エンジニアの不安・悩み

客先常駐を辞めたいなら今すぐ転職をした方がいい理由と方法

投稿日:

客先常駐というのはSEにとっては苦労とストレスが絶えない働き方だと思います。

なぜそんなことが言えるのかというと、僕は新卒で入社した会社がまさにエンジニアを現場に送り出すだけのエセIT企業だったからです。

 

しかも現場にはチームで常駐するのではなくなぜか新人エンジニアである僕一人で赴く羽目になりましたし、現場はいつも営業担当が言うのとまったく違う環境ですり減った末に1年ちょっとで逃げるように退職してしまいました。

 

Slerや大手ベンダーから業務を受けるような会社に勤めていると、客先に行くのが当たり前のようになってしまいます。

他業種や業界に就職した学生時代の友達と飲んでいると、「自分の会社にいないこと」「自分のデスクがないこと」にギャップを感じるでしょう?

 

もしあなたがSEというのは現場に行くのが当たり前であると思いつつ、周りの人と比較したときに「こんな働き方でいいのか?」と悩むのであれば今すぐ、その生活を変えるために行動をしなければなりません。

 

客先常駐が嫌なエンジニアは多い

今の日本の開発現場では当たり前のようになっている客先常駐ですが、その内容はストレスフルで負担が大きいのは言うまでもありません。

それは僕もそうですし、新卒で入社した同期が何人も、「都心にある自社で勤務できるもんだと思っていた」「客先常駐は毎回疲れるからいやだ」「あの現場糞だから変えてくれ!変えないなら辞める!」「なんであいつだけ自社でゆっくり開発案件をやってるんだよ!」などなど様々な葛藤を抱きつつ、転職してしまいました。

現場のエンジニアはこんなに嫌がっている客先常駐ですが、なぜなくならないのでしょうか?

 

客先常駐がなくならない理由

客先にとってコストがかからないからクライアントである客先にとって、エンジニアに常駐してもらうことはものすごくコストが良いことです。

簡単な話ですが、自社でエンジニアを採用して教育して、毎月給料と福利厚生を与え、賞与を与えて、とするよりも最初からある程度使えるエンジニアを外部から連れてきてしまった方がコストも手間も少なくて済みます。

 

しかも客先からしてみたら常にエンジニアが必要かと言われれば微妙なところです。

商社だった場合、業務改善のためのシステムは必要ですが、1度システムが完成してしまえばあとは時々保守・運用をしてくれる人がいればよいです。

 

そんな中、その開発のためだけにエンジニアを募集して雇うというのはよほど規模が大きい会社でもない限り難しいところです。

とくに正社員の解雇が難しい日本において、開発のためにエンジニアを連れてきて、プロジェクトが終わった瞬間に「はい、さようなら」なんて解雇するわけにはいきません。かと言ってやることもなくなってしまったエンジニアをずっと自社に置いておくわけにもいきません。

 

海外であれば、開発のたびにエンジニアを連れてきてプロジェクトの解散とともに辞めてもらい、次の募集案件でまた移籍してもらうということが一般的ではありますが日本では難しいところです。

 

結果としてコストが掛からない客先常駐というエンジニアの使い方が流行ってしまい、常駐をするだけの名ばかりIT業が盛んになってしまうという悪循環が起こってしまいます。

 

IT企業にとっても「人売り」は得である

クライアント側のコストを削減したいからエンジニアを外部から連れてくるというのには納得ができたかと思います。ですが、IT企業側にとっても「人売りビジネス」はおいしいです。

 

本来のビジネスであれば、自社で製品を作って販売して営業して利益を上げるという商流が一般的かと思います。

ですが、それを行うには利益が出るかわからない製品に従業員を従事させて、毎月場所代などの固定費を支払わなければなりません。

 

またITにおいては特定のパッケージソフトを作る以外にも、クライアントに業務改善やECサイトなど事業的側面でITを提案して、コンサルティングあるいは実際のシステム開発を提案、そこで「付加価値」を生み出し利益を得るということもできます。

これもパッケージソフトを作るのと同様、受注できるかどうかわからない事業にエンジニアを採用して、仮に仕事がなくても毎月給料だけは支払わなければなりません。

 

