エンジニアの不安・悩み

SEの35歳定年説は本当か嘘か?失業しないためには?

投稿日:

SEやプログラムあーの仕事をしていると時々耳にする言葉である「35歳定年説」。

結論から言うと決して、SEが35歳になった途端クビを言い渡されることなんてありません。(あったら労働基準法的にも問題です)

 

ただ、そういう噂があることは事実ですし、その噂をひも解いていくと割と笑えない事実があることも確かです。

本記事では、IT企業に2社勤務し、いくつもの現場を見た自分がこの「35歳定年説」についての実際や思うところを述べていきます。

 

35歳定年説が広まっている理由

35歳定年説という話を調べてみると、実にいろいろな理由がありました。

 

新しい技術を習得できなくなる

「年を取った人と若者では、新し事を教えたときに若者の方が覚えが早い」なんていう話はよく聞くかと思います。

ある程度年齢が上がったら知識の吸収力では若者には勝てないと決めつけてしまう現場担当者も少なくはありません。

 

またIT技術は技術者は常に進化していて、その進化に合わせて常に最新の情報をキャッチアップしなければならないのは知っての通りでしょう?

そうなったときに前述の「吸収力があると言われている若者の方が最適である」という理屈が尊重されがちになります。

 

ですが、自分の経験ではすぐに新しいスキルを身に付ける35歳以上もたくさんお見受けしました。

  • IT技術が好きで常に勉強している
  • すでにいくつかのスキルを持っているため、新しいものが出てきても応用が出来る

などの理由があります。

 

技術習得に関しては若手もベテランもあまりないように感じます。

 

専門職よりも管理職のが大事という風潮

何故か日本ではIT業界に限らず、ある程度の年齢になるとプレイヤーではなくマネージャーを求める風潮があります。

例えばアパレルとかの場合ですと、接客が好きで店舗に居たいのに、ベテランになったから管理側に回ってくれ、みたいな感じです。

 

少なくともSIの業界では、プログラマー(下流工程)はシステムエンジニア(上流工程)よりも下に見られることが多く、替えが利くものとして扱われがちです。

そうなると、下流工程を担当する人にベテランの経験や知識などを求めるのではなく、単純に「単価が安い若者を使いたい」みたいになってしまいます。

 

生涯プレイヤーで居たいというプログラマーには酷い話ではありますが、日本の会社の場合マネジメントができないベテランはいらないみたいな風潮が未だに残っているのも事実です。

 

下請けの人月ビジネス

単価が安い若者を使いたいやSI業者の話になると、多重下請け構造の客先常駐ビジネスについても言及しなければなりません。

実は日本における大多数のIT系の会社は大手SI企業やベンダーと言われるところから、人材を送り出すような「ITは名ばかりの人売り派遣業者」なのです。

 

そして派遣先にアウトソージングする業務は言い方が悪いですが、誰でも出来る仕事というのがほとんどです。(中には金融機関のように「機密情報の漏えいリスクを考えて現場で開発をしてほしい」というような案件はあります)

 

人売り派遣業の場合、仕事ができるかどうかよりも「いかに安くエンジニアを調達してくるか」が大事になるため、35歳を過ぎたエンジニアは無駄に単価が高いということで切り捨てられてしまいます。

 

年齢により単価が高くなり現場に入場できず気づいたら自社からも必要とされなくなり、転職を考えるものの今まで誰でもできるような現場ばかりにいたためスキルや経験が蓄積されず、気づいたら仕事がない、という問題こそが本当の35歳定年説なのではないかと考えています。

 

35歳で定年しないためのキャリアとは?

