エンジニアの不安・悩み

システムエンジニアの仕事ってつらいの?新卒でエンジニアしてた時の話

更新日:

SEの皆さんお疲れ様です。

これからSEになろうとしている方々、最初に言っておきますが、SEはあなたが思っているほどブラックではありません。

だから安心してください。

システムエンジニアは言うほどブラックではない

最初に申し上げるとIT企業やシステムエンジニアは必ずしもブラックというわけではありません。

私ははエンジニアとして1年弱、別の会社で営業寄りの仕事いわゆる「セールスエンジニア」(また人手が足りないので広報とかサイトの管理とか事務や総務的なことを)1年弱の合計3年近くIT系の会社にいました。そののちフリーランスという形で生計を立てています。

今日に至るまで、お客さんや、取引先、新人エンジニア、ベテランエンジニア、フリーランスエンジニアと様々な方々と接する機会がありました。接した感覚から言うとみんな結構楽しそうにしていました。

最初に入社した会社では、ブラック案件にぶち込まれて心身ともに病んで逃げるように退職した過去こそありますが、その後はかなり悠々自適にやらせてもらっています。とくにフリーランスという個人事業主の形になってからは労働面のストレスは全くと言っていいほどなくなりました。

ブラック案件にぶち込まれたことはありますが、基本的にエンジニアの人たちは絵にかいたような体育会系の人たちとは違って話せばわかる人が多いので、精神的なストレスはありませんでした。

また「あいつむかつく」とか「なんか嫌い」みたいな感情による喧嘩や派閥争いみたいなものはあまりないので気持ちも楽です。

「エンジニアは辛い」「IT企業はブラック」みたいな言葉を時折違う業界の人から聞くことがありますが、それはたぶんどの業界でも言われていることなのではないでしょうか?むしろ万人がホワイトだと言われる企業の方が少ないように感じます。

とは言え本記事ではあくまでエンジニアをしていて辛かった瞬間にフォーカスをしているので、「これはヤバいな~」とブラックさを感じる体験談と他の人たちが感じた場面について取り上げたいと思います。

システムエンジニアの辛かった体験談

プログラミングを魔法だと思っている

私はは元々文系出身でした。IT企業に入社してプログラミングの研修を受けるまで、プログラミングがあればなんでも出来ると思っていました。でもプログラムというのは実際は命令文通りの動きしかしません。

というのは当たり前の話なのですが、世の中の人には、とくに非IT企業の部長クラスの決裁権を持っている人の中には、かつての私と同じようにプログラミングを魔法と勘違いしている人がいます。

そういった人はエンジニアの人が涼しいエアコンの効いた部屋でちょこっと作業をすればなんでもうまくいくと思っています。なので無茶な納期や工数、価格を平気で要求しています。

「そんなヤバい案件受けなければいいじゃん?と思うでしょ?」というのは営業寄りのエンジニアであるセールスエンジニアを経験して、今はフリーランスとして働いているからこそ身に付けた感覚でなのですが、勤めているうちは中々そういう風には行きません。

ITに詳しくない営業を挟むと大変なことになる

そういう案件を平気で受けてきてしまう営業が一定以上います。そうなるとプロジェクトが始まる前からブラック案件なのが確定してしまいますね。

なので本来クライアントとのやりとりはちゃんとしなければなりませんし、提案営業する人も今はなしている案件がどれくらいの予算や工数が掛かるかを肌感覚でも良いので知らなければならないし、もし分からないのであれば一度持ち帰って社内のエンジニアと共有することは必須です。

下請け案件がヤバい

知っている人は多いと思いますが、IT企業と言うのはゼネコン同様、多重下請け構造になりがちです。というのも大型の開発案件はどうしても大手ITベンダーに集中してしまいますし、零細企業の場合は下請け案件としてエンジニアをよその会社でプロジェクトに派遣する方が利益率が良いからです。

  • 発注者が「300万円で業務用のシステムを開発して」と依頼した
  • 最初に名乗りを上げた1次受けが受ける
  • 1次受けが2次受けに「200万円で開発して」と流す
  • 引き受けた2次受けが「100万円で開発して」と三次受けを探す

こういう風になると金額が少なることから開発体制が厳しくなるだけでなく、発注側~実際の開発する下請けまで落とすことで連絡に時間を使ってしまい納期までも厳しくなってしまいます。

そういった結果デスマーチと呼ばれるものが生まれます。

ですので確実にブラックIT企業を避けたい場合は、3次受けとか4次受けとかを引き受ける会社は避けた方がいいです。(私は新卒時その辺のリサーチが足りずに苦労しました)

