エンジニアの働き方

客先常駐エンジニアのメリット・デメリット・働き方についてについて考えてみる。

更新日:

IT業界のエンジニアの業務形態に「客先常駐」というものがあります。

僕が新卒で入社した会社も自社案件を複数保有しているとは言ったものの実態は売り上げの9割ほどを客先常駐で賄っている会社でした。

 

そんなわけで今回は客先常駐のメリット・デメリット、働き方について述べていきたいと思います。

客先常駐とは

ひとことで述べると、「エンジニアを募集している会社の元へ技術支援と言う形で派遣されて、募集会社の指示の元で開発や作業を行う」スタイルのことを客先常駐と呼びます。

 

少し難しい言い方で言うと、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用における委託契約の一種で、特定の業務に対して技術者の労働を提供する契約ということになります。

SES(システムエンジニアリングサービス)という言い方をします。

 

イメージとしてはこのような感じです。

  1. あなたが株式会社SESに入社したとします。
  2. SES社から「君は明日から株式会社Bに常駐ね」と言われて株式会社Bに行きます。
  3. それ以降は、契約期間の間、自宅から株式会社Bへ出社することになります。
  4. 時々帰社日としてSES社に帰ることはありますが原則B社働くことになります。

正社員という枷があるだけで派遣社員と変わらない労働スタイルです。

 

そのあと転職してセールスエンジニアという営業寄りの仕事をして会社の営業成績に関わる機会があったので知ったのですが、

客先常駐形態は経営側からするとものすごくコスパのよい商売なんですよね。

 

自社パッケージや自社開発の場合は売り上げに毎月波が出てしまいますが、客先常駐の場合はエンジニアを派遣すればお客さんから毎月固定で費用を貰えます。安定して売り上げが発生するメリットがあります。

 

さらに客先にエンジニアを派遣するため自社オフィスやその他設備などにお金を掛けなくても済みます。

そのため社員をドンドン増やしても経費をさほど圧迫しません。

 

そのため、大量に人員を採用して次から次へと社員を派遣させれば大きなリスクを抱えずに売り上げをドンドン膨らませることができます。

 

客先常駐のメリットは?

固定費を節約しながら大きなリスクを抱えずにドンドン収益を上げられるという点で経営側のメリットは素晴らしいかもしれません。

では果たして働く側の従業員のメリットはあるのでしょうか?

未経験入社がしやすい

客先常駐を主としている企業へ入社する一番のメリットだと考えています。人手が欲しいので入社難易度はさほど高くはありません。(収益のためではなく機密情報保持の観点で常駐が多い会社は業務の質も高いことが多いので除きます)

 

入社難易度は高くないためIT業界未経験の人の最初のキャリアとして客先常駐を経験するエンジニアはかなり多いです。

 

実績がつく

IT業界は、基本的には実務経験がものを言う業界で、それまでの学歴などは重視されません。

未経験のシステムエンジニアが実務実績をつけるための最初のきっかけになりやすいのが客先常駐です。

様々な経験をすることができる

客先常駐勤務の場合、通常は数か月~数年スパンで様々な職場を経験することになります。

そのため1つの職場でずっと働くよりも様々な経験を得ることができます。

 

契約が終わったら、次のプロジェクト、そのプロジェクトが終わったらまた次、と言う風に様々な職場を経験することができるため、多数の言語やフレームワーク、その他ツール、マネジメント手法と様々なものを勉強・経験することができます。

 

毎回勉強しないといけないのは大変かもしれませんが、様々な経験や技術は今後のエンジニア生活にとって間違いなくプラスになることでしょう。

様々な出会いがある

毎回違う現場に行くため、ただ社内にいるよりもいろんな人に会う機会があります。

僕が最初に入社した会社の先輩は現場で出会った女性と結婚したそうです。僕自身も現場のよその会社のエンジニアと何回か飲みに行ったことがあります。

 

新しい出会いを通じて、自分が取り扱っていない技術を教えてもらったり、転職や独立の時の助けになるかもしれないので積極的に交流して欲しいと思います。

残業などが少ない

人月計算で常駐させる場合、一定の労働時間を超えると残業代を上乗せで請求できるような契約を結ぶことがほとんどです。

そのため客先側のコストを気にする担当者は極力残業が発生しないように工数を組みます。とくに銀行案件なんかは残業が厳しいところが多いように感じました。

 

