転職ノウハウ 転職活動の事前知識

IT企業やシステムエンジニアの求人をハローワークで探すときの注意点

投稿日:

転職を考えるときに、転職サイトやエージェントにばかりいってしまい、ついつい存在を忘れられてしまいがちなハローワーク。

 

ハローワークは厚生労働省の元で運営されている職業安定機関であり、そのため求職者はもちろんのこと、企業も無料で掲載することができます。

エンジニアの求人数は10000万件前後あるため利用してみる価値はないとは言えません。(実際僕も利用したことがあります)

 

ですが、無料で沢山の企業の求人が集まっているためブラック企業である可能性も多いですし、民間企業である転職エージェントなどに比べて調査が出来ていないこともあり運営側でシャットアウトしきれない現状もあります。

 

このページでは、そうしたブラック企業に引っ掛からないためにハローワークで仕事を探す注意点を紹介したいと思います。

 

ハローワークにブラック企業が多い理由

実際利用してみた感触としては、一部の職員は求職者に合った案件を探そうと頑張っていたり、現場に足を運んでブラックどうか見極めようか真剣に考える人も居て僕はそういう人にお世話になったことがあるため全てが悪いとは思いません。

 

ですが一部の職員は明らかにやる気がなくて、その会社が求職者に合っているか見極める気もなければ、案件についての理解を全くしていない人もいました。

 

そういうところが求職者と企業のミスマッチを生み出し、「なんかハロワって駄目じゃね?」みたいなことを感じている人は少なくないと思います。

 

また先ほども説明があった通り、企業が運営している転職サイトやエージェントは求人にお金が掛かりますが、ハローワークは国が運営している公共機関であるため掲載にお金が掛かりません。(そもそも審査も緩い、あるいはない)

求人掲載を含めた採用に力を入れられないようなギリギリな企業が求人掲載をできる環境があるため、ハローワークはブラック企業が多いと言われています。

 

 

ハローワークのブラック企業の特徴

ではどんな会社がブラック企業と言えるのでしょう?

ハロ―ワーク利用者の声や自分の体験などを踏まえて説明したいと思います。

 

いつも求人が掲載されている会社

ハローワークで仕事を探すときにまず確認して欲しいことのひとつとして、その求人がどれくらいの期間掲載しているかがあります。そういった求人は何かしらの問題があります。

 

ちゃんとした会社のちゃんとした求人の場合、求職者の取り合いで比較的すぐになくなってしまいます。

そのためそういった会社はなにかしらの問題があることが多く、離職者が多いか入れ替わりが激しい可能性があります。

 

カラ求人の可能性

またずっと出ている求人としての考えられる可能性として、カラ求人ということも考えられます。

ハローワークから求人を出して欲しいを受けると、それを無下に断る訳にもいかず、採用する気がなくてもとりあえず求人を出すパターンもあります。

 

このカラ求人の場合、いくら頑張っても採用されないのであまり期待しないようにしましょう。(転職サイトやエージェントではありえない話ですが・・・

 

業務内容の欄が曖昧あるいは雑

実際案件を見ていると気づくことも多いかもしれませんが、求人の中には仕事内容の説明がかなり曖昧あるいは雑なものがあります。

 

例えば、「自社のシステムエンジニアとして勤務して頂きます。自社で使用している業務用ツールの運用・保守、新規のシステム導入の際に制作会社との間に入ってもらいます。」というのが良い例とします。

悪い例の場合は「ITに関する全般の業務をしてもらいます。またその他社内の仕事をお願いします。」などと書かれているのが悪い例です。

 

悪い例からは何をすればよいのか全く分からないですよね?むしろなんでもかんでもやらないといけなのかとすら感じます。

今のは一例なのですが、この手の内容の求人というのは数多くあり、小数人で大量の仕事内容を回しているようなブラック企業ではありがちな業務内容です。

 

ただしこれらが必ずしも悪いというわけではなく、ITの場合経営層や人事が実態を把握していないためこのように曖昧な記載になっていることもあります。

 

給料額のふり幅が広い

IT系の求人の場合によくあるのですが、求人情報の給与記載ラインにある金額の幅が広いことがあります。

例:システムエンジニア 給与:200,000円~450,000円

 

この記載の場合、自分の経験や能力によって給与が変わると考えてしまいがちですが、実際は能力給や資格手当などではなく、「弊社で一番給与を貰っている人が450,000円であって、あなたはどんなに頑張っても200,000円からの給与ですよ」という意味が込められています。

もし自分の中で、「俺は勤務歴5年あるから●●万円くらい貰えるだろう?」と勝手に想像しているなら考えを改め直した方が良いか、面接時にちゃんと聞きましょう。

 

入社してからでは手遅れになってしまいます。

 

残業時間が多い

ハローワークで閲覧できる求人票の残業時間が多いと感じた場合、速攻その会社を受けるのをやめた方が良いです。

嘘の情報を書くのはさすがにしていないとは思いますが、基本的にどこの会社も残業時間は少なく書きたいはずです、そのため書くとすると年間の中でも一番残業が少なかった月を書くか、少ない人や多い人を合算した平均値を書いてお茶を濁すはずです。

それでもそこまで多く書いてある場合、実体もビックリするくらい残業をさせられるはずです。

 

また基本給が高くてかつ残業時間が多い場合、「みなし残業」という残業代込みの基本給である可能性が大です。

 

みなし残業とは

労働基準法は「労働時間に応じて賃金を支払うこと」を大原則としています。

しかしながら近年は、コンサルタント、研究者、システムエンジニアのように、労働時間の長さによって賃金を決めることになじまない職業が増えてきました。

また、「成果主義」の考え方が広まり、「賃金は労働時間の長さではなく、成果に応じて支払うべき」という考え方も一般的になってきました。

このような働き方の変化を反映して生まれたのが、実労働時間の長短にかかわらず、あらかじめ取り決められた時間分の残業代を支払う、みなし残業制度です。

 

みなし残業の場合、もちろん普段から定時帰宅できるのであればアドバンテージなのですが、たいていの場合はそんなことは上手くいくはずもなく、膨大なる仕事を処理しなければならないです。

たくさん残業したのに残業手当は出ないとなっては溜まった話ではありません。

 

残業時間が多いなと思ったら、「自分が勤める部署の残業時間」と「みなし残業かどうか」は聞いた方が良いです。

 

ブラック企業を簡単に見つけるならキャリコネ

ブラック企業か判断する方法をいくつかお伝えしましたが、それでも引っ掛かってしまう可能性があります。

ブラック企業も馬鹿ではないですので、そういった見分け方を掻い潜っているところも少なくないでしょう。

 

そんなときにブラック企業かどうか見分けるのに使えるのがキャリコネと呼ばれるサービスです。

 

 

キャリコネでは、「会社の評判」から「年収」「残業時・休日出勤」「人間関係」「社内の恋愛事情」に至るまでの社員が書いた裏事情的な口コミ情報をチェックすることができます。

もちろんキャリコネに記載してあることが全部と言うわけではないですし、一部辞めていった人の思念が入っているということも考えられます。

 

ですがキャリコミュは転職エージェント機能も兼ねているので、その辺の口コミサイトよりは信ぴょう性が高いとされています。

 

他にも求人検索や面接対策もできて、費用は掛からないのでハローワークで仕事を探すついでに登録しておいて損はないと思います。

 

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-転職ノウハウ, 転職活動の事前知識

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.