転職について

運用・保守エンジニアはきつい!将来性や転職方法を紹介!

投稿日:

24時間インターネットが出来ることやサービスを利用できるのは、誰かが運用や保守をして管理しているおかげです。私も新卒で入社した会社では、客先に常駐して運用・保守の業務をいくつか行った経験があります。

さてそんなシステムやサーバー周りの運用・保守ですが、「それらの仕事はどんなものなのか?」「どういったスキルが得られるのか?」など気になると思います。

本記事ではそういった運用・保守についてまとめました。ただ最初に結論を言うと運用・保守の仕事は最初こそ実績を作るのにおすすめですが、ずっと続けるべき仕事ではないと思っています。

運用・保守っってどんな仕事?

運用・保守とは、主にITの分野においてコンピュータシステムやネットワークシステムの正常な稼働を維持するために行われる諸種の管理作業を総称する言い方です。

24時間365日稼働が当たり前となったネットワークにおいて、システムやネットワーク・サービスのダウンタイムは、ビジネスにおける大きな損失となります。企業の規模に関わらず、ネットワークとサービスの可用性を高く保つことは重要です。

では具体的にどのような業務があるのか、解説していきます。

ping監視

別名死活監視とも言われています。ットワーク内に配置した機器やサーバー・システムが意図通りに稼働しているか、外部から監視することを指します。

具体的には、Pingコマンドを定期的に送信し、受信先の効きやサーバーが正常に稼働しているかの返答をチェックします。ただ最近はPing監視を簡単に自動化するツールも出ているため10年後も全く同じことをしているかどうかは不明です。

負荷状態監視

リソース監視とは、サーバー内のCPUやメモリの負荷状況、ハードウェアの利用状況、ディスク使用状況、などを監視します。リソースの許容量を超えてしまうとユーザーがサービスを受けることができなくなってしまうため、このような監視も必要になります。

ハードウェア監視

サーバーやネットワーク機器の物理的な故障が無いかを監視します。例えば、搭載しているCPUやメモリ、ハードディスク、電源供給装置といった部品が故障していないか、機器内の温度が異常に高温になっていないかを監視します。

アプリケーション監視

サーバーに搭載されているアプリケーションが正常に動作しているかを監視します。例えば、正常・異常のログを出力している場合は、それを監視します。

ネットワーク監視

サーバーやネットワーク機器間のネットワークに異常が無いかを監視します。通信が途切れている、混雑しているといったことが、どのネットワークで発生しているかを視覚化し、対処する機器を特定します。

運用・保守エンジニアのメリットとデメリット

「運用・保守の仕事内容」についてはなんとなく理解していだけたと思います。では実際に運用・保守をしていた感想を踏まえた上での、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

就職しやすい(未経験や資格なしでも可)

Web系のシステムエンジニアなどの人気職と比べると、競合も少なくITスキルがなくても、就職しやすいです。

理由は末端の運用・保守要員の場合は、ひたすら目視でツールをチェックして何かあったら上司にエラーを伝える、ということが多いため、そこまで高度な技術を必要としません。

「IT系の職種にキャリアチェンジしたい」「空白期間があるけど正社員として働きたい」という人は比較的良いんじゃないかと思います。

業務実績を作りやすい

ITエンジニアのキャリアを作る上で必要な要素として、資格以外にも業務実績がというものがあります。

転職をするにおいても、常駐案件に参加するにも、過去の業務実績を記載したスキルシートが評価されます。正直な話大した業務内容でなくても、過去に触れたプログラミング言語やサーバー・OS、その他ツールの実績が多ければ多いほど評価されがちです。

運用・保守エンジニアは上述の通り、未経験や資格なしでも働きやすいので、後々の業務実績を作ることも容易です。

デメリット

スキルが身に付きにくい・エンジニアの中では末端の扱い

IT系のエンジニアというと様々な職種や業務内容があります。

  • 顧客との要件を詰めて必要なシステムを設計する「コンサルタント(または上流工程エンジニア)」
  • システムに必要なサーバーやネットワークなどのインフラを設計・構築する「インフラエンジニア」
  • 設計した内容を元にコーディングを行う「プログラマー」
  • 完成したシステムやインフラなどのテスト・デバックを行う「テスター」

