エンジニアの不安・悩み

システムエンジニアの仕事ってつらいの?新卒でエンジニアしてた時の話

投稿日:

SEの皆さんお疲れ様です。

これからSEになろうとしている方々、最初に言っておきます

SEはあなたが思っているほどブラックではありません。

だから安心してください。

エンジニアは言うほどブラックじゃないよ

僕はエンジニアとして1年弱、別の会社で営業寄りの仕事(人手が足りないので広報とかサイトの管理とか事務や総務的なことを)1年弱の合計3年近くIT系の会社にいました。

※なお技術力はあまりない模様

 

お客さんや、取引先、新人エンジニア、ベテランエンジニア、フリーランスエンジニアと様々な方々と接する機会がありました。

その感想を申し上げると決してブラックではありません。

 

ブラック案件にぶち込まれたことはありますが、エンジニアの皆さんはとても素晴らしい人たちで、精神的なストレスはありませんでした。

むしろ皆論理的なので、「あいつむかつく」とか「なんか嫌い」みたいな感情による喧嘩や派閥争いみたいなものはありませんでした。

 

まあどの業界も検索したらブラックって出るのでそんなもんじゃないですか?という感想です。

でもこれはヤバいな~とブラックさを感じる場面はいくつかありますのでご紹介したいと思います。

ここが辛いよエンジニア

プログラミングを魔法だと思っている

僕は元々文系出身でした。

IT企業に入社してプログラミングの研修を受けるまで、プログラミングがあればなんでも出来ると思っていました。

でも実際は命令文通りの動きしかしません。

 

でも世の中の人、それも非IT企業の部長クラスの決裁権を持っている人の中には、かつての僕と同じようにプログラミングを魔法と勘違いしている人がいます。

そういった人はエンジニアの人が涼しいエアコンの効いた部屋でちょこっと作業をすればなんでもうまくいくと思っています。

なので無茶な納期や工数、価格を平気で要求しています。

 

そんなヤバい案件受けなければいいじゃん?と思うでしょ?

ITに詳しくない営業を挟むと大変なことになる

そういう案件を平気で受けてきてしまう営業が一定以上います。

 

そうなるとプロジェクトが始まる前からブラック案件なのが確定してしまいますね。

なので本来クライアントとのやりとりはちゃんとしなければなりません。

下請け案件がヤバい

知っている人は多いと思いますが、IT企業と言うのはゼネコン同様、多重下請け構造になりがちです。

 

  • 発注者が「300万円で業務用のシステムを開発して」と依頼した
  • 最初に名乗りを上げた1次受けが受ける
  • 1次受けが2次受けに「200万円で開発して」と流す
  • 引き受けた2次受けが「100万円で開発して」と三次受けを探す

こういう風になると金額が少なることから開発体制が厳しくなるだけでなく、発注側~実際の開発する下請けまで落とすことで連絡に時間を使ってしまい納期までも厳しくなってしまいます。

そういった結果デスマーチと呼ばれるものが生まれます。

 

ですので確実にブラックIT企業を避けたい場合は、3次受けとか4次受けとかを引き受ける会社は避けた方がいいです。(僕は新卒時その辺のリサーチが足りずに苦労しました)

エンジニアをしていた時の僕がしたこと

無事ブラック案件を回避できなかった僕ですが、そんな中ブラック案件中どうしてたかお話します。

コメントで遊んでた

僕が居た案件の中に保守・運用案件があったんですよね・・・・

結構な頻度で忙しかったのですが、時々すごく暇なこともありました。

暇って実は結構苦痛なんですよね・・・・

 

客先での仕事であったため、セキュリティの関係で携帯電話は没収されてしまうし、PCはログを取られているので変なものは閲覧できないし・・・・

最初はメモ代わりにしていたノートにお絵かきしていたのですが、それも飽きてしまいました。

 

次にしたことはソースコードのコメント欄でアスキーアートを作っていました。(もちろんエンドユーザーにリリースしたものではなく社内の環境でですよ)

良い暇つぶしにはなりましたが、オススメできません。

意地でも定時で帰った

次に残業が常に発生している現場だったため僕はあることをしました。

 

それはその日の作業の見える化です。

人によっては「そんなの当たり前じゃん」って思うかもしれませんが、僕が居た現場ではそういうことをする人はあまりいませんでした。

 

なので朝礼の段階で「今日はこれをします」と宣言して、定時になったら「予定作業を完了したので帰ります」と言い放ちました。

 

僕の中では完璧な作戦だったのですが、後ほど自社の営業経由から「みんないる中で、1人だけ先に帰るのは協調性がないって別会社のチームメンバーが言っていたよ」というお叱りを受けました。

顧客ならまだしも別チームの人に言われるのは少し理不尽に思いました。

伝達事項を見える化した

よく「言った」「言わない」でもめる現場だったので、僕はそういうことが起こらないように、口頭で伝えると同時に後でチャットツールやメールなどでもう一度内容を伝えるようにしました。

そうすることで「言った」「言わない」などを発生することを減らし、しょうもない言い合いから摩耗することを減らしました。

それでも

新卒で未経験入社した割にはいろいろ知恵を働かせて頑張ったつもりでした。

会社で取れと言われた資格も業務後勉強してましたし・・・・

 

それでもヤバい案件にぶち込まれて身体を壊しかけたところで「ここまでして働きたくない」と思い退職しました。

 

もし今辛いのであれば、生活を思い返してみてください。

違う仕事を探してみるのもありかもしれません。

 

またエンジニアの仕事は決して悪いことばかりではありません。むしろ僕は終身雇用の時代でなくなった現代ではキャリアを形成できる良い仕事だと思っています。

IT需要が増えている今では、エンジニアは引っ張りだこですし、勤めるだけでなくフリーランスというキャリアも考えることができます。

関連記事:フリーランスエンジニアってどうなの?案件や年収、エージェントなどを徹底比較

 

ただ今の職場環境や現場がブラックであるならば、ちょっと働く場所を変えてみるのもありなのかなーと思います。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.