プログラミングスクール

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴や評判・口コミ!レッスン・講師の質は?転職には有利?

更新日:

このページではオンラインプログラミングスクールのCodeCampの評判やレッスンの内容について紹介したいと思います。

結論から言うとCodecampの評判は結構良い評判が多いです。無料体験を受けた友人も、「プログラミングどころかPCの知識が怪しい自分でもわかりやすく丁寧に説明をしてくれる」とのことでした。

2017年初めには20,000名の受講生を突破していて、レッスンは「LINE株式会社」や「ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社」など多数の企業に導入された実績を持っています。

CodeCampの特徴

CodeCampはオンラインでマンツーマンで学べるという形式をとっているプログラミングスクールです。特徴は以下のようになっています。

 

豊富な実務経験を有する現役エンジニアがマンツーマンで指導

講師は大手企業や、独立・起業経験アリ、フリーランスエンジニアなど、豊富な実績を持つ現役エンジニアが担当しています。

CodeCampでは過去のエンジニアの実績を厳しく判断するだけでなく、書類選考→面接→模擬レッスンというプロセスで選考を行い、それらに合格した講師のみを講師として採用しています。

 

また採用後の講師のレッスンを定期的に運営側でチェック、教え方に問題がある講師は再トレーニングを実施するなどして、講師の品質を高く保っています。

365日・世界中のどこでも受講可能

講師の質が高いCodeCampですが注目するべきは365日世界のどこに居ても受講可能な点です。受講時間も日本時間朝7時~夜23時40分と幅広いです。

プログラミングスクールによっては夕方15時以降でないと質問できなかったりしますが、これなら「朝勉強をしたい」や「昼の時間にカリキュラムを消化したい」など幅広いニーズに応用することができます。

プログラミング初心者に最適なカリキュラム

CodeCampの学習カリキュラムは、プログラミング教育専門のラーニングデザイナーが、未経験者向けに最適化した学習設計を発案しています。

  • 実践による気づき
  • 熟練者からの学び
  • 経験を通じた理解

をモットーにしており、体系的な知識が身に付くことはもちろん、スクール卒業後も実際の開発で活かせる汎用的なスキルが身に付きます。

豊富な言語・コース

CodeCampでは様々な言語やコースが用意されています。

Webサイト作る上で必要なHTMLやCSS、Webデザインに必要なPhotoshopやIllustrator、プログラミング言語であるJavaやPHPなど、多種多様です。

 

そして目的に合わせて様々なコースが用意されています。

  • 例えばゼロからECサイト(Amazonや楽天のサイトみたいなもの)を作る「Webマスターコース」
  • Rubyという人気言語を使ってWebアプリを1から作る「Rubyマスターコース」
  • 新卒でエンジアとして働くための「エンジニア新卒コース」
  • 20代のためのIT/Web業界転職のための「エンジニア転職コース」

など細分化されています。また「CodeCamp KIDS」という小中学生のためのプログラミングカリキュラムも用意されています。

 

細分化されたカリキュラムにより、あなたが「プログラミング学びたい理由」に対して、その理由を実現するスキルが手に入る環境が用意されています。

スキルアップや就職・転職を実現

20,000人以上の受講者がいるCodeCamp、多数の受講生がスキルアップや就職・転職を実現しています。その様子は公式サイトの「受講生の声」から見ることができます。

人気の秘訣は「わかりやすいカリキュラム(教科書)「好きな時間やタイミングでプロによる個別指導が受けれる」という点が多いようです。

 

中には就職や転職ではなく、プログラミングに触れることで社内や取引先のエンジニアとの会議が円滑になって良い結果を生み出せた人や、独立・起業の足がかりになった人もいるようです。

多数の企業へもカリキュラムが導入されている

CodeCampは、個人の受講者だけでなく、IT起業や大手企業の研修プログラムにも採用されています。

 

例えばLINE株式会社では「グローバルで叩ける日本の若手エンジニアを増やす」という目的のために研修を導入。オリックス株式会社では「内製化によるコスト削減と運用スピード」を向上をCodeCampのレッスンを元に実現しています。

他にも

  • INTERSPACE
  • レコチョク
  • ニトリ
  • 家庭教師のトライ

など300社以上の企業が行っています。

卒業生向けのオフライン交流会を実施

CodeCampの受講生や卒業生、また講師などを交えた交流会が不定期ながら行われています。

オンラインスクールであるため張り合う相手が中々いないのがネックなので、こうやってオフラインで交流できるのは非常に良いことです。

CodeCampの口コミ・評判

Codecampの口コミ・評判は公式サイトから見ることができます。一部を抜粋で紹介します。

プログラミングを楽しく学ぶことができました

受講前はプログラミングというものに苦手意識というか、文系の自分にはできないものという先入観がありました。ただ、実際にCodeCampを利用してみると、自分にも出来るという経験を得られました。

課題が思った以上に苦労しましたが、実際に手を動かすことで理解が深まるので、かなり実践的な力が身につくカリキュラムになっているのではないでしょうか。

そして何よりも、オンラインでのマンツーマンレッスンが素晴らしかったです!疑問点は自分が理解できるまで講師の方に質問することができますし、課題でつまずいている時も、解答を提示するのではなく自分で解決するためのヒントを提示してくれました。