などなど

開発現場の工程では、提案→設計→構築作業(プログラミングなど)→テスト→納品・導入→運用・保守にて品質を保証。というのが一般的な商流です。

開発工程の中でも下の方が運用・保守であるため、どうしても下の方の部類の扱いになります。

重要ではない部分であるため、スキルが身に付きにくく、不況や予算が赤字になったときに切られる可能性が高くなります。

シフト制や夜間業務がキツい

私も経験がありますが、運用・保守エンジニアは24時間365日交代制で働くため、心身ともにキツいです。

そのため挫折する人や、体を病んでしまう人も出てきてしまいます。Yahoo!知恵袋などでも「運用監視 辞めたい」みたいな書き込みを多数見受けられます。

スキルが身に付きにくい

不具合に対して、適切にハードやソフトの処理をできるトラブルシューターになれば、スキルもニーズもあります。

ですが、ただPingコマンドを実行したりツールを目視してエラーがあったら上司にエスカレーションするだけ、というような運用・保守エンジニアである場合スキルが全然身に付きません。

そのような仕事ばかりをしていると若いうちはいいですが、年齢を重ねたときにつぶしが効かなくなりますし、年齢に応じて単価が上がった時に仕事を貰えない可能性も出てきます。

AIにより仕事がなくなる可能性もある

エラーが起こった際にトラブルシューティングを行っているエンジニアは別ですが、ツールで状態をチェックしていたり、トラブル時のコールセンター的な業務だけしているエンジニアは今後切られる可能性がありいます。

システム開発などIT化の最大の目的は、手作業を減らし機械化することで人件費の削減を実現している流れが一般化しています。IBMのワトソン(人工知能)が某銀行でのコールセンター業務を行っているのは新聞で見たことある人もいると思います。

人工知能を導入することで、運用・保守は大幅な人員削減する流れになると感じています。

運用・保守エンジニアのキャリアプランはどうするべきか?

メリットよりもデメリットの方が目立ってしまったかもしれない運用・保守の仕事。では最初から運用・保守は外した方がいいいのかと言えばそういうワケでもありません。

運用・保守の案件は下積みと考える

私の主張は末端の作業員・連絡要員は定年までやる仕事はありません。上述でも触れた通り、運用・保守エンジニアは開発現場では末端であるためスキルアップも出来なければ切られやすいからです。

スキルが身についてない、年齢を重ねただけのエンジニアは現場でも扱いずらいですし、末端作業のエンジニアという条件であればもっと単価の安い若手エンジニアに任せればよいと、責任者は考えるでしょう。

ですが、運用・保守エンジニアは、仕事が貰いやすい案件の1つです。「未経験だけど正社員になりたい」「ITエンジニアのキャリアパスを築きたい」というのであれば、運用・保守に力を入れている会社またはそういった現場からスタートすることをおすすめします。

キャリアアップをして好待遇のエンジニアになる

最初は運用・保守案件ばかりを対応するエンジニアとして勤務するのも全然アリだと思っています。

運用・保守案件を経験して実績を積み重ねて、「基本情報技術者」や「CCNA」などの資格を取りながらキャリアアップするというプランを取るべきです。

運用・保守で実績を積みたくないのであればプログラミングスクールで技術を学ぶべし

一方、「運用・保守でキツイ思いをしながら実績を積むのは嫌だ!」「最短でちゃんとしたエンジニアを目指したい!」というのであれば、プログラミングスクールで実績を積むべきです。

プログラミングスクールであれば、現場で必要なプログラミング技術を最短で身に付けることができ、就職の支援を受けることも出来ます。

年齢やシチュエーション別のプログラミングスクールは以下の記事にまとめたとので、今からIT企業への就職を最短で考えているのであれば要チェックです。

就職・転職におすすめのプログラミングスクール6選を徹底比較!

