エンジニアの不安・悩み

未経験からシステムエンジニアになるには?必要なこととは?

更新日:

  • 家族のためにも手に職をつけたい
  • 今の仕事に限界を感じる
  • 就職しないまましばらくフラフラしてたけどそろそろ就職したい

などなど、さまざま理由からシステムエンジニアに興味を持ち、実際に目指す人が増えています。

そこで今回は新たなキャリアとしてシステムエンジニアになるこにはどうしたらよいのかについてお話したいと思います。

 

システムエンジニアになることについて

僕はキャリアチェンジとしてシステムエンジニアを目指すことをオススメします。

理由としては、誰でも平等にチャンスがあるからです。

 

ほかの仕事の場合、元々出た学校や前職の経験などが非常に重視されますが、ITの場合、キャリアがない未経験の状態からも転職が可能で、履歴書に空白がある方でも結構な確率で受け入れてくれます。

 

またITの専門知識は別の会社に転職しても活かすことができるため潰しが利きます。しばらくの間は入社した会社で技術や経験を積んで大手に転職をする、フリーランスとして高単価のエンジニアとして活躍する、IT技術を用いて独立するなど、様々なキャリアプランを考えることができます。

 

本当に未経験からシステムエンジニアになれるの?

IT業界は未経験でも転職出来る、専門職としては珍しい職種になっています。

 

とは言っても

  • 未経験からでも本当になれるのか?
  • スキルはどれくらい必要なんだろう?
  • 具体的にどんな仕事なんだろう?

など様々な疑問があるかと思います。

 

確かにひと昔前ですとIT業界のハードルは高く、エンジニアの仕事をしている人は専門学校や大学の理工学部などで教育を受けていた人でした。

ですが今のIT業界は過去の経験がなくても、SEになることができます。

 

IT企業は人手が足りない

IT業界ではなぜ未経験の人をそんなに募集しているのか?

まずはそれを紐解きたいと思います。

 

IT業界全体としては2011年ごろから人手不足が深刻化しており、2016年の今もなお人材不足は続いています。

少し足りないというレベルではなく、数百万人レベルの規模で人がいません。

 

IT企業にアンケートをしても約8割以上の企業が人材不足であると回答しています。

今でも不足しがちなシステムエンジニアですが、経済産業省の統計によると2020年には50万人近くのエンジニアが足りなくなるという統計が出ています。(経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果より)

 

さらに、このIT企業の人手不足は今後も続くことでしょう。

そういった理由もあって、今企業は積極的にIT人材を探していて、そのために未経験でも欲しいという会社が増えています。

 

IT業界の成長が早すぎる

この人手不足は、就職活動などで未だに商社が銀行、公務員などになりたい人が多いから人が少ないというのがあるかと思います。

ですが他方で、IT業界の成長スピードが他の業界に比べると圧倒的に早いという理由もあります。

 

20数年前なんて携帯電話すらなかったのに、今では携帯電話はスマートフォンにまで進化してしまっています。

そうなると今まで情報収集はテレビや新聞で行っていたのが、お手軽に自分の情報を収集できるインターネットに移ることになります。

 

情報収集の媒体がインターネットに移れば、各メーカーや広告代理店はインターネットで広報活動を行うようになり、そうなればサイト制作ができるエンジニアが必要になります。

 

また冷蔵庫や洗濯機なども今後はインターネットに繋げて、そこからデータを収集して保存する温度やどのような洗濯するをことで効率的な洗い方を算出したりとするような取り組みが始まろうとしています。

少し難しい言い方をすると、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。(IoT:Internet of Things)

 

と今後ますますIT技術は進んでいっているのに対して、担い手が現状足りていません。

 

未経験からシステムエンジニアになるためには

システムエンジニアという仕事について大まかに理解する

システムエンジニアやIT系とひとくくりにするとものすごくさまざまな仕事があります。

例えば、

  • ソフトウェアをプログラミングして作るプログラマー
  • 顧客の要望に合わせてシステムの設計から開発までを行うシステムエンジニア
  • 安心安全に通信できるネットワークの設計や運用を行うネットワークエンジニア

IT以外の企業の場合だと、社内の他部署の人のITを用いて業務を効率化できるように、業務用システムを作ることやPC・スマートフォン端末の設定、障害の対応などを行う社内SE(企業内エンジニア)のなど様々な業務があります。