 

ただこれも契約形態やそのプロジェクトのマネージャーの力量に左右されます。

例えばいくら働いても基本給そのままみたいな契約を結んでい締まっている場合はみなし残業が発生してしまいますし、プロジェクトが炎上中なら残業代の発生なんておかまいなしで残ることになってしまいます。

 

あくまで体感として残業が少なく感じたという話です。

引き抜きがある

このような常駐派遣を行える取引先というのが大体は大手です。大きな資本力がなければまず、数十人数百人もの技術者を連れてくることができません。もしそこで働きが認められれば引き抜きされることもあります。

 

新卒では倍率が高くて中々入社できないような会社、今の学歴や経歴では取ってもらえない会社でもワンチャンスがあります。

 

とは言ってもよほど優秀である場合や、派遣する企業側にもメリットがある場合などごく稀になります。

客先常駐のデメリットは?

先ほどまでは客先常駐のメリットについてお話しました。ここからは少し辛い話である客先常駐のデメリットについてお話したいと思います。

技術力が身に付かない

あなたは「お前さっき、様々な経験を通して技術力が身に付くっていったじゃねーかよ!!!」そう思われているかもしれません。

実はこれ両方とも正しいのです。

 

常駐すれば必ず高い技術が身に付くというわけではありません。

あくまで様々な案件を経験できる機会に恵まれるだけです。

 

そのためクソ案件しか取り扱うことのできないようなレベルの低い会社に入ると、「これ本当にIT業界でやる仕事なの?」ってレベルのしょうもない案件に出くわすこともあります。

とくに3次受け以降の案件になってくるとクソ率がアップするというのは体感しました。

 

 

また何でもかんでも現場の先輩が教えてくれるわけではありません。

僕も経験あるのですが自社から一人で常駐するということもあります。

 

そうなるとよその会社の人に質問などコミュニケーション取る必要が出てきます。

受け身でなんでも仕事が成り立つという事はありません。積極的に話しかけていく度胸が必要になってきます。

 

下手したらコピペプログラマー程度のスキルでもなんとかなるような案件を長期にわたってすることになるかもしれません。

ですのでスキルや実績をつけたいからと言って糞みたいな常駐案件しか取れないような弱小企業に行くのは思いとどまってほしいと思います。

自社への愛着、帰属意識が生まれない

最初の研修以外ほとんどの時間を現場で過ごしていた新卒入社の会社、おかげさまでビックリするくらい自社への帰属意識が湧きませんでした。

 

時々、自社の本社勤務の総務やごく少数の受託開発エンジニアの同期や先輩が飲みに行こうみたいに誘ってくださるのですが、普段会わない人たちなので全く持って参加する意欲が出てきませんでした。

 

もっと言えば現場では日報を書けないので、終業後や休日に「日報を書け」と言われるので愛着どころか、「休ませろよ」という怒りが湧いてしまいました。(他の人やよその人は当たり前のようにこなしていることなのですが

 

休むのに客先と自社、両方の承認が必要になる

例えば

「高熱を引きました」

「インフルエンザに感染しました」

「身内の不幸がありました」

とかあったとしましょう。他にも「ライブに行きたいから休みたい」などの私的理由で有給を取得したいという理由でもいいです。

 

常駐勤務の場合、それらの理由で休みたいときには、客先と自社両方の承認を得る必要があります。

休むことは労働法でもまとめられている通り労働者の権利なのですが、常駐の場合客先と自社両方の承認が必要なため取得のハードルがあがります。

とくにシフト制の保守・運用ですとさらにハードルが上がりました。

 

 

僕が勤めていた会社は「この日休みたいです」と自社の営業に行ったら、「自分で客先に自分で伝えて、あとで休む日の連絡を別途して」と言われました。

収益管理のため情報がほしいのは分かりますが、そこの交渉を担当してくれないのであればあなたが営業である必要はまるでないなと当時思いました。

客先常駐の社員は休むハードルがものすごく高くなるように感じます。

客先常駐と派遣社員はあまり変わらない

実は一時的に転職までの間、派遣社員をしていた時期があるのですが、もちろん福利厚生は保険や年金を会社が持ってくれていることもあって優遇はされていますが、働き方については派遣社員と全く変わらない印象を受けました。