「これからはITスキルが必須」「エンジニアはフリーランスで稼げる」「ニートやフリーターからのキャリアチェンジができる」など、最近魅力的な働き方になりつつあるITエンジニア。 Web系のエンジニアやアプ ...

続きを見る

安くて質が高いプログラミングスクール7選!エンジニアが徹底紹介!

「プログラミングスクールでプログラミングの勉強したいと思っていいるのですが、プログラミングスクールの費用が物凄く高くて困っています」というお問い合わせをちょくちょく頂きいます。 どうせプログラミングス ...

続きを見る

大学生におすすめのプログラミングスクール4選!お得な学割も紹介!

以前はシステムエンジニアを始めたIT系の仕事は、「IT土方」などと言われて人気ありませんでした。 ただ、最近は月に100万円以上稼ぐフリーランスエンジニア、や私服でフレックス出社など、イケてる働き方の ...

続きを見る

すでに業務実績を積んだ人は転職をするべき

既に1年近くエンジニアとして勤務していて、業務の内容が辛いのであれば転職を考えるのも1つの手です。

私も運用・保守エンジニアとして現場に1年くらい常駐していましたが、スキルアップも見込めず精神的に病んでしまったため転職をしました。

元々いずれは独立してフリーランスとして活動をしたかったため、転職先もそれに合う経験が出来る企業をを選んで頂きました。

もし、現状の業務に不満や将来にい対して悩みがあるようでしたら、一度相談だけでもするべきです。

まずはキャリアの相談をしてみよう

今の仕事をしていて「嫌だなぁ」とか「漠然と今後が不安だ」と思うのであれば、転職を含めたキャリアアップを考えるべきです。

ITエンジニアのキャリアですがいろいろあり

  • Web系のエンジニアに転身
  • ITコンサルタント
  • 自社開発エンジニア
  • 社内SE
  • セールスエンジニア(IT技術に詳しい営業職)
  • フリーランスエンジニア

など様々な選択肢が存在します。またこれら以外にもITで独立という選択肢もあります。

 

私自身も「今の仕事を辞めたい」「このまま将来お先真っ暗だ」と悲観していたのですが、転職エージェントのコンサルタントに「働き方」「今後どうなりたいか?」などを相談した結果、ちゃんとした転職先を紹介してもらった後にスキルアップを行うことができ、今はフリーランスとして働けるようになりました。

あのときキャリアアドバイザーに話をしてよかったと思いっています。

私のおすすめはレバテックキャリア

キャリアの相談や転職先の案内などは、様々なところで実施していますが、私のおすすめはITやWeb業界の転職に特化した「レバテックキャリア」です。

これまでに78,000人以上が登録をしていて、求人数が4,000件以上もあるIT特化転職の最大手で、利用してみた特徴は以下↓の通り。

強み①:キャリアアドバイザー全員がITに詳しい

リクルートやその他の転職サービスでもキャリアの相談をしていたのですが、正直腑に落ちない内容だったことも多々ありました。というのもその人たちはエンジニアとして働いていたわけでもなければプログラミングなどにも触れたことがない人たちだからです。

一方でレバテックキャリアのキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちは、元SEやプログラマーなどのIT人材、最低でも全員がプログラミングができるレベルの人たちです。

そのため他の転職支援サービスの人たちと違って、「まるでエンジニアと話しているかと思った」というレベルでのコンサルティングを受けれました。

強み②:ちゃんとしたキャリアプランを提供してくれる

キャリアアドバイザーがITスキルがある場合の最大のメリットは、「自分が何をすればそのような3年後、5年後、10年後などの未来の目標に近づけるか」を把握しているというところです。

