転職ノウハウ 転職活動の事前知識

ネットワークエンジニアはやめとけ?実はシステムエンジニアよりおすすめという話!

投稿日:

時々他業種からIT業界に転職したいという話を耳にすることがあるのですが、その際に「ネットワークエンジニアはやめとけ」みたいな話を耳にします。

  • システムエンジニアやプログラマーみたいにプログラミングをしない
  • やっている業務が地味

というのが挙げられてくる理由です。

ですが実はネットワークエンジニアは、下手にシステムエンジニアやプログラマーとして働くよりも可能性がある仕事なのはご存知でしょうか?

本記事ではネットワークエンジニアの仕事内容やメリットなどを紹介したいと思います。他業種からIT企業に転職したい人、システムエンジニアやプログラマーからのキャリア変更に興味がある人は是非チェックしてみてください。

ネットワークエンジニアとは?仕事内容は?

ネットワークエンジニアとは名前の通り、「コンピューターネットワークのシステム構築や保守管理などを行う技術者」のことです。ネットワークエンジニアの仕事内容は、大きく分けると「設計」「構築」「運用・監視」に分類できます。

簡単に言えば、業務システムやユーザー向けのウェブサービスなどのネットワーク部分を担う仕事、と言うことになります。

設計

設計ではお客さんとのヒアリングやプロジェクトの目的に沿ってセキュリティやOSをどうするか、どのようなサーバーを使用するかなどを決めます。経験や知識はもちろんのことヒアリング力や提案力などをも必要になります。

構築

設計フェーズで定義された設計書を元に回線設置などネットワーク構築を行います。最新の製品や技術の動向、ケーブリングや機器の設置に関する知識が必要になります。

運用・保守

ネットワークの構築が完了したら終わりというわけではありません。ネットワーク構築後の維持管理というのが必要で運用・保守フェーズではそのことを行います。

基本的には特別忙しいということはないのですが、一度障害が発生したら最優先で業務に取り掛からなければなりません。

ネットワークエンジニアとして働くことになれば、まずは運用・保守を任されることが多いでしょう。とは言ってもネットワークの基礎知識や全体を見渡す幅広い視野が必要になるので、決して難易度が低い業務というワケではありません。

ネットワークエンジニアのメリット

ネットワークがちゃんと接続された時の達成感

ネットワークエンジニアエンジニアのやりがいと言えば、自分が設計や構築に携わったモノがちゃんと接続できたときでしょう。とくに大規模または複雑な構築なネットワークがキチンと正常に到達ししたときは何ものにも代えがたいやりがいがあります。

ユーザーからしたら「あ、繋がってる」くらいの感覚かもしれませんが、ネットワークエンジニアにとってはユーザーに当たり前に繋がる環境を提供することが喜びであります。

ネットワーク機器に触る機会がある

業務の一環でルーターやスイッチなどのネットワーク機器に触れる機会があります。男子であれば誰しもが電子機器イジリは楽しいはずです。

検証を実施するフェーズを担当するのであれば、実験と称して実機をイジリ倒すチャンスもあり、実験や機械が好きな人にはたまりません。

英語能力が向上

ネットワークは日本国内だけでのものでなく世界中に通じています。

海外向けのサービスを行っているのであれば、海外からのエラー対応しなければなりません。また最近は運用保守を外国へアウトソージングすることもあります。そういった時にやりとりする言語は英語です。

もちろん最初から英語が出来る事に越したことはありませんが、なくても翻訳機能や英語が得意な先輩を駆使しながら英語を磨くチャンスがあります。ネットワーク技術だけではなく語学力を磨きグローバル人材になるチャンスもあります。

未経験から就職のチャンスがある

IT業界は常に人手不足と言われています。その中でも特にネットワークエンジニアの担い手は少ないと言われています。

一方インターネットまたはネットワークインフラは現代社会において常に生命線になっており、ネットワークエンジニアとしての仕事は今後もなくなることはありません。むしろ今後のネットワークの膨張に伴って仕事は増えていきます。