 

むしろ正社員として現場に入っている分、派遣社員と違いみなし残業が導入されていますし、「正社員ならこれぐらいはやれよ」みたいな圧力がある分、派遣社員の方が精神的に楽でした。

むしろ派遣社員の場合は残業手当がべらぼうに良いため(具体的に言うと業務時間の時給+時給1.5倍の手当てが付く)、場合によっては派遣社員の方が儲かるケースもあります。

 

30代以降は使い捨てられる可能性がある

よくIT業界では「35歳定年説」というのがあります。

プログラマーだと35歳を超えると仕事がないからマネージャーになれみたいな論調であることが多いですが、プログラマーだからだめなんじゃなくていつまでも糞みたいな常駐案件しかこなしてこないプログラマーは定年だよって意味合いだと考えています。

 

人月商売であるITの場合、年齢が増加するにつれてエンジニアの単価が上がってきます。

そのため少しでも安く作業員が欲しいような案件は必然と単価が安い若者に仕事が集中します。

 

30代以降の高単価エンジニアの場合、それに見合うようなスキルでないといらないと判断されてしまいます。

先ほど挙げたように適当な案件に何年も常駐していただけのエンジニアはやがて捨てられてしまう可能性があります。

【まとめ】客先常駐は糞なの?

ここまでの話をまとめると客先常駐のメリットとして

  • 業界未経験や職歴が乏しくても入社しやすい
  • 実績が付く
  • 様々な業務を経験することができる

というのがあります。

 

反対にただ常駐して毎日ダラダラ仕事をしているだけでは、30代以降仕事がなくなる可能性がありますし、そもそも名ばかり正社員なので辛いという、デメリットがあります。

 

なので最初こそ常駐エンジニアとして現場の仕事をこなすことで経験や経歴書に記載する欄を増やしつつ、ゆくゆくはもっとキャリアアップをしていく必要があります。

 

客先常駐を辞めたいのであれば・・・

自分は客先常駐を脱することができました。その後は自社勤務のエンジニアよりの営業職(セールスエンジニア)として勤務したのち、フリーになりました。

その観点から「客先常駐を辞めたい」という人に向けて意見をまとめました。

 

客先常駐先の引き抜きには期待してはいけない

先ほど客先常駐によるメリットのところで、引き抜きがあると記載しました。ですが引き抜きを期待してはいけません。

 

何故なら現場に参画するエンジニアというのは何人もいるため、その人全員と競って勝つのは至難の業だからです。

競争で勝つためには彼よりも有能である必要がありますし、現場の偉い人に気に入ってもらうためにはサービス残業をしたり、プライベートでも飲みに行く必要もあります。

 

また、現場の担当の人に人事の権限があるかどうかも分かりませんし、自社と常駐先との間に引き抜きがNGという規約がある可能性もあります。

 

諸々の事情があるため、常駐先の引き抜きはあるかもしれないですが、それを期待するのはやめた方が良いです。

やはり自分の未来は自分で切り開く気持ちが大切になります。

 

自社に戻れないか上長に頼んでみる

もし今常駐をしているのであれば、まずは自社の上司に相談をしてみるのはいかがでしょう?

もしかしたら、SEの希望を聞いて配置を変えてくれる可能性があります。

 

ただし、基本的にはSEの配置を変えてくれる企業はないと思ってください。

僕自身も経験しましたが、全く応じてもらえませんでした。無駄に希望抱いて絶望しないためにもダメ元くらいの気持ちでお願いしてみましょう。

 

客先常駐を辞めたいのであれば転職が一番である

あくまで僕自身の持論ですが、客先常駐を辞めたいのであれば転職が一番良い選択です。

というのも客先常駐を生業としている会社は絶対にエンジニアのことを考えて客先常駐事業をやめる気はないですし、仕事が出来て性格も良くて資格も持っているようなパーフェクト人間ではないと引き抜かないため、今の生活のままで環境が変わることがほとんどないからです。

 

