エンジニアの不安・悩み

システムエンジニア(SE)はうつ病になりやすい?人生をよりよくするために必要なこととは

更新日:

  • 「IT業界はブラック」
  • 「IT業界は薄給で激務」
  • 「IT業界は病みやすい」
  • 「35歳定年説」

みたいな悪い話を聞きます。僕自身、新卒で入社して担当していた案件で心身を壊したことがあります。ハッキリ言って仕事で病んでしまうのはシステムエンジニアで言えば障害発生となんら変わらないです。

 

エンジニアは開発・運用しているシステム以外にも、まず自分の人生についての障害が発生しないように取り組むべきだと思います。

エンジニアは病んでいるのか?

ITProと言う有名なサイトの「ITエンジニアのメンタル」というコラム読むとエンジニアが病んでいることが多いことが読み取れます。

 

内容を簡単にまとめると、IT業界に在籍している人材にアンケートを取ったところ、こころの病と診断された割合が最も多いのはプログラマで約5人に1人だそうです。

時点でシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーが相次いでいます。

 

また所謂ベンダーとベンダーが作ったシステムを利用しているユーザー企業のこころの病を比較したところ、ユーザー企業(製造,サービス,金融,流通,官公庁などITのユーザー企業)よりも開発側のベンダー企業の方が1.5倍高いことがわかりました。

 

僕が新卒で入社して辞めた会社も他の同期も何人か辞めていましたし、病んで人格まで変わってしまったと噂させる先輩もいました。そのため一定の割合で病む人がいる業界であると感じます。(ホワイトな職場かなりホワイトなんですけどね)

 

うつ病まで追い込まれてしまうのはなぜなのか?

よく言われていますし僕も肌で感じたのですが、IT業界が病みやすい理由として人手不足が大きい気がします。人手不足がもたらす悪影響として、

  • 一人当たりの労働時間が増える
  • 一人当たりのタスクが増える

なんて言うのがあります。労働量が多く業務時間も長くなってしまえば当たり前ですが病んでしまいます。僕の場合もこれらに該当していて、かつ運用保守を主体としていたので夜勤で勤務していたりがありました。おまけに休みの日にも連絡が来て休むに休めませんでした。

 

これ以外にも

  • 業界特有の多重請負構造
  • 顧客からの厳しい要求(初期の要件にない無茶ぶり)
  • 激しい価格競争

などがあります。とくに多重請負構造は業界を挙げてなんとかするべき問題であると思います。少し知名度がある企業が発注だけ受けてお金を貰うのはどう考えてもおかしいと思います。

 

さてかなり感情的になってしまいましたが、僕が言いたかったのはエンジニアのメンタルが病んでしまう理由として業界全体のスタンスがそうさせているところがあるのではないかと感じました。

 

病みやすいエンジニアにありがちなこと

それでも僕は本当に病む一歩手前でエスケープに成功しました。それは僕の考えが下記に当てはまらないからだと思います。

完璧主義

同僚や上司、顧客の応えるべく、常にミスをなく完璧にこなそうという人は病みやすいです。僕なんかは割とミスっても「次に同じことしなければいいや」とか考えてしまう方です。

もちろん理想は完璧な仕事をすることなのですが、必ずしも完璧にいかないことの方が多いのが実情です。

 

自己犠牲の精神

ここでの自己犠牲の精神とは、自分の休憩時間(昼休みや業務終了後、休日)などを犠牲にして会社に尽くす人です。「昼休みや定時後の時間を献上して仕事しなきゃ」「業務終了後も会社に言われたから資格や技術の勉強をしなきゃ」という人はかなり多いです。

 

僕の場合は「仕事が済んでいるのに残業(昼休みを取らないで働くことを)するなんて意味がわからない」という感じでした。会社で取れって言われた資格も仕事中や休憩時間に勉強していたためプライベートの時間を使わないで同期の半数が落ちる中合格しました。

 

また自己犠牲で言えばなんでもかんでも一人で解決しようとする傾向があるように感じました。これについては僕自身も当てはまるのですが、なんか不具合や分からないことがあっても 「自分でやらなきゃ」が働いてしまいます。

 

理性的である

 

システムは「疲れた」とか「辛い」とかの感情なしに常に働き続きます。そのシステムを作っていたり運用しているうちに自身も重ねてしまっている人がいるような気がします。

 

人間はシステムではありません。「辛い」なら「辛い」とちゃんと伝えましょう。感情の抑制は悪いことしか生み出しません。

 

