常駐エンジニア

客先常駐エンジニアに帰属意識はない!経験者が理由を解説!

投稿日:

帰属意識と言えば、「ある集団に自分が属している、その集団の一員であるという意識。企業や民族などさまざまな規模・単位について用いられる」という意味なのは言うまでもないことかもしれません。

別の言葉で言うのであれば会社に対する思いやりや好きと言えば良いのでしょうか・・・・正直客先常駐エンジニアをしている人の大半はそういった意識を持ち合わせていません。

本記事では実際に客先常駐のシステムエンジニアをしていた私が自社への帰属意識がない理由を解説していきたいと思います。

エンジニアを発注しているSlerや客先常駐している会社の方というよりは、客先常駐をしているエンジニアに向けた記事になります。

客先常駐エンジニアが帰属意識を持てない理由

毎日通う自分のオフィス・デスクがない

客先常駐そのものを否定することになりますが、そもそも自分の所属しているオフィスに毎日通勤しないということが一番帰属意識がなくなる原因だと思っています。

転職して常駐エンジニアを辞めてから尚更感じましたが、毎日自分のデスクがあることがどれだけありがたいことか良く理解できました。

常駐先にもよりますが、私が行かされる現場は毎回自分の固定の机というものがなく、毎回ランダムに空いている席に座るため全然落ち着かなかったです。

また客先のデスクなので好き勝手することもできず、小腹がすいたときのスナックや当分摂取用のお菓子なども入れておけません。

自社で業務している社員との温度差がある

時々自社に帰ったり、社内のメーリングリスト、同期とのLINEグループ、などで同僚の状況がある程度見えてきます。そういうときに現場に行ってる組と同期組との温度差をかなり感じました。

特に自分の案件がかなり辛いときに社内組(おもにお気楽な総務や営業など)を見ると、無性にイライラしてしまいました。

器が小さいとは自分でも思いますが、基本的に人間は自分より幸せな人を見ると嫌悪感を抱きがちな生き物なので仕方がない・・・・

社内の評価制度に納得がいかない

客先常駐エンジニアの場合よその働きかと違い、本社の上司があなたの働きぶりを把握できるわけではありません。あくまで客先の言い分を元に評価されてしまいます。

自分では一生懸命やっていたつもりで、それなりに評価してもらえると思っていても思ったより低い評価を貰う、なんていうのはどの客先常駐エンジニアにもあると思います。

必死に業務をこなしながら会社で受けろと命令された資格に合格しても、ちょっとした客先のクレームで評価はダダ下がり、資格に落ちて大した活躍もしてない自社の総務の方が良い評価を貰っていた時は辛かったです。

業務外で資格習得を強要されるのが辛い

上記でも少し触れましたが、時々自社に帰ったりメールが着たりする内容にありがちなのが、「資格を習得してください」という内容。

あなたが資格を習得しても月の給料が数千円上がる程度でしょうが、あなたの会社に入るお金は違います。

資格を持っているエンジニアを常駐させると月の単価が数万円から数十万円も変わります。つまりは会社が貰えるお金の額が段違いです。転職先で営業もしていた時に請求書作ってるときに知ってビックリしました。

上司は「君のキャリアビジョンのため」みたいなことを言いますが、これは会社や営業担当のためと言った方がいいでしょう。そんなものを給料が出ない業務外に強要されててかつとっても評価されないんじゃくさりますよ。

月の締め作業を社外・業務外で行う

月末の勤怠や月報の提出先を常駐先ではできないし自社に戻るのは遠いので自宅で行っていました。

実際に総務に直接手渡ししないで遠隔でメールなりFAXなりで必要な情報を送ると、直接会っていない分バーチャルというか実在しているのかどうか分からないような感じになります。

常駐案件によっては全く自社と関わらなくなる

飲み会には参加したくないということを上では言っていたものの、シフト制の業務や多忙な案件に入ると全く帰ってこれないということもあります。

そうなるといよいよ同僚や上司の顔すら完全すら完全に忘れてしまいます。

客先の労働環境によって帰属意識が薄れることもある

上記は自社周りに対する不満だったのですが、客先そのものが自身の帰属意識を無くすことに繋げるケースもあります。

客先常駐の労働環境が酷い

デスマーチ案件や4次受けのゴミみたいな案件、24時間いつでも対応しないといけないサーバーの運用・監視業務、など辛い案件はたくさんあります。

そういう辛い案件に入ると「なんで俺をこの現場に入れたんだ!」と自社を恨むことがよくありました。また自社の営業はポンコツで案件の説明の内容と、実際の客先の状態が全く別物ってこともありました。

私が唯一仲良かった1つ上の先輩も「この会社クソ案件しか持ってこないから信用できない」「そろそろ転職しようかな・・・・」みたいな話はいつもしていました。

案件が変わるたびに別会社に入社した気分

常駐案件が変わるたびにまた新しく就職したかのような気分になるのも帰属意識が薄れる原因だと思っています。人によっては毎回環境が変わることでリフレッシュした気になるという人もいるかもしれませんが私はダメでした。

