転職について

SIerの将来性に将来性はない!エンジニアのキャリアを予想!

投稿日:

Webサービスや業務システム、などありとあらゆるものが効率化の名のもとにIT化しています。また今後は家庭用の電化製品などもデジタル管理される流れなので、ますますIT業界の需要は高まると思っています。

「当然ながらSIer(システムインテグレーション)企業も、好景気がきたいできるではないだろうか?」と考える人も多いと思います。

【SIerとは】

SIerとは、システムインテグレーション(SI)を行う業者のことである。SIに「~する人」という接尾辞「-er」を付けてできた造語である。

システムインテグレーションとは、システムを構築する際に、ユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務をすべて請け負うことである。これらを行う業者がSIerである。

SEとも似ているが、SIerは、コンサルティングを中心とした業務がメインであるのに対し、SEは、技術を中心とした業務がメインである。

ただ、その一方で「SIerで働いているとスキルが身に付かない」という現場の声から、そもそも「SIerがオワコンで将来がない」という意見も耳にします。

本記事では、SIer業界のネガティブな側面の話から、エンジニアはどういうキャリアを築くべきなのか?、についてお話します。

SIerの仕事内容とは

冒頭でも触れた通り、SIer企業の主な仕事はユーザーの課題を解決するようなシステムの提案から開発までの着手です。

1980年代後半に発足した事業

システムインテグレーターという職業が世の中で確立され始めたのは1980年代後半だそうです。システムインテグレーターが登場する以前は自社の情報システム部門がシステム開発を行っていましたが、SIer企業の誕生により外注化が可能になりました。

その結果、1990年代ではシステム開発のアウトソース化の波が起きて、顧客企業は開発を丸投げするようになりました。

SIerの仕事内容

歴史の流れから、自社で開発するにはコストがかかるシステム開発を外部で行ってくれるのがSIerだというのは伝わったと思います。

一部自社のパッケージングソフトを販売(またはクライアントに合うようにカスタマイズ)するSIer企業もいますが、SIerの大半が企業から依頼を受けて、その企業に常駐して開発します。そしてシステム導入後は保守・運用をして品質を担保します。

IT企業だから開発やプログラミングがメインかというとそういうことはなく、

  • クライアントとシステムに必要な要件を模索する
  • 決裁権を持っている上司にプレゼンする資料を作成する
  • 定例会議に必要な資料を作成する
  • 外部から参画してもらうエンジニアの調整を行う
  • 開発の工程をエクセルで管理する

など、ITと程遠い仕事もたくさんしなければなりません。(俗に言う上流工程)

実際の作業は多重下請け構造

ほとんどの大手SIerはクライアントから依頼を頂いて、上流工程のみを担当し、実際の開発作業はよその中小企業に丸投げをする。ゼネコンなどでも言われている「多重下請け構造」という形になっています。

正直な話、非IT企業の人からしてみてみれば誰が開発を行ったかよりも、大手ならば大丈夫だろうという漠然とした安心感があります。そのためクライアントの中にはIBMや日立などの大手SIerが最初から最後まで開発を行っていると思う人もいます。

また下請け企業としても、スキルがあろうがなかろうが現場は人を必要とするので、「ちょっと勉強してもらって現場に送り出す」みたいなことをやる会社が増えています。下請け企業側も人を派遣すればいいだけなのでローコストビジネスの恩恵を受けているというワケです。

SIerは今後崩壊するビジネスモデル

ITに詳しくない会社のためにシステム導入を行う、というのはソリューション(解決策)提案としては真っ当です。しかし、とりあえず仕事を引き受けて後は下請けに丸投げするというスタンスだけでは今後の発展はないと思っています。

今後この、大手がとりあえず仕事を請け負って下請けに流す、という仕組みは機能しなくなると言われていますし、私もそのように感じます。では次にSIerが崩壊する理由について考察したのでまとめました。

顧客側が賢くなってきた

これだけ世間で「多重下請け構造」なんて言われていたら、さすがに企業側も「大手がから安心っていうワケではない」というのも感じているはずです。最近は訴訟などの事例から大手SIer(ITベンダー)に対する不信感が強まっています。(参考:日経コンピュータ