他所の会社でもキャリアアドバイスを受けたのですが、そこでは「とにかく現状を変えるなら転職しかありません」みたいな案内をすることも少なくありませんでした。

ところがレバテックキャリアでは全員がかなりITに精通しているので、キャリアプランを描くのも上手く適切なキャリアアドバイスをしてくれます。

場合によっては「今すぐ転職しない方がいい」とその人のことを思って追い返す場合もあります。

 

ちなみに私の場合は、「体力的にも精神的にもキツイのでずっと客先常駐はイヤだ!」「いずれは独立したい」という要望を伝えました。その結果2つの提案を受けることに・・・・

1つは「嫌々にはなるけど、実績が足りないので別のもっと条件やスキルが身に付くところで常駐して、その数年後Webエンジニアとして再度転職をする」、2つ目は「スタートアップ的なところで、激務になるけど短期間で様々なスキルを身に付けて、そこから独立する」という提案をされました。

結果として私は、2つ目の選択肢を選び、ITスキルだけでなく営業やメディア運営など多方面に学ばせて頂き、社会人4年目のタイミングで独立してフリーランスとして活動することができました。

「とりあえず転職しましょう」みたいな適当な提案ではなく、利用者がどのようになりたいのかを適切に提案してくれるのがレバテックの強みです。

強み③:質の高いマッチング

レバテックキャリアでは

  • 年間3,000回の企業訪問
  • 転職した人からのリアルなき情報をヒアリング
  • 業界や最新技術をコンサルタントが常に勉強

により様々な角度から情報を収集しています。

現場プロジェクトマネージャーや転職先SEなどと常にコミュニケーションをとることで、開発現場でどんな人材が欲しいかのニーズをしっかり洗い出し、転職希望者と企業のミスマッチが起きないようにしています。

弱み:対応地域が限られている(関東・関西・九州)

満足度が非常に高いレバテックキャリアですが、正直弱いなと思う点もあります。対応地域が関東・関西・九州のみということもあって、対応案件の数の少なさやキャリアカウンセリングを受けれる人が限定されてしまいます。

その分、カウンセラーだけでなく案件の質でカバーしていて、非公開求人には驚くような有名企業があったり、有名ではないにしろ待遇が良い企業が多いです。

 

年収が300万円上がったということも決して少なくありません。ちなみに私も社会人2年目途中くらいのキャリアしかないのに50万円もUPしました。

キャリア相談は簡単にできます

相談から転職支援まですべて無料で受けることができます。(彼らの運営費は転職先の企業から頂いているため)

また、相談に行きたくても「メンドクサイ」と感じる人も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

  • 相談の申し込み登録は1分で完了します
  • スーツじゃなくてラフな格好で来社OK
  • 履歴書の書き方が分からないのであればコンサルタントが対応
  • 相談時間は1時間ほどで、キャリアカウンセラーと一緒に今後の方向性を考え、人生を見つめ直してくれる

キャリアカウンセラーは決して怖いものではなく、知人に会いに行くぐらいのフラットな気持ちで申し込んで問題ありません。

またかつての私もそうだったのですが、「職歴があんまりないと相談にのってもらえないんじゃないか?」と不安を抱えている人も少なくないでしょう。さすがに社会人1ヶ月目とかだとキビしいですが、半年以上の業務経験があれば相談に乗ってくれます。

「今の環境がキツイ」「今後のキャリアプランを考えたい」という人は一度相談しに行くことを強くおすすめします。

※申し込み後、キャリアコンサルタントから折り返しの電話(またはメール)での予約確認があります。知らない番号から電話が来ても身構えないでください。

関連記事レバテックキャリアの評判・口コミ!実際に利用してみた感想も紹介!
レバテックキャリアの悪い評判・口コミ!第2新卒は利用できない?

「レバテックキャリア」はIT専門なのが特徴的な転職エージェントサービスです。また運営元のレバレジーズ株式会社では他にも「レバテックフリーランス」というフリーランスエンジニア向けの案件仲介サービスも行っ ...

続きを見る




-転職について

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.