プログラミングスクール

DIVE INTO CODEの特徴や評判・口コミ!感想や料金、転職はどうなのか?

更新日:

 

このページでは「未経験から稼げるエンジニア」を目標にプログラミングスクールを運営している、DIVE INTO CODEの特徴や評判・口コミなどをまとめました。

「IT業界に興味がある」「プログラミングを勉強して次のキャリアに活かしたい」「DIVE INTO CODEが気になる」という方は是非参考にしてほしいと思います。

 

DIVE INTO CODEの特徴

DIVE INTO CODEは人材紹介会社と業務提携を行っているのが特徴の通学型プログラミングスクールで、教室は渋谷にあります。(渋谷に頻繁に通えない人はオンライン申請をすることも可能)

オンライン学習サービスDIVER

DIVE INTO CODEではオンライン学習サービスDIVERで学習を行います。コースには

  • 即戦力コース
  • エキスパートAIコース
  • DIC Railsチュートリアルコース

の3種類があります。

HTML/CSS、JavaScripit/JQuery、Ruby/Ruby on Rails、SQLなどなど実務で使えるエンジニアになるための言語を学ぶことができるコースもあれば、最新のAIについて学ぶコースあmで様々な用意があります。

 

DIVERでは課題を突破していくことで、開発現場にて即戦力人材となる準備が整っています。また過去の受講生の学習進捗や授業での反応を、モニタリングし、最短経路で成長するために必要な学習プロセスも設計しています。

学習での手厚いサポートがある

またDIVE INTO CODEでは講師に何度でも質問することが可能になっています。現役エンジニアからの授業や書いたソースコードに対してのレビューなど、手厚い学習サポートを受けることができます。

スタートラインに立てる勉強会&チーム開発

DIVE INTO CODEでは卒業後、エンジニアとして実務を遂行するところに比重を置いています。実務では一人で開発を行うということはほぼなく、他のエンジニアと協力することが必須です。

そのため授業の中に同期とのディスカッションをすることでアウトプットを行うだけでなくコミュニケーション力を培う機会を設けたり、チーム開発を通じてより実践に近い開発を行うことを可能にしています。

DEMODAY

自ら開発したアプリケーションを発表します。受講生・卒業生はもちろん、外部の投資家・ CTOの方も参加し直接レビューを受ける機会があります。

この機会を通じて「あなたのことが欲しい」という人も出てくれば、そのサービスに投資したいという人が見つかるかもしれません。

卒業後のサポートがしっかりしている

在学中にサポートがしっかりしているプログラミングスクールはいくらでもありますが、卒業後に半永久的にサポートがあるのはDIVE INTO CODEくらいではないでしょうか?

卒業後も半永久的に実務案件を紹介しています。また模擬案件を行うことでエンジニア・プログラマとしてのレベルアップをする機会があります。

DIVE INTO CODEの転職制度

DIVE INTO CODEではリクルーティングパートナー企業と連携をし、就業支援を行っています。

レバレジーズと業務提携

DIVE INTO CODEはIT人材紹介の大手であるレバレジーズ社と業務提携を行っています。

レバレジーズが運営している「レバテックキャリア」では女優の杏さんをイメージキャラクターに起用していて、IT/Web業界の転職案件を豊富にそろえています。

またレバレジーズでは「レバテックフリーランス」というフリーランス向けの案件紹介事業も行っています。

転職・フリーランス、ともに充実した案件を保有しているレバレジーズの全面的サポートの元、DIVE INTO CODE受講生は転職活動を行うことができます。

豊富な就職・転職サポート

DIVE INTO CODEでは卒業後、多くのリクルーティングパートナー企業の就業説明会やキャリアアドバイザーによる相談会、職務経歴書のレビューなどの サポートを受けることができます。

またDIVE INTO CODEで作成したオリジナルのアプリケーションやサービスをポートフォリオとして就職・転職活動で活用することもできます。

実務経験の機会を得ることもできる

ITの就職や転職ではそれまでの学歴を見られることは決してありませんが、スキルや過去の実務経験を見られることはあります。

未経験でIT業界の就職となると当然実務経験がないのがネックになりますが、そういう人のために卒業生による開発サービス「SECONDTEAM」で実務経験を得る機会もご用意しています。

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEの料金は以下のようになっています。

料金 学習内容 内容
即戦力コース 298,000円(6ヶ月) HTML/CSS、JavaScrpit/JQuery、Ruby/Ruby on Rails、Git/Github、SQL、Heroku Webアプリケーション開発を学び、エンジニアとして中途採用されるレベルを目指します。
エキスパートAIコース 998,000円(3カ月) AI基礎、最先端AI、エンジニアスキル、アプリケーション開発 最新のAI(機械学習・深層学習)を学び、エンジニアとして中途正社員採用されるレベルを目指します。
DIC Railsチュートリアルコース 198,000円(2ヶ月) 解説動画や質疑応答を通じて、最近注目されているRuby on Railsを学ぶコースです。 Railsチュートリアルの内容を学び、教えるプロの質疑応答することができます。

