのが良いでしょう。

リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントで、転職成功実績や案件保有数もNo.1です。

リクルートグループでもトップクラスに優秀な人がエージェントをしているので、転職支援の方もかなり充実しています。

 

プログラミングスクール

「就職でIT業界に興味がある」「未経験転職なのでプログラミングやITスキルを多少なりとも勉強したい」という人はプログラミングスクールを利用することをオススメします。

プログラミングスクールでは、現在進行形でエンジニアをしている方が講師として、1からプログラミングを教えてくれます。

私も入社前に独学でプログラミングをやって挫折した過去がありスクールに通ったのですが、講師が励ましてくれる又は分からない時に質問をすることができるので挫折をしなくなりました。
また業務上使えないコード(いわるゆる糞コード)を書いたときに注意をされることで正しい業務スキルを見つけれられたので、今でも役に立っています。

プログラミングスクールにはネット上で学べるオンライン形式のものもあるので、仕事や学業と両立することもしやすいです。

また新卒や未経験者の募集でもちょっとでもITについて触れている人の方が採用では有利になりますし、話のネタにも繋がります。「やる気がある」と評価されるというメリットもあります。

プロエンジニア

ProEngineerは未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料プログラミングスクールです。

30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問いません。

※ただし1都3県が対象になります。(東京・千葉・さいたま・神奈川)

 

要望にあわせて1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を経たのち、就職活動までサポートします。

ITエンジニアの就職一筋で10年以上の実績があり、現在保有求人数は3500件、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、マンツーマンで就活をサポート。結果として、『就職率は96.2%』を誇っています。有名企業、上場企業にも入った方も多数

 

上記の条件に該当しない方は以下のプログラミングスクールをチェックしてみてください。転職や就職の支援を行っているスクールがたくさんあります。あなたに合うものを是非見つけてほしいと思っています。




-転職ノウハウ, 転職活動の事前知識

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.