レバテックキャリア 転職について

レバテックキャリアの登録から面談までの流れを徹底解説!

投稿日:

システムエンジニアの転職の中では頭1つ抜けて人気なのが「レバテックキャリア」。

元システムエンジニアや、プログラミングや専門の研修を受けた人たちが、キャリアアドバイザーをしているため、しっかりした転職サポートを受けることができます。

本記事では、レバテックキャリアの登録から面談までの流れをまとめました。

レバテックキャリアとは

レバテックキャリアは、ITエンジニアとWebクリエイター専門の転職エージェントサービスです。 IT業界に特化した求人を4000件以上保有し、業界を熟知した専門性の高いキャリアアドバイザーが担当します。

IT人材専門の転職エージェントであるため、業界特有の専門用語への理解が深いです。入社後プログラミングなどの専門の勉強をしている人はもちろん、システムエンジニアからレバテックキャリアのキャリアコンサルタントに転身した人も多くいます。

業界以内の事や専門的な技術・用語・風習に精通しているため、エンジニア側も安心して転職することができます。

キャリアアドバイザーのIT業界に対する知識が深い

冒頭でもお話した通り、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは元システムエンジニアであったり、プログラミングの研修を受けています。また定期的な業界研修も行っています。

技術的な知識だけでなく常に最新のIT業界の動向にも熟知しています。転職希望者のスキルや経験を正確に理解して採用活動をサポートしてくれます。

徹底的な取材・調査を行っている

レバテックでは年間累計3000回以上、企業に足を運んで現場のプロジェクトマネージャーやメンバーと頻繁にヒアリングを実施しています。そのため、実際に目で見て確認した事を細かく利用者に伝えることに長けています。

また、レバテックでは職業紹介による転職支援以外にも業務委託や派遣事業行っているため、現在企業にいらっしゃる方から開発現場の情報収集を行うことにより、詳細な情報を得ることができます。

レバテックキャリアの登録から面談までのプロセス

登録方法から面談まで

まずレバテックキャリアのサイトにアスセスします。簡単な項目を入力し、画面にしたがって進めます。

登録が完了すると、確認メールが届きます。

「履歴書と職務経歴書を提出してください」とのことなので、登録時に提出していない場合は提出しましょう。

履歴書と職務経歴書がなくても登録はできる

正直、当日までに履歴書と職務経歴書を作らなくても面談はしてもらえます。ですが、最終的には作らないといけないので用意しておく方がスムーズです。

ゼロから雛形まで作る必要はなく、レバテックキャリアのサイトに雛形があるので、そこまで億劫になる必要はありません。

登録時に用意できなければ、登録完了後のメールに添付して返してください。3営業日以内にメールか電話で担当者から詳細な連絡があり、それをもって面談日程の確定となります。

面談当日の流れ

面談の流れもザックリとですが紹介します。登録時のメールにも細かい流れが書かれていますが補足と言うことで記載します。

服装は私服でOK

あくまでキャリアドバイザーとの面談であり、企業との面談ではありません。あなたの人となりや過去の経歴などを聞くだけなので服装はあまりにも奇抜ではない限り私服で問題ありません。

最寄りの支社へ向かいます

登録した住所に合わせた最寄りの支社が案内されるので、そちらに向かってください。

ちなみに私の場合は、本社の”渋谷ヒカリエ17F」でした。田園都市線・半蔵門線の渋谷機だと15番で口からヒカエリまで直結しているようですが、私はJR山手線だったため歩きました。

ヒカリエ17Fが本社なのですが、11Fで受付を行わなければなりません。早くついてしまったら11Fで椅子に座ってるもよし、外の景色をみてるのもよし。

受付で受付票の記入を行う

受付カウンターにて受付票を記入します。受付票に記入できたら、名刺2枚or写真つき本人確認証(運転免許証など)を受付票と一緒に受付カウンターに提出する必要があります。

今は知りませんが、以前はレバテックキャリアの事前メールにその旨のことが書かれていませんでした。

その後、受付の人からゲスト用カードを貰えるので、そちらを受け取りエレベータに乗り17Fに向かいます。

17F到着後は、レバテックキャリアのじむっほに向かい、部屋にあるタブレット端末を操作して、「レバテックキャリアカウンセリングの方はこちら」をタッチして氏名入力をします。

担当者が来るまでそのまま椅子に座って待機していればOKです。

面談開始

担当者に連れられ、部屋に案内されたら面談開始です。レバテックキャリアの面談は他の転職エージェントよりも長く90分近くあります。煩わしいかもしれませんがあなたの人となりを理解したり、今後の転職の方針をすり合わせるために親身になってくれていると思ってください。

転職活動の状況や、これまでの経験、今後のキャリアなどの話を行った後に、おすすめの転職先候補を渡されます。「これらの資料に目を通してみて興味のある企業があれば教えてください」と言われ、面談は終了しました。

面談終了後

面談が終わったらエレベーターまでお見送りされます。ゲートにてゲスト用カードを返却して、ビルから退出。今後はメールや電話を中心に転職のサポートをしてくれます。

またその後も、事務所に来社して「模擬面談」を受けることができます。

それ以外にも通常の企業の面接以外にも、「少し興味があるけど応募するかどうか迷っている」企業があれば、企業担当者とカジュアルに話せる「カジュアル面談」をセットしてもらえます。

積極的に使い倒していきましょう!

おわりに:転職エージェントは便利

レバテックキャリアはITに特化した転職エージェントでもかなり評判です。

私も最初は転職サイトに登録していたのですが、機械的に送られてくる連絡メールや求人案件を見て、「どれに申し込んだらいいか分からない」「面接でのサポートとかを受けたい」と思っているときに、転職エージェントに登録しました。

自分がどんなことに興味があって、企業を選ぶ上での優先順位などを一緒にブラッシュアップしてもらえますし、第三者のフラットな視点から自分に合っている求人を紹介してもらえます。

まだレバテックキャリアに登録していないエンジニアは、今すぐに登録しましょう!




-レバテックキャリア, 転職について

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.