プログラミングスクール 未経験

プログラミング初心者の勉強方法について!挫折しないためには?

更新日:

近年IT需要は高まり、プログラミングを学びたいという人は増えています。

ただ私も経験があるのですが、学生時代全くやったことがない分野のためものすごく取っつきにくく、挫折してしまいます。

 

未経験からIT分野に飛び込んだ経験から、こうすれば良いのではというのをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

プログラミングの勉強順序

まずはプログラムが動く楽しさに触れてみる

「いきなり本を読め」というと恐らく続きません。私も続きませんでした。そもそもプログラミングの本って初心者向けとか唄っておきながら全然初心者に適していないんですよね・・・

こんなんではモチベーションが続くワケがありません。そこで提案するのはいきなり動くプログラムを作ってみることです。

 

とは言ってもいきなりJavaに触れようとするのもオススメできません。というのもJavaはプログラミングに最初に触れる言語としてはふさわしいのですが、開発環境の設定などいろいろ難しくて準備前に挫折してしまう可能性があります。

まずは簡単に動作してかつ作業が容易なモノに触れることがプログラミングをする前段階では大切かと思います。

 

HTMLに触れてみる

そこで個人的に最初にやっておいて良かったなと思ったのがHTMLです。HTMLと言えばWebサイトを作るのに必要な言語です。

厳密にはマークアップ言語と言ってプログラミング言語ではないものです。

  • プログラミング言語……コンピュータに処理させる指示を書くもの
  • マークアップ言語……文書の構造を記述するもの

 

ただHTMLはメモ帳1枚から作ることができ、言語に触れる基礎に関われるので、パソコンに対する苦手意識を取り除くにはうってつけです。

 

たとえば

<html>
<head>
<title>プログラムを書いてみよう</title>
</head>
<body>
テストで作ったページです笑
</body>
</html>

って具合にメモ帳に記述をして、拡張子を.htmlで保存します。

 

そしてこのhtmlファイルを右クリックで「プログラムから開く」→「googlechrome」を選択して開きます。

とまあこんな感じでものすごくしょぼいWebサイトの1ページが出来上がります。これにさらにコードを追記したり、CSSで装飾をしたりすることで、オシャレなWebサイトの外側を作ることが可能になります。

 

他にもbatファイルと呼ばれる拡張子が.batとなる命令文を記述したファイルをメモ帳を用いて作成することができ。それを行えば例えばPC起動時に実行して欲しいプログラム(Wordなど)をいくつか自動で立ち上げるという命令を行えることもできます。

 

まずはこうやって入りやすいところからPCに触れてみて、「楽しい」と感じるところからプログラミングをスタートすると、苦手感を減らすことができます。

 

 

プログラミングの学習サイトを覗いてみる

こうやってPCに対する苦手意識や軽減されたり、元々苦手ではない人は、次のステップとしてプログラミングの学習サイトを覗いてみるのが良いでしょう。

 

  • 無料動画が300本以上あって、1動画3分辺りとサクサク見れる「ドットインストール」
  • Javaを学ぶのであれば「マンガで分かる Java入門講座」
  • 実際に手を動かしながらコーディングが学べて、あのホリエモンも絶賛していた「Progate」

などなど初心者向けサイトはいろいろあります。

 

学習サイトや動画などで成功体験を得ることや、ゲーム感覚で勉強することで、苦手意識を減らし好きにすることでモチベーションを高めるのが、今後ますますプログラミングに打ち込むためにも良い習慣になります。

 

プログラミングスクールで学ぶ

ここから先はいよいよ専門の書籍を購入して勉強するのも良いですが、私のおすすめは専門的な人にプログラミングを習うことです。実際私もプログラミングスクールの研修を経た経験が就業するときに役立ちました。

 

仲間がいるのでモチベーションの維持がしやすい

私の場合は、実際に数十人規模のクラスでプログラミングを学びました。仲間がいることで時には競争意識が刺激されて、「負けてなるものか」と頑張れました。

また時には、自分がつまづいているところをメンバーに聞くことで解決の糸口を探すことにもつながりました。

 

オンラインでのプログラミングスクールですと同じレベルで勉強する仲間は見つけられないですが、担当してくれる先生の人に進行度や上達を見てもらう事で、モチベーションの維持を可能にすることができます。

 

実際の実務で役立つプログラミングを教わることができる

プログラミングとういうのは難しいもので、ただ処理が動ければよいとかシステムが完成すればよい、というワケではありません。

キチンと動作することは当たり前として、その上で処理が長くならないようにする工夫や、他のエンジニアの人が見ても分かりやすいコーディングであることや、第三者が改修しやすいようなコード作り、が必要になります。

 

独学で勉強しているとどうしてもそういったところをチェックしてくれる人がいなくなってしまい、いわゆる糞コードを書いてしまうプログラマーになってしまう可能性があります。

プログラミングスクールの先生はみんな現役のトップエンジニアであり、そういった視点からもアドバイスをしてくれるため、実務で役立つコーディングスキルが身に付きます。

 

つまづいたときに教えてもらえる

独学でプログラミングをするデメリットは他にもあり、途中でつまづいてしまう可能性があります。というのも機械のエラーというのは原因がいくつも重なっている可能性上がって、「何が何だかわからない」という事態になることもしばしば・・・・

私も最初はJavaのプログラミングはおろか、作業環境を用意するところでミスをしてしまい先に進めませんでした。そんな中プログラミングスクールの講師はちゃんとしたセットアップ方法を教えてくれて、同じミスをしないように詳しい説明までしてくれます。

 

つまづいたときにキチンと教えてくれるというのは非常に心強く、挫折しないためにも必要不可欠な要素になります。ちゃんとエラーに対するアプローチを教えてくれるので、やがては1人になった時もエラーと向き合えるようなエンジニアになれます。

 

良質なインプットとアウトプットの両方が学べる

独学で勉強すると、知識だけは蓄えてるのにそれを外に出すという機会に恵まれません。勉強というのはインプットとアウトプットの両方があって初めて身に付くものです。

プログラミングスクールではカリキュラムや1流講師を用いた良質なインプットはもちろんのこと、穴埋め問題やサービスを作る実習など様々な場面を通じてアウトプットする機会と答え合わせをするチャンスがあります。

 

プログラミングをものにしたいのであれば、実際に手を動かして物を作り、それをレビューしてもらうというのは非常に大切なことで、プログラミングスクールならそういったことも可能です。

最初こそしょぼいアプリで公開するのも恥ずかしいかもしれませんが、大事なのは完璧なものを生み出すのではなく、途中であきらめることなく取りあえず成果物を世に出すことです。

 

プログラミングスクールのおすすめランキングを作ったので、プログラムを書いてみたい人は合わせて参考にしてみてください。無料体験やカウンセリングも随時開催しているので、そこで理解や関心を深めることも大切です。




-プログラミングスクール, 未経験

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.