定期的に面接をして、違う定期を買い直し、現場に入場したら新しくパソコンや端末のセッティングをし、新しい名刺を渡される、こういうのを繰り返すと「自分何しているんだろう・・・・」となります。

入場時で一番最悪なパターンは受け入れ準備が全くできていなく社員証が発行されず、会社のセキュリティを突破できずトイレすら満足に行けなかった時は、心が折れそうでした。

客先がホワイト企業

人間って面倒な生き物で、過酷な環境は嫌のですがホワイト企業でも納得がいきません。

「いいなこの会社の人たちは福利厚生が良くて・・・・」「社員食堂美味しいなぁ・・・・」、それに比べてなんで自分は派遣社員と変わらないことをして安月給でコキ使われているんだろうと悲しくなってしまいました。

帰属意識を高めようと取り組んでいるけど正直止めて欲しいこと

常駐業務で生計を立てている企業も、帰属意識を高めるために何も取り組んでいないわけではないはずです。ですが常駐して披露しているエンジニアには返って逆効果になっている可能性があります。

定期的な自社ミーティング

私が働いていた会社は隔週規模で全社員を呼んでミーティングを開いていました。中には自社の人たちと交流できる良い機会と思っているポジティブモンスターもいます。

ですが正直、普段客先で別の業務をしている人間にとっては、自社が運用しているプロジェクトなんてどうでもいいんです。

  • 客先でやっている業務を放り投げてミーティングに参加
  • 客先に「この日は帰社日なので抜けてもいいですか?」とお伺いを立てる
  • 参加できないと業務外の時間に呼び戻されて、ビデオ録画を見させられる

せめて案件の繁忙期の状況などを考慮して自由参加にしてほしい・・・・と当時は思いました。

自社飲み会が嫌だ

自社との温度差というと自社の飲み会が嫌でした。「常駐先の業務で疲れているのになんで余暇の時間を自社の飲み会に行かなきゃいけないんだよ」と本気で思っていました。

自社の社員たちは職場の近くで花金のつもりかもしれませんが、「こっちは移動だけで1時間は掛かるのにふざけるな」ってなりました。

最終的には「順番で君が今回幹事ね」と言われた時ですら参加しなくなってしまいました。

強制参加のレクリエーション

飲み会やボウリング大会、草野球などを土日などの休みの日に行うことで親睦を深まると思っている人事や経営層は一度考え直してほしいと思います。

正直今の若者は業務外は業務外で違う人たちと過ごしたいし、加えて普段接しない人らとたまに会って長時間一緒にいることは、ストレス以外のなにものでもありません。

客先常駐が嫌なら転職するのも手

あくまで私の結果論ですが、客先常駐を「辞めたい!」と感じてるのであれば早急な転職活動をすることをおすすめします。

今すぐするべきなのか、いずれのタイミング見計らってするべきなのか、人によってタイミングは変わりますが、少なくとも私は転職先で様々なことを学んだ後今はフリーランスとして以前より良い待遇で休みも多く貰えています。

まずはキャリアの相談をしてみよう

今常駐エンジニアをしていて「嫌だなぁ」とか「漠然と今後が不安だ」と思うのであれば、転職を含めたキャリアアップを考えるべきです。

ITエンジニアのキャリアですがいろいろあり

  • Web系のエンジニアに転身
  • ITコンサルタント
  • 自社開発エンジニア
  • 社内SE
  • セールスエンジニア(IT技術に詳しい営業職)
  • フリーランスエンジニア

など様々な選択肢が存在します。またこれら以外にもITで独立という選択肢もあります。

 

私自身も「今の仕事を辞めたい」「このまま将来お先真っ暗だ」と悲観していたのですが、転職エージェントのコンサルタントに「働き方」「今後どうなりたいか?」などを相談した結果、ちゃんとした転職先を紹介してもらった後にスキルアップを行うことができ、今はフリーランスとして働けるようになりました。

あのときキャリアアドバイザーに話をしてよかったと思いっています。

キャリアが短い場合は転職先でも常駐エンジニアをすることを勧められる可能性もありますが、その場合数年後になりたいキャリアに合わせた案件や教育ができる会社をキチンと選定してくれます。

もちろん「無茶苦茶ブラック」「4次受けみたいな仕事しか持っていない」みたいな会社を案内することはあり得ません。(転職エージェントもそういう取引先は得をしないため)

私のおすすめはレバテックキャリア

キャリアの相談や転職先の案内などは、様々なところで実施していますが、私のおすすめはITやWeb業界の転職に特化した「レバテックキャリア」です。

これまでに78,000人以上が登録をしていて、求人数が4,000件以上もあるIT特化転職の最大手で、利用してみた特徴は以下↓の通り。

強み①:キャリアアドバイザー全員がITに詳しい

リクルートやその他の転職サービスでもキャリアの相談をしていたのですが、正直腑に落ちない内容だったことも多々ありました。というのもその人たちはエンジニアとして働いていたわけでもなければプログラミングなどにも触れたことがない人たちだからです。