最近は中小企業やベンチャー企業の方が優秀なエンジニアを抱えていて、提案~開発まで自社でスムーズに指揮を取れることもあって、あえて大手に依頼しないクライアントも増えてきています。

クラウドサービスの台頭

ITに関するクライアント側の変化としては、「自社で作り込む」という考えから「よそのサービスを利用する」という方向に変化しつつもあります。

例えば、自社のサイトや社内システムを管理しているサーバーについて、昔は自分の会社に自前のサーバーを用意してセキュリティ対策や物理的な冷却処理を実施していました。

ところが近年はAmazonのAWSやクラウドサーバーが徐々に認められてきています。専門のエンジニアと環境で管理してもらえるため、下手に自社でサーバーを運用するよりも、低コストで安全で高品質を維持できます。

他にもサイボウズと言う会社からは、様々な業務用システムを月額レンタルという形で利用できます。それ以外にも必要なシステムをクラウド上で利用できるため、わざわざSIerに高いお金を払って1からシステム開発をお願いしなくても済みつつあります。

現代はシステムに限らず、物を買わず既存の製品やサービスを月額でレンタルするという「サブスクリプションサービス」や、企業や個人が余ったリソースを借りる「シェアリングエコノミー」が主流になりつつあります。

高価なものを購入するという流れがオワコン化しつつある昨今の事情は、SIerにも影響するのではないでしょうか?

エンジニア側がSIerに嫌悪感を抱いている

上流工程側は「膨大な資料作り」「作業範囲だけのコーディング」など、つまらない単調作業に不満や将来の不安を抱いている若者は多いです。

一方下流工程側も多重下請けで、安い給料、元請・1次受け・2次受けといろいろな人の顔色をうかがいながら、開発作業をするのに嫌気がさしています。

両者ともやりがいやスキルアップ、待遇を求めて、Web系の企業や非IT企業の社内SEへの転職、フリーランスにシフトチェンジする、などの流れが増えています。

とは言ってもSIerが完全に無くなることはない

SIerの本来の仕事であるシステムエンジニアリング自体は無くなりません。

AI、IoT、ブロックチェーンと有益で面白い技術がここ数年で実用化されていくと思います。むしろSE需要はさらに高くなることは間違いなしです。

ただし、未経験でもとにかく採用して現場に送り込むような下請けIT企業や、とりあえず大量にエンジニアをプロジェクトに参画させるようなSIerは上述の通り厳しくなると思います。

下請けで雑務しかしていないシステムエンジニアはいらない

下請けSIerは今後ますますキツくなるでしょう。今後はクラウドサービスで手軽にITサービスを利用できるようになりますし、1から開発が必要な案件でもハイクオリティな開発をワンストップで行えるような企業でないと生き残れません。

そうなってくると、現場に呼ばれてプログラミングすらしていない雑務しかできないエンジニアの居場所はドンドン無くります。安い単価の仕事も受けざるを得なくり、環境もどんどん悪くなっていきます。

資料作成だけのSIerエンジニアも必要ない

「じゃあ自分はSIerで働いているから関係ないか」と言われればそれも間違いです。今後はたとえ上流工程を行うエンジニアでも、ただ社内用資料を作成し、エクセルで進捗管理をしている資料エンジニアも同様にお払い箱になってしまいます。

今後活躍するエンジニアはどういう人材なのか?

では、今後のどのようなエンジニアが必要なのかという話ですが、私は以下の3つのパターンがあると感じています。

圧倒的なITスキルがある人材

誰でも分かることではあると思いますが、圧倒的スキルがあれば間違いなく食いッパグレません。エラーがでない皆が見やすいソースコードを迅速に書けるのであれば、どこでも活躍することができます。

それだけ圧倒的なスキルがあれば、クビになることがなければ、フリーランスとしてもかなりの待遇で案件を用意されるはずです。

マネジメントスキルがある人材

とは言っても圧倒的にスキルがあるエンジニアというのはなろうと思っても難しいところです。プログラミングなどに限らず世の中には1つの分野には上がたくさんいます。

では、スキルが足りない人の生存戦略はどうしたらいいの?となったときに、まず1つ提案できるのはマネジメントスキルの高さです。

やはりどのIT企業でもプレイヤーは足りていてもマネージャー(管理者)が足りないことが多いです。マネジメントスキルがある少数派のIT人材になれば食いッパグレはしないでしょう。