これらが労働環境以外にエンジニアを病ませている環境ではないかなと思います。

 

人生の障害を発生させないために

ここまでエンジニアが病むことが多い職業であることと、病みやすい人の特徴をデータと私見を合わせて考察しました。では病まないため=障害を発生させないためにはどうしたらよいでしょう。

メンタルケアをしっかりする

先ほどの病みやすい人にありがちなことですが、僕もかつてはどちらかと言えば当てはまる側の人間でした。あるときに「嫌われる勇気」という本を読んで、「まあ嫌われてもいいか」と割り切るようになりました。

 

ただここで言いたいのは本を読めということではありません。それで解決するのであれば長々書いたりしません。僕が言いたいのはなんでも上司や社長、お客さんの言いなりなるのではなく、断るときは断りましょうという事です。もっと自分を大事にしてください。あなたが病んでも彼らは基本的にあなたのことを助けてはくれません。

 

もちろん口答えなんかできないという気持ちもわかります。ですが安心してください。エンジニアは今人材不足です。多少口答えしてもクビになんかなりません。(そもそも一方的にクビにしたら不当解雇という法律違反です。)

 

他の収入源を持つ

一般的なサラリーマンが給料以外の収入を得るには終業後アルバイトをする必要があるかと思いますが、エンジニアの場合は収入を得る方法がたくさんあります。

 

例えば普段の業務で培った技術の延長でアプリを開発すること、休日にクラウドワークスなどで開発の案件を請け負う事、週末だけ自身でIT業務を請け負う週末起業にチャレンジするなどIT技術をお金に変える方法はたくさんあります。

 

これらが厳しい場合、ご自身でサイトやブログを運営してみるのも良いでしょう。最近はプロブロガーなんていう人種が現れている時代です。幸いエンジニアをしているあなたは、サイト構築に関するノウハウを吸収しやすいでしょうし、htmlやcssも自分で手直しできるはずです。(僕も別サイトですが多少収入源があります)

 

このように何かしらの方法で会社勤め以外で収入があれば、「別に金はあるから辞めてもいいんだゼ」という具合に割と強気に出れるようになります。

 

転職する

まあ当たり前ですが、今の会社が嫌であれば転職してしまうという選択肢があります。先ほどから説明している通り、現在は技術の発展やIT化に伴い仕事に対してのエンジニアの数が足りていません。

 

そのため嫌ならすぐにでも転職するべきであると思います。これに対して「仕事に対して無責任ではないか」と思う方、おっしゃられる方もいるかもしれませんが、僕からしたら「それで身体を壊したらお前らこそ責任取れるのか」と感じます。

今はエンジニアではないのですが、社内の人や周りの友人とかがそのような悩みを抱えたときは声を大きくして叫ぶと思います。

 

転職するときの基準として1次受け(よくても2次受け)のみしか扱っていない会社を選ぶこと、従業員の平均年齢や離職率をちゃんと確認することをオススメします。

 

フリーランスになる

たまたま案件でフリーランスエンジニアの人に参画して頂いて知ることができたのですが、フリーランスという働き方ありだと思います。

 

メリットとして

  • 社員よりも責任が限定的
  • 時間外労働をしなくてもいい
  • 給料がものすごく高い(稼げる)

というのがあります。そして聞いたところによるとフリーランスはものすごく技術力が高ければなれないということもなく、案件も登録会社に登録すれば随時あるようで仕事に困ることは中々ないとのことです。

 

その人は週に2~3日くらいしか出社せず後は自宅でニコニコ動画を見ながらリモートワークをしています。それでいて月の収入は70万円を超えているとか。(加えて節税対策をしているので自由に使えるお金も多いとのことです)

 

このように新しいフリーランスという働き方もあります。

 

おわりに

ざっとシステムエンジニアがうつ病にならないために出来ることを挙げさせていただきました。僕はそこまで技術が出来る人間ではないのでエンジニアさんには常に敬意と尊敬を持っています。

本来はもっとより良い好待遇で働くべき仕事なのにないがしろにされている現実にうんざりしています。これら以外にもよりよく働くための方法はあるかもしれませんが、僕が思いつくものを列挙させて頂きました。

 

現状が不満があるならアクションを起こすしかない!!俺らの人生も効率化していこうぜ!!そういうお話でした。

 

 




-エンジニアの不安・悩み

Copyright© システムエンジニア・IT転職のためのサイト , 2018 AllRights Reserved.