システムエンジニアの日常あるある

「仕事が辛い」と感じているエンジニアの人が思わずニヤッとできるような「エンジニアの日常あるある」をツイッターから抜粋しました。

「ああ~自分の現場でもあるわぁ~」と共感して頂いても良いですし、これを見て元気を出してもらえれば幸いです。

人によっては笑えないのかもしれませんが結構おもしろおかしくエンジニアあるあるがまとめられていますね。

私も非ITの人もいる場所で仕事をしているときは、パソコンに詳しくない人になんでも聞かれたりするのと、パソコンやプログラミングを一種の魔法だと思われているクライアントと接する経験はよくあるので、思わずあるあると納得してしまいました。

システムエンジニアが辛い時の解決策

実際私がエンジニアをしていて辛いときにどうしていたのかというお話と、周りのエンジニアの悩みと何を行っていたのかについてお話します。

私が辛い時にしていたこと

コメントで遊んでた

私が居た案件の中に保守・運用案件がありました。結構な頻度で忙しかったのですが、時々すごく暇なこともありました。実は忙しい時よりも何もなくて暇な時の方が苦痛なタイプなので困っていました。

客先に常駐する案件で、先方はやたらセキュリティ面を気にしていたこともあってエントランスで毎回携帯電話をロッカーにしまわなければなりませんし、業務中に使用できるPCはログを取られているためインターネットで変なサイトを見ることもできません。

最初はメモ帳にラクガキしていたのですが、それも飽きてしまいました。そこでソースコードのコメント欄でアスキーアートを作っていました。(もちろんエンドユーザーにリリースしたものではなく社内の環境でですよ)

おかげさまで当時はアスキーアートを作る技術が向上しました。

意地でも定時で帰った

残業が常に発生している現場でのことです。システムエンジニアに限ったことではありませんが日本人は残業が大好きなのは言うまでもありません。

お隣の中国から働きに来ている方々には「日本人は出社時間には口うるさくて我々のことを時間にルーズみたいに言うけど、俺たちからしたら平気で残業させる日本人の方が時間にルーズだろ」と皮肉を言われるくらいには業務時間後にも平気で働いています。

さて私がいた現場の1つも、別にみんな定時で帰ればよくないか?と思うような場面でも平気で残業を行っていました。そこで私はあることをやりました。

それはその日の作業の見える化です。かみ砕いて説明すると、「●●(大きな目標)を達成するために今日はAとBをします」という具合でその日のタスクを洗い出し、朝礼で伝えるというものです。

普段から明確に時間意識を持って仕事をしている人によっては「そんなの当たり前じゃん」って思うかもしれませんが、僕が居た現場ではそういうことをする人はあまりいませんでした。

 

朝礼の段階で「今日はこれをします」と宣言して、定時になったら「予定作業を完了したので帰ります」と言い放ちました。

私の中では完璧な作戦だったのですが、後ほど自社の営業経由から「みんないる中で、1人だけ先に帰るのは協調性がないって別会社のチームメンバーが言っていたよ」というお叱りを受けました。

顧客ならまだしも別チームの人に言われるのは少し理不尽に思いましたが、それでもその現場の期間が終わるまではずっと貫きました。

伝達事項を見える化した

よく「言った」「言わない」でもめる現場だったので、私はそういうことが起こらないように、口頭で伝えると同時に後でチャットツールやメールなどでもう一度内容を伝えるようにしました。

そうすることで「言った」「言わない」などを発生することを減らし、しょうもない言い合いから摩耗することを減らしました。

口頭で指示があったことに関しても、なるべく直後でメールやチャットワークなどのコミュニケーションツールで、「●●をしろという指示がありましたので実行しました」と連絡を入れる体で伝達事項を見える化しました。

また上記のその日の予定を伝えるというのも途中から、本日の予定タスクというようにコミュニケーションツールにも書いていました。

 

とにかく言った言わないなどの揉め事、その揉め事によって帰れなくなるのが嫌なので、当時にしては良い発想だったと思っています。

ちなみにこの手法はフリーランスになってからも役立っておりチーム内ではもちろんのこと、個人で請け負っている仕事のクライアントにも使用しているので、自分で言うのもあれですがかなり有効な手法だと自負しています。

その他解決策の例

私以外にも知人エンジニア数名に、辛かった時の話とその対策をヒアリングしたいので共有したいと思います。

現場を変えてもらう

エンジニアにしてはあまりない体育会系の部署でのことです。飲み会や土日のフットサルの強制とかやたら多くキツイ現場でした。僕は元々理系出身でインドア派なのでそういうガツガツしたのが苦手でした。