AIコースも魅力的なのですが、値段が高くやはり実用的なのは即戦力コースという印象を受けます。友人と一緒に受講する場合は278,000円で利用可能、また6回の分割支払いにも対応しているため、まとまったお金を一度に出せない人も安心です。

「スクール自体はもっと安いところがあるだろう」という気持ちもあるのですが、下手に安いところだとただビデオを見るだけで終わって実用的なスキルが身に付かなかったり、就職・転職に全く役立たないということもあり得ます。

その点DIVE INTO CODEでは、グループワークやチーム開発、質疑応答などで実践的に役立つプログラミングスキルが身に付きますし、IT転職・人材紹介の大手レバレジーズと業務提携をしているため安心です。

DIVE INTO CODEの評判・口コミ・感想

DIVE INTO CODEの評判や口コミ、感想は公式サイトから見ることができます。そのいくつかを抜粋したのでご紹介します。

DIVE INTO CODEを選んだ決め手

DICに決めた理由は2つです。1つは「チームで作るカリキュラムがある」という謳い文句。もう1つは実務経験が積めるという部分でした。

他にも、DICのWebサイトを見たときに、無駄がなくて作りがよかったというポイントも高かったです。

スクールにありがちな、派手なキャンペーンで目を引くわけではなく、誠実で実利を大事にしていそうな印象を持ちました。またページの作りが「外注せずに自分たちで作っていそう」で、プログラムができる人が作っていそうな印象でした。

確かにどこのスクールでも学ぶことはできると思いますが、それらを鑑みてここなら信用できそうだと思い、入校を決めました。

DIVE INTO CODEはネット検索で見つけて、説明会やセミナーに参加しました。そこで野呂さんの話を聞いて、ここならプログラミング以外にも得られるものがありそうだと、直感的に感じました。

1カ月ほど他校のプログラミングスクールに通ってみたのですがあまり実務的なことを学ぶことができなかったんですね。

このままではダメだと改めて学び場所の情報を集めていた中で、DIVE INTO CODEスタッフのブログを知り無料説明会に参加しました。

その際に教室の様子を拝見させていただいて、以前通っていたスクールにはない受講生同士のつながりや、メンターの方との関係性に感銘を受けたのがDIVE INTO CODEに入校する決め手となりました。

卒業してみて感じること

個人的にはもっと時間をかけたいと思うことが多かったので、仕事を辞めてDICへ入校するということも選択肢の一つだったかなと思います。それだけの価値がありますし、カリキュラムをこなして環境を活かせれば、就職、フリーランスの道も切り開けます。

ちゃんとやればやるほど身につく環境なので、時間を上手く捻出してDICをフル活用することをオススメします。

プログラミングを始めたいけど、どうすればいいのかわからなくて困っている人。プログラミングを学んでも、その先に迷っている人。私もそうでした。でも、テキストを通じて学習していく中、こんなことができるかも、ということがわかっていきます。また、同期と交流していく中で、様々な可能性を見つけることができます。

私は異分野から何もわからない状態でプログラミングの世界に飛び込みましたが、DIVE INTO CODEで自分の可能性が広がりました。迷っている方がいたら、ぜひチャレンジしてみてください!

その他評判・口コミや感想

公式サイト以外のSNSやブログ、掲示板の書き込み等を抜粋しました。

DIVE INTO CODEのアプリ開発は大変だけど良い経験になる

DIVE INTO CODE主主宰のアプリコンクール「DEMODAY」、やはりオリジナルアプリを人前で発表するように作るのは大変で、自分で実装するということはテキストにも乗ってない事なので難易度が高いことです。

ですが期間に間に合わせてどのように実装するのかを判断するのは、実務の現場で役立つ良い経験になるはずです。

また分からない時には講師(メンター)に気軽に相談したり、同じ仲間同士で話し合う機会もあるため、挫折にすることなく続けられる人が多いです。

メンターは接しやすくサポートも的確

DIVE INTO CODEの評判を見ていると講師であるメンターの存在が非常に大きいことが挙げられています。エラーが発生したらメンターがしっかりサポートしてくれます。また今後自分が現場に入った時のために自分で乗り越えるために必要なことも教えてくれます。

そしてメンターは決してお高く止まっているという感じではなく、他のスクール生と同じくらいフランクに接してくださるのも、DIVE INTO CODEの魅力の1つであるようです。

DIVE INTO CODEでは無料説明会を実施中

DIVE INTO CODEは就職・転職のサポートをしてくれつつ、実務の現場で必要なチームワークやコミュニケーションスキルを学べる、エンジニアキャリアを考えるときに役立つプログラミングスクールの1つです。

少しでも「IT業界に興味がある」「プログラミングを学んでみたい」「今の業界に限界があってキャリアプランを考えたい」というのであればDIVE INTO CODEの無料説明会を通じて、考える機会を設けてみてはいかがでしょうか?

DIVE INTO CODEの校舎は渋谷ですが、「説明会のためだけに渋谷に行くのはメンドクサイ」という人は、Skypeのオンライン説明会も利用可能です。

 

詳しくは公式サイトからチェック、申し込みができます。↓

 

他のプログラミングスクールもチェックしてみる!




-プログラミングスクール

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.