プログラミングスクール

大学中退やフリーターの就職ならシステムエンジニアというキャリアがオススメ

更新日:

大学を中退してしまったり、学校を卒業したきりフリーターのまま生きて生きた人というのはかなり多いかと思います。

もちろん夢や目標に進むためにその道を選んだというのであれば、それは素晴らしいことです。

 

ですが、皆が皆そういうわけではなく中には

  • 大学をやむを得ず辞めてしまったけど就職できるのだろうか?
  • フリーターから正社員になれるのか?

など不安を頂いている人もいるはずです。

 

確かに同世代に比べて就職ハンデがあるように感じますが、決して就職できないというワケではありません。

またそういった人にはITエンジニアのキャリアを僕は強くオススメしています。

 

このページでは、大学を中退した人やフリーターが就く仕事としてシステムエンジニアがオススメである理由や、就職活動のポイントについて紹介していきます。

 

なぜシステムエンジニアがオススメなのか

大学を中退してしまった人やフリーターになってしまった人という立場には「学業を途中で放棄した」「学校を卒業後すぐに就職しなかった」という印象がどうしてもついてしまいます。

そういったマイナスの印象を持ったまま就職活動を行うのは中々ハードなことです。

 

さてそんな中、なぜ自分はシステムエンジニアとして就職するがオススメなのか?理由を説明していきたいと思います。

 

システムエンジニアは就職がしやすい

まず1つ目がシステムエンジニアは就職がしやすいという点です。

現代では、急速なIT技術の普及に伴いニーズこそ増えているのに対して、エンジニア(技術者)の供給が追い付いていません。

 

どこの会社やプロジェクトを見ても、そのほとんどが人手不足で投げています。

そういう事情もあってシステムエンジニアは就職がしやすい仕事のひとつです。

 

様々なキャリアの人がいる

またシステムエンジニアの仕事に就く人には様々な人がいます。

 

自分が以前仕事絡みでお世話になったエンジニアさんには

  • 美容師
  • 一度は自分で会社を起業していた人
  • 雑貨の営業
  • 本屋の店員
  • 土木作業員
  • 看護師

など全く関係のない業種からエンジニアになった人たちがいました。

システムエンジニアの仕事というのは一見理工学部出身者でないとできないように感じて敬遠されがちですが、実は文系理系、過去の経歴関係なく就くことができ、第一線で活躍できる可能性のある仕事なのです。

 

将来性がある

ここまで読んで「就職しやすい仕事なら他にも沢山あるじゃん」という人がいるかもしれません。

ですが、今後の将来性がある仕事の中で就職しやすい仕事は中々ありません。

 

その1つがシステムエンジニアです。

 

今はAIの発達が目まぐるしいですが、そのAI技術はシステムをそれを開発するエンジニアがあってこその成り立つものです。

AIだけでなくビッグデータなど、それを活用するためのシステムやデータを集積するサーバーなど多岐にわたってシステムエンジニアの必要性が出てきます。

 

世界は電磁技術を用いて、どんどん人間が楽に生活できるようにする流れを作っています。

そうなってくると作業の効率化により、今までの単純労働は機械に変わります。

 

ですがことITに関しては、それらを開発・運用するために技術者が必要になるため逆に需要が伸びると考えられるため、将来性があると言えます。

 

またWeb系に関しても広告や販売店舗などがどんどんリアルから、コストの観点でネットに移っているのでそちらの方面でも今後ますます将来性を期待できます。

エンジニアになるという仕事は今後10年20年先を考えたときに、ますますなくてはならない仕事になると思います。

 

大手企業に入社できる可能性がある

最初から大手のIT企業に入るのは難しいですが、エンジニアの場合転職で大手企業や優良ホワイト企業に入ることは全然できます。

よその業界の場合基本的に転職と言うのは大きいところから大きいところ、大きいところから小さいところみたいな転職がほとんどで、小さい会社から大きい会社に転職と言うのは中々できません。

 

ですが、ITの場合は実力やそれまでの実績が大事な指標であるため、コツコツ働いて経験を積めばいずれは大きい会社への転職というキャリアビジョンを切り開くことも出来ます。

 

システムエンジニアになることのデメリット

ここまで、システムエンジニアは就職しやすく、これまでの経歴関係なくなることが出来き、かつ将来性もあるということをお伝えました。

これだけ書くとまるで神のような仕事に感じますが、当然ながらデメリットもあります。

 

常駐案件がある

恐らく最初にIT系の会社に入社すると、常駐案件がある会社に入社することになると思います。

 

常駐案件と言うのは会社に勤めながら、技術支援という形でよその会社で仕事を行う人のことです。

イメージ的には福利厚生がしっかりついた派遣社員みたいなイメージです。

 

常駐案件は悪いとは言わないのですが、長いこと入り浸るのは危険です。

というのも常駐案件は一部を除いて、スキルが身に付きにくかったり、よその会社に常にいるということでストレスフルだったりするからです。

 

なのでITエンジニアとしてキャリアを形成していくためには、最初こそ常駐案件に参加するのは良いですが5年、10年とやるものではありません。

正社員となった安心感に甘えるのではなく、いずれはキャリアアップするという意気込みで日々経験を積んだり、隙間に資格や技術の勉強をしてほしいと思います。

 

最初はつまづくかも

自分は新卒でIT業界に入りましたが、最初はつまづくことが多かったです。

というのもITの勉強というのは、中高まして一部の理系大学・専門学校を除いてほとんどしない分野だからです。

 