僕も転職活動を始めたら何だかんだ別業種も含め5社から内定を貰い、客先常駐とは程遠いような自社開発に転職をして経験を積んだのち、今はフリーランスとして活動をしています。

勤務経験は2年未満でしたが、正直あのタイミングでキャリアを見直して本当に良かったと思います。

 

もし「客先常駐は嫌だ」「毎日自社で仕事をたい」と考えるのであれば、今の仕事を辞めるべきであると経験則から言います。

 

まずはキャリアの相談をしてみよう

客先常駐エンジニアをやめた後のキャリアとしては

  • 自社開発のSE
  • 直受けしか扱わない会社のSE
  • 社内SE
  • セールスエンジニア
  • ITコンサルタント
  • 他業種

など様々なキャリアがあります。

 

ただそういうことになると「キャリアを考えると言ってもどうしていいか分からない」となる人がほとんどだと思います。(実際僕も転職の初期は金融関係とか食品の商社に面接に受けに行くぐらい迷走してしまいました。)

 

ですのでまずは、ちゃんとした人にキャリアを相談するのが一番かと思います。

僕もレバテックキャリアやワークポートのキャリアカウンセラーさんに相談しまくった結果、将来はフリーで仕事をしたいと思いITの業種に戻ることを決意して、営業力も付けたいと思いIT+営業ができるセールスエンジニアを募集している会社に転職しました。

 

キャリアカウンセラーとは、仕事を中心とした人生をひとが活き活きと過ごせるようお手伝いする専門家です。

適職の発見はもちろんのこと、その人が持っている興味や能力、価値観に合った生き方ができるよう対話を通してサポートをしてくれます。

 

このキャリアカウンセラーと言う人たちは、転職エージェント会社(人材紹介会社会社)に所属していることがほとんどです。

そのため転職エージェント会社に行けば、仕事に関する様々な相談を受けることができます。

 

また転職エージェントと聞くと「え?今すぐ転職しないといけないの?」と身構えるかもしれませんが、そんなことはありません。

「今は転職する気がなくて今後のキャリアをどうしたらいいのか相談に来た」というレベルで赴いても問題はありません。

 

話を聞いた結果、毎年数百人以上の働く人を見てきているキャリアカウンセラーが

  • 今は転職するべきである
  • 今すぐ転職は早い
  • あなたに向いている働き方は○○の分野でスキルを磨くことである

など、多角的に診断してくれます。

 

さらに転職エージェントに登録しておくと、あなたと面談した結果に合う会社を自動で選んでくれたり、面接や職務経歴書のチェックなども無料でしてくれるため、利用するのはメリットしかありません。

 

もし、今後の相談をするのであれば「レバテックキャリア」がオススメです。

レバテックキャリアは

  • IT/Web業界最大級のエンジニア・デザイナー専門の転職支援サービス
  • IT業界に精通したプロのキャリアカウンセラーが在籍
  • 転職先企業にて働くエンジニアとのネットワーク保有している

という特徴があります。

IT業界に詳しい最大手であり、キャリアカウンセラーは元エンジニアあるいはIT業界に精通した人材ばかりであるため、様々な仕事の悩みを抱えたエンジニアを見てきています。

そのため必ずあなたの悩みの解決策を提示してくるはずです。

 

また本格的に転職を考えた場合、レバテックキャリアは多数の企業の現場エンジニアとのコネクションがあります。

それにより、質の高い会社の情報を知ることができるため、あなたに合う会社が見つかる可能性が高くなるはずです。

 

まずは転職をどうするのかの前に今後「食いっぱぐれない」キャリアについての相談をしてみましょう。

 

またIT業界を見てみたい場合は、ワークポートも同時に登録することをオススメします。

ワークポートは以前はレバテックキャリアのようにIT専門の転職エージェントでしたが、今は事業を拡大してIT以外の業種についても対応できるようになっています。

 

IT専門にやっていたノウハウのストックを持ちつつ、他の業種への転職も提案できるため、エンジニアがキャリアを考えるのにはうってつけのエージェントのひとつであると感じました。

転職エージェントランキング

 

>>こちらをクリック<<

オススメのプログラミングスクールランキング


>>こちらをクリック<<




-エンジニアの働き方

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.