ただし、上述でもお話した通りただエクセルの進捗管理や資料作成ができれば良いというワケではありません。

ここでいうマネジメントスキルというのは、チームの生産性を上げ、クライアントにコミットできる成果物を納品することができる、という本質的な話になります。

複合的なスキルを身に付ける

ただマネジメントスキルというのも、現場の末端で作業する大多数のエンジニアには身に付けにくいスキルです。そこでもう1つおすすめするのが沢山のスキルを持つ人間になることです。

私もプログラミングスキルはものすごく低い自負がありますし、プロジェクトマネージャーも経験したことがありません。それでもフリーランスのIT屋さんとして活動で来ているのは、複数のスキルを積み重ねて”オンリーワン”を目指しているからです。

【私の場合】

私の場合は、多少のITスキルに、セールスエンジニアを経験した営業スキル、そして自身でオウンドメディアを持つことをはじめとしたWebマーケティングのスキル、PhotoShopなどを用いたデザインスキル、さらに英検2級とTOEIC700点の英語能力、これらを組み合わせています。

1個1個は専門職の人からしたら全然強みではないレベルではありますが、広い範囲の知識や能力を持つ人「ゼネラリスト」として、仕事を頂いています。

ここまでいろいろ手を広げる必要はありませんが、複合的なスキルを身に付け、それを効果的にアピールすることができれば、仕事の幅は広がることが間違いなしです。オンリーワンであるゼネラリストを目指すというのも生存戦略の1つです。

SIerの将来が不安なら転職エージェントに相談しよう!

大したスキルを持たないエンジニアはあっという間に仕事がなくなってしまいます。業界では「35歳定年説」と言われています。なんてモヤモヤした気持ちを抱えながら今後5年〜10年やっていくとあっという間に元に戻らなくなってしまいます。

もし、SIerの将来性を気にしてこの記事にたどり着いたのであれば、自分の中の基地もを信じ行動するしかありません。

とはいえ「自分は何がしたいんだ?」なんて自分探しに入ったら負けです。なぜならやりたいことなんて「やってみないと分からない」し、自分の主観で行動を起こすと上手くいかない確率の方が高いからです。

 

そこで、おすすめするのが転職エージェントへの相談。私も新卒で入った下請け企業でSIerにコキ使われていた時に転職エージェントに相談に行きました。

キャリアプランを深堀したのちに「自分は、独立したいんだ」ということを見出し、その後独立ができるスキルが身に付く環境に転職のサポートをしてもらい入社。今はなんとか独立しフリーランスとして3年目を迎えています。

相談した結果、「今は転職するタイミングではない」となったら無理に転職を勧めてくることはありませんし、すべてのサービスを無料で利用することができます。ぜひ情報収集や未来への不安を解消する目的で転職エージェントに相談に行ってほしいと思います。

私のおすすめはレバテックキャリア

キャリアの相談や転職先の案内などは、様々なところで実施していますが、私のおすすめはITやWeb業界の転職に特化した「レバテックキャリア」です。

これまでに78,000人以上が登録をしていて、求人数が4,000件以上もあるIT特化転職の最大手で、利用してみた特徴は以下↓の通り。

強み①:キャリアアドバイザー全員がITに詳しい

リクルートやその他の転職サービスでもキャリアの相談をしていたのですが、正直腑に落ちない内容だったことも多々ありました。というのもその人たちはエンジニアとして働いていたわけでもなければプログラミングなどにも触れたことがない人たちだからです。

一方でレバテックキャリアのキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちは、元SEやプログラマーなどのIT人材、最低でも全員がプログラミングができるレベルの人たちです。

そのため他の転職支援サービスの人たちと違って、「まるでエンジニアと話しているかと思った」というレベルでのコンサルティングを受けれました。

強み②:ちゃんとしたキャリアプランを提供してくれる

キャリアアドバイザーがITスキルがある場合の最大のメリットは、「自分が何をすればそのような3年後、5年後、10年後などの未来の目標に近づけるか」を把握しているというところです。