そのため会社のキャッシュフローで考えたら両社ともリスクが出てしまいます。

ですが人売りビジネスの場合、常駐して欲しいという企業は星の数ほどいるので比較的簡単に利益を上げることができます。

とくに大手Slerやベンダーから下請けとして仕事を受注をしマージンを引いている(中間搾取)、2次受け3次受けとして配属させる案件なら吐いて捨てるほどあります。

 

また従業員を自社において置かなくてよいため、事務所や作業PCの用意などをしなくて済み、固定費も極力安く抑えることができます。

 

客先常駐の問題点

何件か案件を経験してその後転職したからこそ思うた感想や、周りのエンジニアの意見から、客先常駐の問題点を語りたいと思います。

 

SEの精神的なストレスが多い

自分の会社と違い客先にいるため、かなり気を使うことを強いられます。

自社であれば少し疲れたときに姿勢を崩しても問題ありませんが、客先の場合はそれもままなりません。
イメージとしては8時間の勤務時間常に面接室にいるようなものでしょうか?

少し小話をしているだけで本社にクレームが入ったり、トイレに行くにしても毎回許可を求められたり、休憩ひとつ取るのにも厳しく管理さえるなど、過酷な扱いを受けるケースは少なくありません。

また現場によっては発注側と客先常駐しているという受注側の力関係を良いことに、契約内容にない作業を強要してきたり、強い口調で罵られたり、パワハラを受けたりということもありました。

 

ただでさえストレスフルな客先常駐ですが、僕の場合はさらに前述のとおり一人で常駐する羽目になりました。

困ったことやわからないこと、トラブルがあったときに、近くに質問や助けになってくれる先輩や上司がいない、周りからは「お前プロなんだからなんでもできるよな?」と言わんばかりにいろいろ要求されるのは本当にしんどかったです。

 

スキルが身につかない

いくつか現場を経験して思ったのが客先常駐のSEは、客先の指示通りに作業するためだけの作業要員になってしまうため、スキルが身に付きません。

当然ながら期間限定で2次受けや3次受けで連れてこられているわけなので、プロジェクトの方向性について決めたりだとか、マネジメントや要件定義などの上流工程に参加することはできず、1つのモジュールを作ったり、デバックやテストだけ永遠とするような下流工程での参加ばかりになってしまいます。

 

プログラミングなどの生産的なことに携われるのはまだよいことで、僕の場合ははサーバーの監視(監視といっても何かエラー信号が出たらSEに電話するだけのSE)、エンドユーザーの電話サポートやPCなどのキッティングなどで「これアルバイト雇えばよくない?」というのがほとんどでした。

もちろん金融機関や情報が流失してしまっては困るような、案件の開発で常駐している場合はものすごく勉強になるしスキルアップになりますが、大多数の常駐案件は大したスキルも身につかなれば、職務経歴書にも書けないようなものばかりです。

 

帰属意識が全く湧かない

客先常駐を生業としている会社に行くと、中々自社に帰ることがなく帰属意識が薄れてしまいます。

愛社精神というのは以外に大事なモチベーションの1つで、僕は帰属意識がないせいで「なんかあったらすぐに辞めてやる」ってスタンスで仕事に臨んでいました。

 

そんな状態では自己を高めようと気もなくなり、仕事のクオリティを上げようという気概もどこかに消えてしまいます。

 

客先常駐と派遣の違い

当然客先常駐エンジニアは正社員であるため、派遣社員よりは待遇がいいです。

よほど酷い会社でない限り、厚生年金や健保組合にも入れます。

 

ですが仕事の実態はさして派遣と変わらないように感じました。

基本的には現場に行き、現場の作業員の指示に従うため間隔としては派遣社員とさほど変わらないような気がします。

派遣社員の場合は時間当たりで給料が振り込まれますが、名ばかり正社員の客先常駐社員は契約時間内でのサビ残が普通にあるので、もしかしたら労働環境だけで見れば派遣社員の方が良いかもしれません。

 

あとは派遣社員の場合大手企業やその関連会社の案件が多いため、正社員でないにしろホワイトであることも多いです。

 