35歳で仕事がなくならないためには、今のうちからいろいろ考えていくことが必要になります。

 

今のうちにスキルを身に付ける

誰でもできそうな仕事ばかりを現場でしている人は、今からでもいいのでスキルを身に付けることを強くオススメします。

 

具体的なスキルですと、ITだったら基本情報や応用情報、ベンダー資格などの資格を身に付けることでもいいですし、隙間に技術の習得をするでもいいです。

また今後オフショア開発など海外のエンジニアと仕事することが間違いなくあるので英語を身に付ける事、それ以外にも今後参加したい案件や最悪転職したい業界があればそれについての勉強も良いでしょう。

 

ITに限った話ではないですが、今の時代一度入社すれば一生会社が面倒を見てくれるという時代ではないので、やれるときに努力をすることが急務になります。

 

経験を積めそうな現場に行くor転職をする

今のプロジェクトで経験を積めなさそうなのであれば、頃合いを見計らって自分が経験が積めそうなプロジェクトに入れてもらえるように上長に志願してみるのはいかがでしょう?

 

誰でも出来るような業務をずっとやらされた結果、あるとき急にお払い箱にされたらたまったもんじゃありません。

そうならないためにも、上司からの反論や非難を恐れずきちんと提案するべきです。

 

それでもだめそうであれば、もっと自分のキャリアパスを実現できそうな仕事を目指して、転職活動を考えるのも1つの手かと思います。

 

マネージャーを目指す

エンジニアやプログラマーが35歳以上を過ぎても生き残るために多くみられるキャリアパスとしては、「マネジメント」をする人、管理職への移行です。

 

大体35歳を過ぎたころからはプロジェクトメンバーの一員ではなくて、スケジュール管理やチームをまとめたり、相手会社との間に入れる、人材像を求められるのが一般的になります。

 

コンサルタント

もう1つ、多く見られるパスとしてはITの戦略コンサルタントへの転身です。

今までエンジニアとして様々な会社を見てきたことや業務改善を手伝った経験を活かしつつ、企業の経営戦略や業界の商流などを勉強をし知識を身に付けて、クライアントをITを用いてコスト改善や業務効率化をお手伝いするという道もあります。

 

技術職で高く買ってくれるところに転職をする

「でも自分はずっとプログラミングをやっていたい」と考える人は少なくないでしょう?

 

そうは思っていても、会社の方針として35歳を過ぎてマネジメントができない人材を置いておけないというのであれば、転職をすることをオススメします。

最近では、35歳を過ぎてもずっと技術職として使ってくれる会社も、徐々にではありますが増えてきています。

 

実際自分の周りの人も、35歳を過ぎても「ずっとプログラムだけ書いていたい」とか「サーバーの構築だけしていたい」とかいうワガママを叶えてくれる会社に転職して楽しんでいる人が多々います。

 

今から35歳を過ぎても生き残れるキャリアパスを考えよう

ここまで35歳定年説について、実際に言われていることと自分の考えをまとめました。

 

「年を取ったら技術を習得できなくなるか?」と言われればそんなことはありませんし、「ベテランのポジションになったら管理職にならないとクビを切られるのか?」と言えばそれも違います。

 

ただ現状、誰でもできるような業務しか経験がないのであれば焦る必要はあるかと思います。

そうなってくると35歳になったときに、転職出来るだけの要素もなくなり、現場の案件が激減してしまい、間違いなく35歳定年を迎えてしまいます。

 

そうならないためにも今から今後のキャリアを考えるべきです。

とはいってもいきなり、キャリアパスを考えろなんて言われても難しいと思います。

 

今の自分がどの仕事が向いているのか、今後どのようなキャリアパスを描きたいのかを第三者視点からレビューを受ける必要があります。

そのためには、キャリアパスを悩み始めた方や、どうしていいか分からないという方は、まずはエンジニアの専門のキャリアカウンセラーに相談してみるのが一番確実です。

 

レバテックキャリアをはじめとしたエンジニアの転職サイトを利用すれば、無料でキャリアカウンセラーに相談することができます。

また無料で相談したからといって、すぐに転職をしないといけないワケではもなければ、催促されることもありません。

 

キャリアカウンセラーが「今はまだ転職しない方がこの人のためだ」と判断した場合は、アドバイスを差し上げてお帰りいただくこともあります。

キャリア診断や市場価値のチェック、今後の自分の棚卸のためにも、一度話をしておくと良いです。

 

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.