最初はプログラミングってなんだよ?っていうのはまだしも、PCの基本的にあ操作から怪しかったです。

そういうのもあって最初のうちは取っつき難い分野かもしれないです。

 

エンジニアになるために最低限身に付けておくべきものとは

基本的なPC操作

まず最初は基本的なPC操作から身に付ける必要があります。

 

ただインターネットを見るだけでなく、そのインターネットを繋ぐためのネットワークの基礎的な操作方法を理解するなど、日常の延長レベルでいいので少しずつ取り組んでみるのが良いと思います。

僕も最初はWi-Fiが気づいたら繋がっているレベルでパソコンのことが良く分からなかったのですが、今では家の配線を自分で組んだりしています。

 

またWordやExcelもある程度使えると良いでしょう。

というのもIT業界の場合、ドキュメントや開発の工程などをそれらのOfficeソフトで作成・管理することがあるからです。

 

ITパスポート取得を目指す

また資格を取りたいと思うのであれば、最初はITパスポートという資格を目指すのが良いかと思います。

 

ITパスポートは、情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が実施する国家試験である情報処理技術者試験でああって、対象者像は「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」になります。

 

もちろん本格的なエンジニアとして活躍する上ではITパスポートだけでは足りないのですが、ITのことパソコンのことが右も左も分からないのであれば、かなり身に付くことは多いです。(実際自分もネットワークの基礎やデータベースの初歩など様々なことを覚えるキッカケになりました。

 

そうしてやがては、ITパスポート→基本上技術者→応用情報技術者、とステップアップするのが良いかと思います。

 

 

プログラミングの勉強

これは入社してから研修で学ばせてくれるところも多いですし、下で紹介するレッスンを受けれるプログラムを利用すれば効率的に学習できるので、そこまで気にする必要はないです。

ですがもし個人でも学びたいというのであれば、無料動画でプログラミングを学べるサイト「ドットインストール」を利用して先に勉強をするというのもアリです。

 

  • プログラミングをしてみたり
  • ホームページを作ったり
  • JavaScriptに触れたり
  • サーバー環境を作ったり

などいろいろなことが学べるます。

 

本気でプログラミングスキルを身に付けるのであればプログラミングスクールを活用しよう

ドットインストールは無料でかつ、ものすごく分かりやすいため初心者には取っつきやすいかと思います。

ですが、それでも独学でプログラミングを学ぶには限界があります。

 

自分の場合は最初に入社した会社でプログラミングの研修があったため、先輩やできる同期からいおりおいろ教えてもらえました。

ですが、プログラミングを学んでいると途中で全く理解ができないことや、どうしたらよいのかわからないことが出てきます。

 

そういうときに気軽に質問できるひとが周りにいないと挫折してしまいます。というのは自身の経験で入社前にプログラミングを一人でやってたらつまづいた瞬間やらなくなってしまいました。

 

また個人が独学で覚えたソースコードの場合、読みやすさや処理の効率、設計の基づいたものかどうかなど、怪しい節があり現場で使えないということになってしまう可能性もあります。

そのため、本気で業務で使えるプログラミングを覚えて自身のキャリアを切り開きたいのであれば、プログラミングスクールに早い段階から入って技術を身に付けるという選択肢をオススメしています。

 

またプログラミングスクールならどこでもよいというわけではなく、レベルの高い実務で役立つスキルを身に付けつつ、就職の支援をしてくれるところを選ぶのがよいでしょう。

 

個人的なオススメとしては1つ目がProEngineerです。

 

20代ならば無料で受講可能で転職支援が付いている

 

株式会社インターノウスという人材紹介会社が行っているプログラミングスクールです。

 

その最大の特徴は冒頭でも書いた通り授業料が全額無料で、かつ就業支援が付いているところです。

これはProEngineerが多数の企業から支援金という形で協賛を頂いているから成り立っています。

 

無料に加えて

  • カリキュラムが実際の現場で使えるものになっていること
  • 支援する就職先が厳選された優良企業であること
  • 20代であればフリーターやニートなどの未就業者も受け入れていること

が高評価の理由になっています。

※ProEnginnerの参加条件として1都3県(東京・さいたま・神奈川・千葉)に在住であることが条件になります。

ProEngineerの公式サイトはこちら

ProEnginnerの詳細はこちら

 

ProEnginnerは東京・千葉・埼玉のみということでもう1つオススメするのがCodeCampです。

 

 

18000人が利用している現役エンジニアによるプログラミングスクール

 

CodeCampは現役のエンジニアからインターネット上で受講できるサービスになっています。

場所を選ばないで利用できるというのはProEnginnerより優れている点であります。

 

CodeCampの「エンジニア転職コース」を受講し、その後転職を成功させるとスクールの授業料が全額返ってくるというサービスを行っています。

もちろん紹介先の企業はCodeCampが斡旋してくれて、上場企業から有力なベンチャー企業まで多数あります。

 

CodeCampの公式はこちら

 

両者とも無料の体験レッスンやカウンセリングも受けることができますし、エンジニアの就職という目的においては最終的に無料で利用することができるので、まずはお気軽に相談してほしいと思います。

 

単純にスキルが欲しいけどどのプログラミングスクールが良いかわからないというのであれば下記記事も合わせて読んでみてください。

プログラミングスクールの比較!社会人・転職・初心者向けまとめ!

 




-プログラミングスクール

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.