ワークポート 転職について

ワークポートはしつこい?対応の酷さを徹底調査!

投稿日:

IT・WEB業界に特に強いと評判の転職エージェントであるワークポート。転職実績が豊富!35万人の利用実績を誇っている大手転職エージェントです。

  • 「DODA Valuable Award2017」にて「転職決定人数部門 第1位」を受賞
  • 「リクナビNEXTGOOD AGENT RANKING~2018年度上半期~」にて「転職決定人数部門 第1位」を受賞(6回連続)

という輝かしい実績はあるものの、2chやツイッターなどを見ていると「エージェントがしつこい」という声もかなり耳にします。実際にワークポートで検索しようとしても関連キーワードに”しつこい”と表示されるほどです。

本記事では、実績を残している注目の転職エージェントであるワークポートのしつこさについて調べました。

【悲報】しつこいというのは事実

結論からお話するとワークポートがしつこいと言うのは事実です。

  • 登録した後のメールの頻度が多い
  • 登録後のカウンセリング面談の催促が多い
  • 受けたくない求人でも進めてくる
  • 内定を貰ったら無理矢理入社しろと言われる

といろいろな部分でしつこいコンシェルジュ(他社ではエージェントという)も結構な数いるようです。

まあ彼らも仕事なのでガツガツ営業してくるのは仕方がないですが、以前私が利用していた頃よりもかなりしつこくなった印象は受けます。

ツイッター上のしつこい評判

その他ネット上のワークポートの評判

口コミ
求人内容で送られてくるの酷すぎだろって感じ。じっくり待つのではなく、完全に急かしまくられる
口コミ
ここって何十社も無差別に応募して、とりあえず受かった所にどこでもいいから放り込んで紹介料をもらうってやりかた?
口コミ
登録面談の時に「とにかく面接しまくるしかない」という事で30社以上の会社に応募されたけど、結果、入る気のない会社への面接がどんどん増えていくという現状。もうシカトしたい。
口コミ
内定が出たらしつこく、入社するように急かされた。一日以内に返事が欲しいと言われた。

ワークポートがしつこい理由

ワークポートは他の転職エージェントと比べても電話を掛けてくる回数や、意思決定などの催促が多いのは紛れもない事実です。一見すると悪いことなのですが、実はワークポートなりに一所懸命活動しているということでもあります。

ワークポートがしつこい理由をまとめました。

あなたのことを高く評価している

転職エージェントの仕事は、あなたを会社に入社させる以外にも、企業が求めている人材を見つけ出すことでもあります。

ワークポートのコンシェルジュが、あなたに何度も連絡を取り求人を勧めてくるのは、あなたのことを「企業のニーズを満たす人材」と評価しているからこそです。もし全く魅力がない人材であればあなたに連絡を取ったりしないはずです。

しつこく連絡を取っているのは、あなたに対する期待の裏返しと言っても良いでしょう。

ワークポートは提案件数の多さが強み

ワークポートは他の転職エージェント比較して、提案の数に力を入れています。よその転職エージェントでは1ヶ月に2~3案件しか紹介しないところも沢山ありますが、ワークポートは企業のニーズを満たせそうな人材であれば、おすすめの求人をたくさん紹介してくれます。

口コミの中には「質より量」なんて書かれていたりもしますが、紹介数が少なくては「選ぶ権利」も少なくなります。たくさん紹介しいてもらえるということはそれだけ良い出会いのチャンスがあるということです。

対応スピードが速過ぎる

ワークポートがしつこいと感じる理由の中の1つには、その迅速な対応が裏目に出ている可能性があります。手回しが速いため必然的に連絡の回数が増えているのが原因かもしれません。

サポート体制が整っているので、問い合わせに関する対応も大変スピーディーと評判です。急いでいる時には大変助かりますが、そうでない時にも素早く返事が行われることが多く「慌ただしい」印象を与えることがある様です。

しつこく感じてしまった時の対処法

ワークポートの連絡が多いのは、仕事がスピーディーなのとあなたへの期待の現れであることは間違いありませんが、中にはコンシェルジュの質が低い場合も考えられます。

というのもワークポートは転職市場では比較的新しい会社であるため、全員が経験豊富のベテランというワケではありません。中には質の低いコンシェルジュもいることは否めません。

コンシェルジュに自分の要望を伝える

ワークポートのコンシェルジュは全員が経験豊富なベテランというワケではなく、中には気が利かない自分勝手な人材もいます。そういったときはこちらからちゃんと提案や注意をしないといけません。

例えば、「仕事中にもしつこく電話してくる」「希望と違う案件ばかりが紹介される」などの事態に遭遇したら自分の意思をきちんと通す必要があります。

例えば前者であれば「今、紹介してもらっている求人には申し込む意思がない」、後者であれば「連絡は○○時以降にしてください」と伝えましょう。

担当者を変えてもらう

担当者がしつこく感じてしまったり、話し方の雰囲気などが気に食わない、というのであれば担当者変更希望を利用することをおすすめします。お互い人間なので、合う合わないの相性の問題は確実にあります。

直接伝えるのは難しいというのであれば、変更希望受付窓口」やワークポートの専用アプリ「eコンシェル」を使えば大きな負担無く担当の変更希望が出せます。

ワークポートのしつこい問題まとめ

実際ワークポートはしつこいというのは事実です。ただ、悪気があるというワケではなく、転職希望者を高く評価していて、対応件数の多さや対応速度の速さが裏目に出ている場合も多々あります。

ゆっくり転職活動をしたい人には正直向いていないと感じますが、1日でも早く転職をしたい人にはかなりおすすめ度が高い転職エージェントです。

公式サイトより30秒で無料登録ができ、その後はキャリアカウンセリングが出来るので興味がある方は申し込んでみてはいかがでしょう?




-ワークポート, 転職について

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.