業務中もわざわざ遠いところに設置してある電話を新人だからと3コール以内にダッシュで取りに行かされたり、恋人の有無を聞かれいないと答えたらセクシャルな部分まで聞かれたりして、個人的にきつかったです。

そういった経験もあって上司に相談したら、もっと物静かそうなエンジニアっぽい人たちがいる部署に異動をすることができました。

異動するまでに半年くらい掛かりましたが、いきなり会社を辞めてしまう前に相談できる環境であれば相談してみるのも手です。

夜勤業務がキツくて転職しました

インフラ周りを担当するネットワークエンジニアをやっていたときの話です。私は某大手企業の某Fという会社に常駐する形で業務をしていました。

インフラ周りの保守・運用の業務で、対象はFのエンドユーザーのECサイトであったためサーバーの稼働は24時間365日動かさなければならないため、夜勤アリのシフト制業務でした。

夜勤のシフトとして業務をするのは良いのですが、やがては「障害担当」というワケのわからない役職を任命されてしまいました。

障害担当になってからは業務時間外でも「●●さんこんなエラーが発生してしまいました」と言われればどんな時でも出動を余儀なくされてしまいました。一応他のシフト制のネットワークエンジニアが何名かいるのですが、彼が対応できない場合は自分が行って見なければならなく、飲み会だろうがデート中だろうがとにかく電話が掛かってきました。

さすがにキツイので自社の上司や営業に相談して「この案件から手を引いてもらえないか?」と相談したところ「我慢しろ」の一点張りで、時間が取りづらくなったことで彼女との関係がギクシャクしだしたのがキッカケで仕事を辞めてしまいました。

本当はキチンと転職先を決めてから辞めたかったのですが業務後や合間に転職活動をする余裕がなかったので、次の仕事先がないまま辞めてしまいました。ただ転職活動はエージェント経由で行ったらあっさり5社面接をして2社から内定を貰えたので勢いで辞めたことは結果的に成功でした。

今は社内SEとして働いているので業務外の呼び出しや無駄な残業はありません。

ただ自社で開発するにしても作業は外注さん任せで普段することも営業や総務がパソコンなどで困った時に対応することがほとんどなので、技術から離れてしまっているのは心残りです。

 

まとめ

システムエンジニアの辛い話や解決策をまとめました。

会社で取れと言われた資格も業務後勉強もしたり何故かほぼ新人の状態のまま1人で客先に常駐してたりと、新卒当時はやれることはやったつもりでした。それでもヤバい案件にぶち込まれて身体を壊しかけたところで「ここまでして働きたくない」と思い逃げるように退職しました。

自分の生活があるのでいきなり「嫌な仕事なんて辞めてしまえ」とは言えませんが、どうしても辛いのであれば仕事や働き方を変えるのも1つの手です。

実際私も転職して、営業スキルやWEBマーケティングスキルを身に付け、その後フリーランスとして仕事時間や内容は楽になったのに収入は上がりました。

「日本のエンジニアは低単価でコキ使われがちだ!」と海外のエンジニアには言われているくらい、最悪な現場では糞みたいな待遇で働かされることも少なくありません。今の職場環境や現場がブラックであるならば働く場所を変えてみるのもありなのかなと思います。

私は、逃げるように会社を辞めた後転職エージェントの無料カウンセリングを活用して、「今後どのようなキャリアを形成したいのか」「どんな風に働きたいのか?(例:定時で帰りたい)」などなどカウンセリングをしたのち、自分に合う会社を見つけてもらって面接対策までしてもらいました。

今、仕事が辛いと悩んでいるのであれば一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう?転職支援は最初から最後まで無料ですし、カウンセリングを受けた結果転職しない方が良いと判断した場合は無理に勧誘はしてきません。是非自分に合うキャリアを探してみてください。

 

実際に利用してみておすすめだったIT専門の転職エージェントであるレバテックキャリアを紹介します。

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアはレバレシーズ株式会社が運営している、ITエンジニアに特化した転職支援を提供してます。

IT/WEB業界において最大級の転職支援サービスです。業界最大級の非公開案件数。既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があります。国内最大手から外資企業、ベンチャーまで幅広いIT案件を保有しています。

IT業界に精通したプロのエージェントがサポートしています。エンジニア出身のコンサルタントも在籍。エンジニアのニーズを100%理解し条件交渉から面接対策まで徹底してサポートを行います。彼らは専門的なIT知識を持ちつつ、常に業界の動向をキャッチアップしています。

現場の情報収集を大切にしています。転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがあります。専門チームが現場に訪問して実際の作業担当者と情報交換を行っています。そのためリアルな情報を入手することが可能です。




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.