客先常駐を辞めるためには

基本的には転職前提で動くことをオススメします。

というのも客先常駐でクソみたいなところに飛ばすような会社は、経営プランや会社の体質として常駐は儲かるという思想にどっぷりつかっているからです。

 

上の方でもお伝えした通り常駐というのはビジネススタイルとしてありえないくらいローリスクのビジネスであるため無くなることはありませんし、あなたがどうしようが恐らく変わらないからです。

だから長いしても泣きを見るのはあなたになってしまうため、キャリアプランや待遇を考えて転職を視野に入れた方が良いと考えます。

 

実際僕は常駐会社から抜け出したことによって、転職先で経験を積んで今はフリーランスとして活動していてあの頃に比べたらストレスもなく、かつ収入は上がりました。

 

自社に戻してもらえるよう上長に掛け合う

客先常駐を辞めるためにまずするべきことは、自分の上長(上司)に掛け合う事です。

上司に相談して、「違うスキルを身に付けたい」「今のプロジェクトに不満がある」ということで案件を変えてもらいましょう。

 

ただ基本的には、エンジニアの要望で案件を変えてもらうことはまず通りませんし、そもそも常駐業務しか行ってないIT企業の場合は提案すること自体が無駄です。

 

病欠になる

僕のケースです。

狙ってやっていたわけではないのですが、4次受けの案件で人間扱いされず深夜込みで1日15時間稼働していたら、心身ともに病んでしまいそのまま病院に行ったら就業不可能になってしまいました。

 

会社にもよりますが、基本的には常駐先の現場トラブルを嫌がるので就業不可の従業員を置いておきたくないですし、自社側も訴訟などのアクションを起こされたくないし病人にムチを打てないので無理強いをしません。

 

もし寝付けなくなった、メンタルの浮き沈みが激しい、好きなものを目の前にしても全然楽しめない、というのであれば是非一度受診してみることをオススメします。

 

就業不可になればちゃんとIT健保に所属している会社なら傷病手当が出ますし、累計の労働時間が12カ月を超えているのであればそのまま退職しても失業手当が出ます。(ただし自己都合退職の場合受給まで3カ月のラグがある)

僕はその期間中に転職をしました。

 

狙うべき転職先とは

  • 本格的にエンジニアが転職をするのであれば、
  • 自社開発を行っている会社
  • 常駐事業をやっていも直受けでやっている現場
  • 非IT企業のIT部門(社内SE)

を狙うべきです。

 

 

とにかく狙うべきは、2次受けより下でスキルも身に付かない現場から脱することです。

終身雇用がなくなった今、お給料が払われるかだけでなく、「将来性のある会社か?」「エンジニアのスキルが上がるところか?」というのも気にしなければなりません。

 

そういった可能性があるのが上記のような会社群です。

自社開発や非IT企業なのにITエンジニアを募集しているような会社は資金がありますし、クライアントと直契約の案件がある会社は営業力が高いor信頼があるので、それなりに会社の経営状態は良いと考えられます。

 

またスキルが身に付くのであれば、また転職をすることが必要になったら即戦力で買ってもらえることでしょう。

 

客先常駐を脱出するには、行先の会社を入念にリサーチしたり、開発の体制など内情を知る必要があります。

そのために転職エージェントを利用することは最良の選択と言えます。

 

転職エージェントは、過去の転職者にアンケートやヒアリングを行っていたり、転職先の企業の実際の業務内容やキャッシュフロー、開発力などの情報もため込んでいることがほとんどです。

また漠然と客先常駐を辞めたいと考えている人に対しては、キャリアプランの掘り出しやその他相談、面接の練習にも付き合ってくれて最初から最後まで、すべて無料で利用することができます。

 

とくにエンジニアにオススメしているのはレバテックキャリアです。

レバテックは、ITエンジニア専門のエージェントだけあって、客先が嫌だというSEの転職相談にも数多く対応してきているので、要望を伝えればエンジニアを売らない優良企業の求人を多数紹介してもらえます。

 

まずは最初の面談を申し込んでみて、今の漠然としている仕事に対する悩みをぶちまけてみてはいかがでしょう?

 

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.