  • 今まで正社員として就業したことなかった
  • 手に職をつけた仕事に就きたい

という人にはネットワークエンジニアはおすすめのキャリアの1つです。

大手企業や官公庁などへの転職チャンスもある

またネットワークエンジニアには上記で触れた通り、ただでさえ人材不足のIT業界の中でもさらに担い手が少ないジャンルになります。そのため一度就業して経験やスキルを身に付けた後のキャリアプランが豊富に用意されています。

新しいネットサービスの開発、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消などなど、常に新たな仕事が生まれています。他のキャリアでは就けない大手企業や公務員などへの転職チャンスも用意されています。

ネットワークエンジニアのデメリット

シフト制や土日業務が多い

平日や休日など人が利用する時間にネットワークが止まるとユーザーが利用することができず損失に繋がります。そのため新規機器導入や機器リプレースなどの作業は土日に行わなければなりません。

また無事構築が完了したネットワークインフラはトラブルが起きないように運用・保守を行わないといけません。基本的には24時間365日のシフト制業務で時によっては夜勤の業務も必要になります。

土日を絶対に休みにすることができないというのはワークライフバランスを考える人にとってはマイナスになるかもしれません。

障害があれば急な呼び出しがある可能性アリ

責任者クラスになると、障害が生じた際にすべての業務を投げ出し復旧に努めなければなりません。

また仮に帰宅していても、現場にいるネットワークエンジニアが対応できないレベルの障害であれば、急に呼び出されて対応をしないといけないケースもあります。(その分休日手当や代休はありますが・・・)

頻度はそんなに多くはありませんが、年に何回かの呼び出しはあります。

まとめ

ネットワークエンジニアは案件によってはライフワークバランスが良くないものもあります。ですが未経験から手に職を付けてやがては大手企業や公務員の専門職を目指したいという人には比較的成り上がりやすい業界の1つです。

今後もますますIT分野は発達し、その上でインターネットは欠かせないコンテンツになります。少なくともネットワークエンジニアは「やめてけ」という仕事ではありません。

ITエンジニアからネットワークエンジニアに転職するのであればレバテック

キャリアの相談や転職先の案内などは、様々なところで実施していますが、私のおすすめはITやWeb業界の転職に特化した「レバテックキャリア」です。

これまでに78,000人以上が登録をしていて、求人数が4,000件以上もあるIT特化転職の最大手で、利用してみた特徴は以下↓の通り。

強み①:キャリアアドバイザー全員がITに詳しい

リクルートやその他の転職サービスでもキャリアの相談をしていたのですが、正直腑に落ちない内容だったことも多々ありました。というのもその人たちはエンジニアとして働いていたわけでもなければプログラミングなどにも触れたことがない人たちだからです。

一方でレバテックキャリアのキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちは、元SEやプログラマーなどのIT人材、最低でも全員がプログラミングができるレベルの人たちです。

そのため他の転職支援サービスの人たちと違って、「まるでエンジニアと話しているかと思った」というレベルでのコンサルティングを受けれました。

強み②:ちゃんとしたキャリアプランを提供してくれる

キャリアアドバイザーがITスキルがある場合の最大のメリットは、「自分が何をすればそのような3年後、5年後、10年後などの未来の目標に近づけるか」を把握しているというところです。

