ワークポート 転職について

ワークポートのeコンシェルを徹底解説!転職活動を便利にするツール!

投稿日:

2013年に設立された新進気鋭の転職エジェーンとであるワークポート。私が利用した時はエンジニアやデザイナーなどのIT専門の転職エージェントでした。

そこから急速に力を付けていき今やIT分野以外の転職も扱っていて50万人もの転職を支援しています。その勢いに一役買っているのが本記事で紹介する「eコンシェル」です。

ワークポートとは

ワークポートは、50万人以上が利用していて、年度ごとの「転職決定人数No.1」にも輝いたことがある転職エージェントです。今さらですがザックリとワークポートの特徴について紹介します。

50万人以上のきめ細かい対応

ワークポートの転職相談サービスは、専任の転職コンシェルジュがあなたの転職活動をサポートするサービスです。

求人のご紹介から面接対策、書類作成のアドバイスなど、あなたの転職活動が成功するためのお手伝いをいたします。費用はもちろん無料です。

随時15,000以上の案件を保有

15000以上の求人を保有しているワークポート、当然ながら大手IT企業の案件をたくさん保有しています。

  • 楽天
  • CAPCOM
  • コロプラ
  • DeNA
  • CyberAgent
  • Gunho

をはじめとした案件を有しています。

転職コンシェルジュの存在

通常、転職支援を行う人をエージェントなどと呼びますが、ワークポートではその人のことを「コンシェルジュ」と呼んでいます。

コンシェルジュと言えばホテル等の接客のお仕事で用いられる言葉で、

  • 航空券や観劇のチケットを手配
  • 道案内やレストランの紹介
  • 時には人探しや物探しなどあらゆる要望を承る

「究極のパーソナルサービス」を提供する人のことはご存知なはずです。転職エージェントにおいてもそのようなサービスを提供しようという姿勢からコンシェルジュと銘打っています。

  • 求職者ひとりひとりのスキルや職務経歴
  • 将来の展望までを考慮したOne to Oneなリコメンド
  • アドバイスを提供をする
  • 専任の転職コンシェルジュ

1つでも多くの可能性を追求できる専門性の高い支援サービスで、あなたの転職活動をフルサポートいたします。

転職活動中の進捗が一目でわかる!「eコンシェル」

転職活動をサポートしてくれるツールです。

  • ご自身の転職状態(応募状況や、選考状況など)を一括管理
  • オススメの求人情報がリアルタイムで更新
  • 非公開情報も全て閲覧可能
  • 働きながらの転職活動に便利な面談スケジュール管理もできる

と様々な用途に利用することができます。詳しく詳細の機能について紹介します。

面接スケジュール管理機能

「面接スケジュール表示」「選考中企業のニュースリリース表示」があります。

これにより面接スケジュールがひとめで分かり、面接企業の最新ニュースまで閲覧することができます。

応募求人管理機能

応募求人を管理することができます。どんなにたくさんの企業を並行で受けていても、選考状況をいっっぱつ把握することができます。

  • 紹介した求人の一覧
  • 応募した求人の選考状況の確認
  • 紹介した求人への応募・辞退の通知
  • 企業の公式WEBサイトへのリンク
  • 求人票の閲覧

求人レコメンド機能

  • 求人をブックマーク
  • 求人を検索
  • 気になった求人をお気に入り(レコメンド)

することにより最新求人のチェックや把握ができいます。また自動であなたに合う求人を知らせる紀伊能も用意。

その他

他にも、急な連絡をコンシェルジュと出来るメッセージの送受信機能や、スマホにも対応しているので移動中のやりとりもできるようになっています。

eコンシェルの利用者の声

口コミ
eコンシェルというワークポート独自のコミュニケーションツールで仕事の紹介を受け、応募する形になると説明を受けた。

実際に使ってみるとボタンひとつで応募で非常に便利なツールであり、仕事情報もどこよりも多いようであった。 しかし、1ヶ月くらい使い続けて便利さのためどんどん応募して企業を受けるようにしていました。

何より、eコンシェルを介すことで、まったく担当との連絡が少なくなったのはマイナスポイントですが、転職活動はどんどん進めることができるので非常に良いシステムです。

まとめ:よそにはない便利な機能

他所の転職エージェントではあまりい見られない独自の転職支援ツールがeコンシェルです。

eコンシェルを活用することによって、求人サイトを活用する上でのメリットとエージェントを活用する上でのメリット、どちらも得ることができます。

これを使うことによって担当者との意思疎通を効率化することもできます。とくに連絡のメールや電話がメンドクサイ人にとっては大きなプラスになります。

ぜひワークポートの公式サイトより、無料登録をしてeコンシェルを使ってみましょう!

その他ワークポート系の記事一覧

ワークポートの評判が悪い?2chやツイッターの口コミを徹底解説!

このページではITエンジニア向け転職エージェント「ワークポート」の評判や口コミ、利用方法などについてご説明します。 ワークポートはIT転職に強い転職エージェントの1つですが、2chやツイッターなどを見 ...

続きを見る

ワークポートはしつこい?対応の酷さを徹底調査!

IT・WEB業界に特に強いと評判の転職エージェントであるワークポート。転職実績が豊富!35万人の利用実績を誇っている大手転職エージェントです。 「DODA Valuable Award2017」にて「 ...

続きを見る




-ワークポート, 転職について

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.