他所の会社でもキャリアアドバイスを受けたのですが、そこでは「とにかく現状を変えるなら転職しかありません」みたいな案内をすることも少なくありませんでした。

ところがレバテックキャリアでは全員がかなりITに精通しているので、キャリアプランを描くのも上手く適切なキャリアアドバイスをしてくれます。

場合によっては「今すぐ転職しない方がいい」とその人のことを思って追い返す場合もあります。

 

ちなみに私の場合は、「体力的にも精神的にもキツイのでずっと客先常駐はイヤだ!」「いずれは独立したい」という要望を伝えました。その結果2つの提案を受けることに・・・・

1つは「嫌々にはなるけど、実績が足りないので別のもっと条件やスキルが身に付くところで常駐して、その数年後Webエンジニアとして再度転職をする」、2つ目は「スタートアップ的なところで、激務になるけど短期間で様々なスキルを身に付けて、そこから独立する」という提案をされました。

結果として私は、2つ目の選択肢を選び、ITスキルだけでなく営業やメディア運営など多方面に学ばせて頂き、社会人4年目のタイミングで独立してフリーランスとして活動することができました。

「とりあえず転職しましょう」みたいな適当な提案ではなく、利用者がどのようになりたいのかを適切に提案してくれるのがレバテックの強みです。

強み③:質の高いマッチング

レバテックキャリアでは

  • 年間3,000回の企業訪問
  • 転職した人からのリアルなき情報をヒアリング
  • 業界や最新技術をコンサルタントが常に勉強

により様々な角度から情報を収集しています。

現場プロジェクトマネージャーや転職先SEなどと常にコミュニケーションをとることで、開発現場でどんな人材が欲しいかのニーズをしっかり洗い出し、転職希望者と企業のミスマッチが起きないようにしています。

弱み:対応地域が限られている(関東・関西・九州)

満足度が非常に高いレバテックキャリアですが、正直弱いなと思う点もあります。対応地域が関東・関西・九州のみということもあって、対応案件の数の少なさやキャリアカウンセリングを受けれる人が限定されてしまいます。

その分、カウンセラーだけでなく案件の質でカバーしていて、非公開求人には驚くような有名企業があったり、有名ではないにしろ待遇が良い企業が多いです。

 

年収が300万円上がったということも決して少なくありません。ちなみに私も社会人2年目途中くらいのキャリアしかないのに50万円もUPしました。

キャリア相談は簡単にできます

相談から転職支援まですべて無料で受けることができます。(彼らの運営費は転職先の企業から頂いているため)

また、相談に行きたくても「メンドクサイ」と感じる人も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

  • 相談の申し込み登録は1分で完了します
  • スーツじゃなくてラフな格好で来社OK
  • 履歴書の書き方が分からないのであればコンサルタントが対応
  • 相談時間は1時間ほどで、キャリアカウンセラーと一緒に今後の方向性を考え、人生を見つめ直してくれる

キャリアカウンセラーは決して怖いものではなく、知人に会いに行くぐらいのフラットな気持ちで申し込んで問題ありません。

またかつての私もそうだったのですが、「職歴があんまりないと相談にのってもらえないんじゃないか?」と不安を抱えている人も少なくないでしょう。さすがに社会人1ヶ月目とかだとキビしいですが、半年以上の業務経験があれば相談に乗ってくれます。

「今の環境がキツイ」「今後のキャリアプランを考えたい」というあなたは一度相談しに行くべきです。

※申し込み後、キャリアコンサルタントから折り返しの電話(またはメール)での予約確認があります。知らない番号から電話が来ても身構えないでください。

関連記事レバテックキャリアの評判・口コミ!実際に利用してみた感想も紹介!
レバテックキャリアの悪い評判・口コミ!第2新卒は利用できない?

「レバテックキャリア」はIT専門なのが特徴的な転職エージェントサービスです。また運営元のレバレジーズ株式会社では他にも「レバテックフリーランス」というフリーランスエンジニア向けの案件仲介サービスも行っ ...

続きを見る




-転職について

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.