他所の会社でもキャリアアドバイスを受けたのですが、そこでは「とにかく現状を変えるなら転職しかありません」みたいな案内をすることも少なくありませんでした。

ところがレバテックキャリアでは全員がかなりITに精通しているので、キャリアプランを描くのも上手く適切なキャリアアドバイスをしてくれます。

場合によっては「今すぐ転職しない方がいい」とその人のことを思って追い返す場合もあります。

「とりあえず転職しましょう」みたいな適当な提案ではなく、利用者がどのようになりたいのかを適切に提案してくれるのがレバテックの強みです。

強み③:質の高いマッチング

レバテックキャリアでは

  • 年間3,000回の企業訪問
  • 転職した人からのリアルなき情報をヒアリング
  • 業界や最新技術をコンサルタントが常に勉強

により様々な角度から情報を収集しています。

現場プロジェクトマネージャーや転職先SEなどと常にコミュニケーションをとることで、開発現場でどんな人材が欲しいかのニーズをしっかり洗い出し、転職希望者と企業のミスマッチが起きないようにしています。

弱み:対応地域が限られている(関東・関西・九州)

満足度が非常に高いレバテックキャリアですが、正直弱いなと思う点もあります。対応地域が関東・関西・九州のみということもあって、対応案件の数の少なさやキャリアカウンセリングを受けれる人が限定されてしまいます。

その分、カウンセラーだけでなく案件の質でカバーしていて、非公開求人には驚くような有名企業があったり、有名ではないにしろ待遇が良い企業が多いです。

 

年収が300万円上がったということも決して少なくありません。ちなみに私も社会人2年目途中くらいのキャリアしかないのに50万円もUPしました。

キャリア相談は簡単にできます

相談から転職支援まですべて無料で受けることができます。(彼らの運営費は転職先の企業から頂いているため)

また、相談に行きたくても「メンドクサイ」と感じる人も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

  • 相談の申し込み登録は1分で完了します
  • スーツじゃなくてラフな格好で来社OK
  • 履歴書の書き方が分からないのであればコンサルタントが対応
  • 相談時間は1時間ほどで、キャリアカウンセラーと一緒に今後の方向性を考え、人生を見つめ直してくれる

キャリアカウンセラーは決して怖いものではなく、知人に会いに行くぐらいのフラットな気持ちで申し込んで問題ありません。

またかつての私もそうだったのですが、「職歴があんまりないと相談にのってもらえないんじゃないか?」と不安を抱えている人も少なくないでしょう。さすがに社会人1ヶ月目とかだとキビしいですが、半年以上の業務経験があれば相談に乗ってくれます。

「今の環境がキツイ」「今後のキャリアプランを考えたい」というあなたは一度相談しに行くべきです。

※申し込み後、キャリアコンサルタントから折り返しの電話(またはメール)での予約確認があります。知らない番号から電話が来ても身構えないでください。

関連記事レバテックキャリアの評判・口コミ!実際に利用してみた感想も紹介!
レバテックキャリアの評判・口コミ!実際に利用してみた感想も紹介!

「レバテックキャリア」はIT専門なのが特徴的な転職エージェントサービスです。また運営元のレバレジーズ株式会社では他にも「レバテックフリーランス」というフリーランスエンジニア向けの案件仲介サービスも行っ ...

続きを見る

30歳以下で未経験ならProEngineerがオススメ

ProEngineerは未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料プログラミングスクールです。

30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問いません。

※ただし1都3県が対象になります。(東京・千葉・さいたま・神奈川)

 

要望にあわせて1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を経たのち、就職活動までサポートします。

ITエンジニアの就職一筋で10年以上の実績があり、現在保有求人数は3500件、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、マンツーマンで就活をサポート。

結果として、『就職率は96.2%』を誇っています。有名企業、上場企業にも入った方も多数。

  • モノ作りやインターネットが好きな人
  • 正社員就職をしたいけど上手くいかなかった人
  • 手に職をつけて安定的に働きたい人
  • 将来的にフリーランスとして働きたい人
  • 話すのが苦手なので、営業や接客以外の仕事をしたい人

などに向けたカリキュラムです。

 

プログラミングを無料で学びつつ、優良企業に就業することが可能です。

 

ただし利用できるのが東京・千葉・埼玉を対象にしています。

 




-転職ノウハウ, 転職活動の事前知識

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2019 AllRights Reserved.