「面接時の志望動機を明確化するため」「あなたがどうなりたいのかをハッキリさせるため」にもまずは、どういった業種があるか、仕事内容によってどのような違いがあるかなどを明確化する必要があります。

 

資格の勉強をする

会社によっては「入社してからでいいよ」って言うところもありますが、あると望ましいと思います。特にホワイトな案件や求人倍率が高い会社の場合、当然ながら資格を持っている人が優遇されます。また資格勉強を通じて知識を培うことができます。

ですので時間に余裕がある人は求職活動をしながら資格に触れてみてほしいと思います。あまりIT職では優遇されません(別の業界だとそこそこ評価されるらしい)「ITパスポート」なんかはITの資格の入りとしておススメです。(本音を言うと基本情報技術者くらいは欲しいところですが現職でも落ちる人がいるくらいなので難易度は高めです。)

 

実際にプログラミングに触れてみる

こちらも時間に余裕があれば是非やってほしいです。今は便利な時代でyoutubeなどでプログラミングの動画を見ることができたり、プログラミングを体感できるゲームなんてのがたくさんあります。

 

なので実際にコードを書いてみて触れてみるのも良いかと思います。ハローワークの職業訓練やプログラミングのスクールに通うというのも1つの手です。(独学でやるよりもプロに教わった方が問題解決や理解が格段に楽になります)

 

またプロに教わると論理的なロジックなども身に付きやすいです。

 

未経験のSEに求めること

仮に本心として思っているのかは別としてですが、もしIT業界に入りたいのであればこういうところを面接で訴求できるとGOODです。

柔軟性

今日の常識は明日に通用しない、と言われるくらい日々革新が続いているため、変化に柔軟な人がほしいと考えている人が多いです。

例えば接客業をしていた人であれば、クレームに対して臨機応変に対処したなど、柔軟性をサラッとアピールしてみましょう。

 

吸収力

IT業界は覚えることが非常に多いです。

一口にシステムエンジニアと言っても、プログラムを書く人、サーバーをいじる人、ネットワークに詳しい人、設計をする人など様々です。

最初のうちは全体的いろいろやらされることかと思います。

 

そのため教えられたことを覚えられるスピードの速さというのが大事になります。

企業としてもできれば早く成長してほしいというのが本音なのです。

 

「過去の仕事で早く吸収して仕事でつかえるようにしました」などとアピールできれば一歩リードかと思います。

 

キャリアカウンセリングをしてみよう

いかがだったでしょうか。システムエンジニアの魅力、なるために今からできることを紹介しました。

 

 

IT業界はまだまだ伸びる可能性があり、未経験から就職することも可能ですし、かつ年収アップであったり経験を積んだのち大企業に転職出来る可能性も秘めています。

今の仕事や給料、待遇に不満であるのであれば一度転職を考えてみてはいかがでしょう?

 

もしIT業界への転職に興味があるのであれば、僕も利用していた「ワークポート」という転職エージェントオススメします。

ワークポートでは、はじめての転職やIT未経験者の転職にとても強く、随時数万件の案件を保有しています。

 

またワークポートのスタッフの方々はとても丁寧で、あなたのスキルや要望に応じてくれたり、またどうなりたか分からない場合のキャリアプランの掘り出しの相談にも乗ってくれる上に、いざ転職活動をするのであれば面接の練習などにも付き合ってくれるため、安心して転職活動を行うことができます。

 

加えて、ワークポートでは未経験からエンジニアを目指す人向けに無料のプログラミングを学べる環境も用意されています。

 

さらに相談したた結果、「ITじゃなくてもいいな」と感じた時は、ワークポートは最近IT特化型から総合型に変化したこともあり、他業種の案内をすることも可能です。

 

まずは登録のハードルが低いので、気軽に登録をしてみてコンタクトを取るのが良いかと思います。

 

 

また20代であれば、ProEnginnerも同じくオススメです。

ProEnginnerは、無料でプログラミングを学べるプログラミングスクールです。

こちらの特徴は20代であれば、未就職者やフリーターの人などの就職支援を行っているところです。

 

プログラミングを学べつつ、就職・転職への斡旋も行っているということで、20代の未経験からシステムエンジニアを目指す人にはうってつけと言えます。

 

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.