プログラミングスクール 未経験

30代の未経験がプログラミングを勉強するのであればプログラミングスクールがおすすめ!

更新日:

「30代になってからプログラミングを勉強したい!」そう思う人は決して少なくないようです。私の周りにも30歳になってから初めてプログラミングを学びエンジニアとしてのキャリアを歩み始める人もいます。

30代といえば高校や専門学校、大学を卒業して会社に勤めをしてればちょうどよいキャリアを形成する頃だと思います。それでもプログラミングを学びITを仕事にする人は数少なくありません。30代でプログラミングを学ぶことは決して遅くありません。

30代からプログラミングを活かしてIT業界に飛び込むのは遅くない

30代になって急にキャリアチェンジをする30代の人は多いですが、それはIT業界の需要が高いからです。日本はまだプログラミング教育というのに全然力を入れていません。

ここ数年でやっと中学校ではプログラミングの授業が義務化しましたが、小学校で義務教育になるのは2020年です。他方外国では幼少期からプログラミングに触れる機会があります。

 

このプログラミング教育不足は実際に世間でも影響が出ていて、今現在IT人材は不足しています。そして2030年では約80万人近いプログラマーが足りなくなると言われています。

一方IT技術は日々進化しています。AI技術や家電をインターネットにつなぐIoT、スマホアプリやWebサービスetc・・・今後ますますその需要は増え人々の生活を豊かにすることでしょう。IT人材は減っているのに、需要が増えているというのが今のIT業界の動向になります。

30代だからといってプログラミング勉強が遅いということにはならないですし、転職も可能ですし、場合によっては30歳前後まで就業経験がなくても仕事に就けることも全然あります。

人によっては副業やスモールビジネスとしてリスクがほとんどないITを行う人もいます。また比較的自由な時間を得たいということでフリーランスエンジニアに転身したいと考える人もいます。

プログラミングを学ぶならプログラミングスクールに通うべき理由

30代での就業、セカンドキャリア、副業から起業、フリーランスまでかなり選択肢が広いのがIT業界の特徴です。

プログラミングを学習する上で、私自身の経験を踏まえると独学よりもちゃんとスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミング学習はやる気が大変

プログラミングがその手1つで仕事を生み出すことも事業を行うことも可能なため、コスパは非常に良いです。近年では20代の若者が作ったWebサービスが数億で売却されました。(質問箱というサービスです)

 

このように転職の選択肢以外にも多数のチャンスがあるのですが、結構勉強に対するやる気の維持が大変です。

というのも、今まで学校などでは習わなかった分野なのでとっつきにくいことと、書物で書いてあることが非常に難しいです。「初心者向け」とか言いながら全然初心者には優しくな挫折した過去が私にもあります。

 

そのためプログラミングスクールを利用して、分からないところがあったらすぐに質問をすることでやる気を削ぐことを可能にできます。

またスクールであると担当の教師が、通学生の場合は加えて同じ教室の生徒と関われる機会があるため、独学で勉強するよりもモチベーションに繋がりやすいことでしょう。

教えてもらう方が学習効率が良い

前述でもお話した通り、我々日本人は外国圏の人に比べてプログラミング、もっと言えばITに触れる機会があまりありませんでした。そのためいざ独学で勉強しようとなると中々入り込みにくいです。

また受験勉強のように知識を詰め込んで回答にアプローチするのではなく、プログラミングは最終的に無数にある問題を正しい方法で処理をしたり、ゼロからちゃんと動作するシステムを作るといったことが求められるため、勉強の方法が異なります。

 

そういった慣れない分野で学習方法も異なるプログラミングなので、最短で扱えるようになるには専門知識を持った講師と、確立されたプログラムがある、プログラミングスクールが効率的です。

正しいコーディングを学ぶ必要がある

プログラミングというのはただ動けば良いと言うわけではありません。ちゃんと動くだけでなく他の人が見たときに処理が分かりやすいコードや、改修がしやすい手直しが楽な処理というのが大切になってきます。

いわゆる「リーダブルコード」という考え方なのですが、独学だと中々身に付きにくいです。私も過去に無駄な処理が多いと注意を受けることがありました。

実際の開発現場でキチンとしたコードを書けるようになるためにも、現役エンジニアにキチンとしたことを教えてもらう必要があります。

就業・転職支援があるプログラミングスクールも多数ある

プログラミング学習自体とは少し関係が無いのですが、プログラミングスクールの中には転職エージェントや人材紹介会社と提携しているものもあります。中には未経験からのフリーランス斡旋をしているところもあります。

フリーランスエンジニアの場合、安定性は正社員に負けますが、勤務日数に加えての給料が圧倒的に良いというのと、週5勤務しなくても良い案件もあります。

 

プログラミングスクールが転職エージェントや人材紹介会社と、スクールに通う我々にも様々なメリットがあります。例えば面接対策もしてくれますし、万が一面接が上手くいかなくてもスクール側が実績などを引き合いにフォローをしてくれます、また企業と受講生の両方を知っているスクールが仲介するのでミスマッチが起こりにくいです。

まずは体験入会や無料説明会などを通じて様子見をする

30代になってからプログラミングを学びたい人にとってプログラミングスクールはうってつけではありますが、下調べもせずに適当に受講するのは、ちゃんとした学習効果も得られず続かなくなり、お金の無駄になってしまいます。

そのためまずは無料カウンセリングや体験を通じて、「自分に合っているスクールを選ぶ」「プログラミングやITの理解深める」「これなら続けられそう」などを見極める必要があります。

 

当サイトがおすすめするプログラミングスクールをまとめましたので、合わせてこちらもどうぞ。




-プログラミングスクール, 未経験

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.