エンジニアの不安・悩み

社内SEに転職したい!転職するために必要なこととは!

更新日:

僕自身は社内SEではないですが、IT業界で働いているので社内SEの人と接触することがあり様々な話を耳にします。そこで今回は社内SEのメリットや社内SEに転職するために必要なことをお伝えします。

社内SEの仕事内容

自社システムの保守・運用

一般的にシステムエンジニアと言うとシステムを開発することですが、社内SEとして勤務している人の話を聞くと業務のメインは保守・運用にあるようです。

 

新規でシステム開発をすることもあるようですが、基本的には現行のシステムのメンテナンスや急な障害の対応をすることがメインになってきます。社内・社外のいずれにせ、ユーザーが気持ちよくシステムを使えるように保守・運用するのが社内SEの仕事として一番大きい部分のようです。

マニュアルの作成

社外の人にシステムのマニュアルを作るのはもちろんのこと、社内向けシステムのマニュアルを作成するのも社内SEの仕事の一環としてあるようです。確かにマニュアルがないとシステムをどのように操作してよいか分からないので大事だと思いますが意外でした。

機器の操作を教える

非IT企業の場合、エンジニアというのは良くも悪くも「ITについて詳しい人」という扱いを受けがちでパソコンの先生になることもしばしば。

 

自社で運用しているシステムの操作を教えるのはまだしも、時にはwordやExcelの分からないことを教えたり、社給のスマートフォンやタブレットについてもレクチャーしているそうです。パソコンの先生というより何でも屋みたいになってます。

システム開発

もちろんシステムエンジニアなのでシステム開発をする機会もあります。

 

開発する内容は在籍する企業によって様々で、パッケージソフトやアプリケーションなど社外向きのシステムを開発することもあれば、社内の営業さんや事務さん向けのバックオフィスシステムの開発などがあります。

 

ただ開発自体も自社でガッツリというのではなく、会社によっては要件定義や大まかな設計だけを社内SEが取り決めて実際のコーディングやテストは外注するという方法をとっているようです。

 

で納品されたシステムの運用・保守を社内SEが行うというシステムのライフサイクルを行っています。

社内SEのメリット

無茶ぶりが少ない

常駐エンジニアの場合、上下関係や社内外からの板挟みや、無茶な納期・要求がありますが、社内SEの場合自社である程度管理ができるため精神的負担は減るようです。

 

とは言ってもユーザー向けのリリースが直前に控えている期間は結構忙しくなります。ただ自分のペースで仕事ができるためはやく帰ってプライベートや学習時間を確保することも可能です。

非IT部署からの信用が得やすい

非IT企業の社内SEの場合、PCやネットワークに詳しいスペシャリストがエンジニア以外いないことが多々あります。会社によってはExcelをただの方眼紙として扱う人がいるレベルで「ITってなに?」という風土の会社もあります。

 

そういったところのSEは先ほど申し上げた通り何でも屋になりがちですが、半面ですごく重宝されます。

デメリット

基本的には常駐SEから社内SEに転職した人たちは概ね環境に満足していますが、不満も無きにしも非ずのようです。

 

先ほど信用が得やすいということを述べましたが、自社の社員がお客さんなので「システムが正常に稼働するのが当たり前でしょ」みたいなスタンスの人には気がめいることもあります。

 

また開発やよっぽどな障害がない限りは、同じことの繰り返しでルーチンと化すことも少なくないようです。とは言っても僕の周りの社内SEになった人はそれまで過酷な現場に回されることが多かったのでこれくらいはあまりデメリットとは感じてそうです。

社内SEに転職するためには

では社内SEに転職するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ものすごい技術は必要ない

よく「すごい技術力なんてないから社内SEになれない」ということを聞きますが、周りの社内SEの人は口を揃えてそこまでの技術力は必要ないといいます。

 

さすがに全く知識がない人は採用されませんが、人によっては職業訓練校でプログラミングをかじったレベルでも社内SEになって人もいます。

コミュニケーション力

技術力よりもコミュニケーション力の方が大事だという話をいただきました。

 

散々述べていますが、社内SEを採用している会社の大半はITに詳しくない人たちも在籍しています。そのためそういった人たちも分かりやすく物事を伝える必要がありますし、反対にその人たちの質問を的確的にくみ取る傾聴力も必要になってきます。

 

システムエンジニアをしている人からすれば信じられないかもしれませんが、なにか不具合が発生した時にそのエラーメッセージやエラー番号を全くメモせず、「画面が急に青くなって~~」みたいな分かりづらい報告をする人が平然といます。

そういう人たちの抱えてる問題を解消しなければならないため、コミュ力をはじめとした対応力が必要になります。

ビジネススキル

例えば転職したいと思う会社がどういう商流なのか?という業界に対する知識もそうですし、きちんとしたビジネスマナーができるかなどです。

 

またあればいいのが、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどを経験したことがあるというスキルも長所になります。

志望理由

当然ながら「常駐SEが嫌だから社内SEに応募しました」では採用面接は受かりません。

 

  • なぜその会社なのか?
  • なぜ常駐エンジニアから社内SEに転身したいのか?
  • どういったことで貢献できるのか?

など

 

別に本心が「社内SEのがホワイトそう」「今の働き方が嫌になった」でもいいのですが、少なくとも面接では綺麗に取り繕えるように受ける理由と採用されたらどのようなことで会社に貢献できるか、というのをきちんと相手に伝えるように取り組みましょう。

 

また面接そのものの受け答えに慣れるように練習しておく必要があります。転職エージェントを利用すれば志望動機のブラッシュアップや面接の練習など様々な面でサポートが受けれるので転職を考えているあなたは登録すべきです。

 

おわりに

以上、社内SEの仕事内容や転職に必要なことをまとめました。

 

社内SEになるのは難しいと思っている人も多いですが、昨今様々な企業で「IT化」を行っているため募集の数は増えたように感じます。少なくとも以前のように情報学部の大学院を出た人ばっかりということはなくなりつつあります。

 

キャリアチェンジの選択肢として社内SEを考えてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.