一方でレバテックキャリアのキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちは、元SEやプログラマーなどのIT人材、最低でも全員がプログラミングができるレベルの人たちです。

そのため他の転職支援サービスの人たちと違って、「まるでエンジニアと話しているかと思った」というレベルでのコンサルティングを受けれました。

強み②:ちゃんとしたキャリアプランを提供してくれる

キャリアアドバイザーがITスキルがある場合の最大のメリットは、「自分が何をすればそのような3年後、5年後、10年後などの未来の目標に近づけるか」を把握しているというところです。

他所の会社でもキャリアアドバイスを受けたのですが、そこでは「とにかく現状を変えるなら転職しかありません」みたいな案内をすることも少なくありませんでした。

ところがレバテックキャリアでは全員がかなりITに精通しているので、キャリアプランを描くのも上手く適切なキャリアアドバイスをしてくれます。

場合によっては「今すぐ転職しない方がいい」とその人のことを思って追い返す場合もあります。

 

ちなみに私の場合は、「体力的にも精神的にもキツイのでずっと客先常駐はイヤだ!」「いずれは独立したい」という要望を伝えました。その結果2つの提案を受けることに・・・・

1つは「嫌々にはなるけど、実績が足りないので別のもっと条件やスキルが身に付くところで常駐して、その数年後Webエンジニアとして再度転職をする」、2つ目は「スタートアップ的なところで、激務になるけど短期間で様々なスキルを身に付けて、そこから独立する」という提案をされました。

結果として私は、2つ目の選択肢を選び、ITスキルだけでなく営業やメディア運営など多方面に学ばせて頂き、社会人4年目のタイミングで独立してフリーランスとして活動することができました。

「とりあえず転職しましょう」みたいな適当な提案ではなく、利用者がどのようになりたいのかを適切に提案してくれるのがレバテックの強みです。

強み③:質の高いマッチング

レバテックキャリアでは

  • 年間3,000回の企業訪問
  • 転職した人からのリアルなき情報をヒアリング
  • 業界や最新技術をコンサルタントが常に勉強

により様々な角度から情報を収集しています。

現場プロジェクトマネージャーや転職先SEなどと常にコミュニケーションをとることで、開発現場でどんな人材が欲しいかのニーズをしっかり洗い出し、転職希望者と企業のミスマッチが起きないようにしています。

弱み:対応地域が限られている(関東・関西・九州)

満足度が非常に高いレバテックキャリアですが、正直弱いなと思う点もあります。対応地域が関東・関西・九州のみということもあって、対応案件の数の少なさやキャリアカウンセリングを受けれる人が限定されてしまいます。

その分、カウンセラーだけでなく案件の質でカバーしていて、非公開求人には驚くような有名企業があったり、有名ではないにしろ待遇が良い企業が多いです。

 

年収が300万円上がったということも決して少なくありません。ちなみに私も社会人2年目途中くらいのキャリアしかないのに50万円もUPしました。

キャリア相談は簡単にできます

相談から転職支援まですべて無料で受けることができます。(彼らの運営費は転職先の企業から頂いているため)

また、相談に行きたくても「メンドクサイ」と感じる人も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

  • 相談の申し込み登録は1分で完了します
  • スーツじゃなくてラフな格好で来社OK
  • 履歴書の書き方が分からないのであればコンサルタントが対応
  • 相談時間は1時間ほどで、キャリアカウンセラーと一緒に今後の方向性を考え、人生を見つめ直してくれる

キャリアカウンセラーは決して怖いものではなく、知人に会いに行くぐらいのフラットな気持ちで申し込んで問題ありません。

またかつての私もそうだったのですが、「職歴があんまりないと相談にのってもらえないんじゃないか?」と不安を抱えている人も少なくないでしょう。さすがに社会人1ヶ月目とかだとキビしいですが、半年以上の業務経験があれば相談に乗ってくれます。

「今の環境がキツイ」「今後のキャリアプランを考えたい」というあなたは一度相談しに行くべきです。

※申し込み後、キャリアコンサルタントから折り返しの電話(またはメール)での予約確認があります。知らない番号から電話が来ても身構えないでください。

関連記事レバテックキャリアの評判・口コミ!実際に利用してみた感想も紹介!
レバテックキャリアの悪い評判・口コミ!第2新卒は利用できない?

「レバテックキャリア」はIT専門なのが特徴的な転職エージェントサービスです。また運営元のレバレジーズ株式会社では他にも「レバテックフリーランス」というフリーランスエンジニア向けの案件仲介サービスも行っ ...

続きを見る




-常駐エンジニア

Copyright© システムエンジニアはじめました , 2019 AllRights Reserved.