オンラインとはいっても、数回受講すれば自分にあった講師の方が見つかりますし、講師の方と自分のスケジュールがあうタイミングでレッスンを予約するので、途中でくじけそうになった時でも、頑張らなければという気持ちになれました。

独学でプログラミングを学ぶよりも圧倒的に効率がよく、基礎から応用までを密に学ぶことができると思います。そして何より楽しくプログラミングを学ぶことができました。

 

「わからないところが解決できるというのは楽しい!だから、継続できる」

本当に受講して良かったと思います。CodeCampを受け始めてから、プログラミングを楽しく勉強することができています。

今まで独学や前職の研修などでプログラミングを勉強してきましたが、今思い返すと楽しくない時期っていうのが、結構多かったと思います。

やはり、「わからないこと」が解決できないので、諦めてしまっていたんですよね。独学でも集合型の研修でも、わからないことがわからないままになってしまって、途中でやる気が失せてしまうということがありました。

それに対してCodeCampの場合は、講師の先生が直接書いたコードを見てくれるので、わからないところをピンポイントで解決できるというのが非常にありがたかったです。今まで独学で躓いていた自分からすると、どうしてもわからないところが解決できるというのは楽しいですし、それがやる気にも繋がっていると思います。

CodeCampの良い評判

公式サイトのインタビュー以外にも多数の評判・口コミがあるので消化したいと思います。

オンラインで受講できる

まずなんといっても「オンラインで受講できるのが便利」という声がものすごく多いです。

というのもプログラミングスクールというとどうしても通学する必要があり、しかもスクールの大半が東京や大阪などの都市部にばっかりあるので、地方民が中々通えないという毛ン台があります。地方から毎回プログラミングの授業を受けるためだけに都市部に来るのは労力が半端ないです。

 

また会社や学校などの本業と並行して受ける人にとっては、都内であっても通うのが大変ですし、学校や仕事終わりの疲れているタイミングだとどうしても億劫になってしまいます。

そういった意味でもオンラインで自分のスケジュールに合わせて受講できるCodeCampは調整が効きやすいです。

プログラミングスクール大手!安心の知名度・実績がある

上記の方の記述の繰り返しになりあmすが、CodeCampでは約20,000人の受講者数を誇り、また大手企業を含む300社の研修にも使われている実績があります。そのため身に付くスキルや授業のクオリティ面を見ても、安心・安全に利用することができます。

正直プログラミングスクールでこれだけの実績を誇っているのはそうはありません。

マンツーマンのレッスン

オンラインでのスクールの問題点としてあるのが、授業のクオリティです。オンラインで不特定多数に抗議をしないといけないとなるとどうしても数合わせの講師を雇う必要があり、結果としてクオリティの低下にもつながります。

 

ですがCodeCampでは数々の厳しい選考を潜り抜けた選りすぐりの現役エンジニアの皆さんが講師です。またプログラミング初級者向けに綿密に組まれたカリキュラムも用意されています。

実際の開発現場で役立つレベルの高いプログラミングスキルが身に付くことは間違いありません。

朝から夜まで幅広く対応

オンラインスクールの場合、午後から受講出来て終わるのは夜遅くまで対応していないということはありますが、CodeCampでは朝7時から夜23時40分まで対応しています。

仕事前に軽く勉強をしたい、学校帰りにみっちりプログラムに増えれたい、など様々な生活ニーズに合わせて学習を行えます。

コースの料金化価格が安い

マンツーマンのスクールでは高い学習効果を得られますが、半面料金がものすごく高くなってしまいます。ですがCodeCampはオンラインということもあり、マンツーマンレッスンであるにも関わらず、他のスクールに比べてリーズナブルな価格で受講できます。

価格のお手軽さで受講を開始するというひともいます。

 

また卒業後にそのまま就職・転職をしたい人は、転職支援プログラムである「CodeCampGATE」に参加、転職を成功させることで受講料が全額キャッシュバックされる、実質無料サービスもついています。

無料というと逆に怪しく感じるかもしれませんが、これは採用企業側がCodeCampにお金を支払うからこそ成り立つ仕組みです。

CodeCampのデメリット・悪い評判・口コミ

CodeCampは講師の質も高く確かなスキルも身に付くため、基本的には悪い話というのは聞かないのですが、唯一あるとするとオンラインスクールであるという点です。

オンラインスクールであるため、先生はいるものの画面越しですし、実際に競い合うライバルというのがいません。そのため人によってはモチベーション管理が上手く出来なくて続かないという例があります。

それを考慮した上で講師の方々がモチベーションの管理を含めてサポート、また不定期オフライン交流会もあります。

CodeCampでは無料体験レッスンを随時募集中

「価格がリーズナブルで講師のレベルが高く、初心者でもスキルが身に付きやすい」とは言ってもいきなり受講をするのは不安がありますよね?そこでCodeCampでは無料体験レッスンを随時開催しています。

  • Webサービスを自分で作りたい
  • 就職・転職を視野に今からプログラミングを勉強したい
  • Webサービスで起業・一発当てたい
  • 子供にプログラミングを教えたい

と思うのであれば、今すぐ公式サイトをチェックしてみてください。圧倒的なカリキュラムとレッスンであなたを満足させてくれることでしょう。

 

他のプログラミングスクールもチェックしてみる!




-プログラミングスクール

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.